面接当日に「遅刻したらどうしよう」と不安におもう人も少なくはないと思います。

実は私は面接当日に電車が遅延していたことがあります。(笑)いつも大学までの通学やバイトに行くときは、電車で移動していたので電車遅延はよくあることでした。

電車の遅延は、仕方のないことですが、家をはやく出た日とかはやく帰れる日に限って電車遅延していたり運休していたりするんですよね、、笑

面接当日は家を早く出ていたことと、バスが走っていたのでバスで向かって幸い遅刻しませんでした。そのときはすごく焦りましたが、はやく家を出ていたこととバスが幸いにも乗れたことに感謝しかないです。

急ぎの方は目次5に飛んでください!

いま遅刻しそうでこれを読みはじめようとしているなら、とりあえず目次の5に飛んでください!(笑)
遅刻しそうになったときの対処法をまとめています。

 面接に遅刻したら不採用になるの?

面接に遅刻したら不採用になるのか心配になりますよね。寝坊してしまったり、交通機関の遅延などたくさんのパターンがあります。

事前にこんなことが起こらないように対策するのも大切ですが、面接当日は何が起きるかわかりません。
そもそも遅刻したら不採用になるのでしょうか?

それは企業次第です。

遅刻しても当日の対応や面接時の対応が好印象で採用してくれた、面接はしてくれるけど不採用ということもあります。場合によっては

面接をしてくれないってこともあるらしいですよ。

遅刻しても採用になったパターンで多かったのは「第一印象が良かった」ことだそうです。遅刻したけれど、遅刻しそうと分かった時点で迅速に連絡して到着後は誠意を持って謝罪をすれば、採用してくれるかもしれません。

第一印象は見た目だけじゃなく話すスピードや視線、熱意などに表れます。遅刻したからと言って、ずるずる引きずらずに面接のときは気持ちを切り替えて挑みましょう

一番は、諦めないという気持ちが大事です!!
せっかく面接練習もしてがんばってきたのに、諦めるなんて今までの努力を無駄にしないでください。

遅刻を理由に不採用になりたくないですよね?まずはそうなる前に対策できることはしちゃいましょう!

 面接に遅刻しないためには?

遅刻しないためには常に余裕をもって行動することが大事です!

生活リズムを整える。
寝坊しないためにいつもより早く寝る。
家をはやく出る。

交通機関の時間や場所を事前に調べておいたり、もしものために他の移動手段も調べておきましょう。実際に現地まで行ってみるのが一番おすすめです。

面接開始前の10分前には会場に到着しているのが理想的なので、はやめに近くまで移動して周辺のカフェなどで気持ちを落ち着かせたり、時間つぶしすると時間に余裕を持てますよ!!

面接に遅刻しそうになったらどうする?

もし遅刻しそうになったら第一に企業へ電話を!
メールのみの連絡だけだと、面接がはじまる前に気づかない可能性があるので、「無断欠席かな?」と思われる可能性があります。

遅刻するかしないかの瀬戸際で10分前に到着できないのなら連絡をするのがおすすめです!

電話がつながらない状況や電話が出来ない状況なら、謝罪の連絡と「今電話をかけられない状況で後ほど電話します」という旨をメールに添えて電話できる状況になったときに電話をしましょう。

遅刻の理由は簡潔に、正直に。寝坊して嘘をついて言い訳を並べても嘘だとバレますよ。

面接の遅刻の連絡は電話で伝えよう! 《今すぐ使える電話例文》

遅刻の連絡は電話で伝えることはわかったけど、「何を伝えればいいの?」と思いますよね。
電話をする前に必要な情報を簡潔にまとめなければいけません。
電話する前に落ち着いて情報を整理しましょう。

【遅刻したときに電話で伝えるポイント】

ポイント1:何時からの面接予定か
ポイント2:大学名、学部、氏名
ポイント3:簡潔な遅刻理由を伝える
ポイント4:何時ころ到着できる見込みがあるのか到着時間を伝える

~電話例文~

「お世話になっております。本日の〇時から面接予定の○○大学○○学部の○○と申します。大変申し訳ございません。電車が遅延しているため面接に遅れる見込みです。〇時○○分には到着できる見込みなのですが、本日面接を受けさせていただくことは可能でしょうか」

〈担当者が出たら〉

「お世話になっております。本日の〇時から面接予定の○○大学○○学部の○○と申します。採用担当の○○さまはいらっしゃいますか?」

電車遅延の場合「遅延証明書」は企業側から求められた場合だけです。このような感じで簡潔にまとめて伝えることがポイントです。
担当者に変われなかったときはそのまま遅刻理由を伝えてください。
到着時間は余裕をもって伝えましょう。

「自分のせいではなく電車のせいで遅れた」という印象を与えてしまう可能性があります。もし電話が出来ない状況の場合はメールをいれるのがおすすめです。

~メール例文~

面接遅刻のご連絡/○○ ○○

株式会社○○
人事部 ○○様

 

お世話になっております。
本日、○○時から面接予定の
○○大学○○学部の○○ ○○と申します。

 

本来ならお電話を差し上げるべきところですが、
ただいま電車内にいるためメールにて失礼いたします。

 

現在、○○線で遅延が発生しており
予定のお時間から○○分遅れてしまいそうです。

 

○○時には到着する見込みですが、
このまま面接に伺っても宜しいでしょうか。

 

追ってお電話いたします。
何卒よろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――

〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科 〇年
○○ ○○

090-****-****
************@**********

――――――――――――――――――――――――――

メールをいれ電車を降りたらすぐに電話をかけてください。遅延理由の遅刻であれば、時間を遅らせて当日中に受けられることがほとんどですが、企業側の都合によって面接日の変更を申し出られる場合もあります。

もし面接日が変更になったら無理に自分の都合を押しつけてはいけません。
日程調整をしてくれたなら素直に受け入れ、「その日程でよろしくお願いいたします。お忙しい中ご調整いただきありがとうございます。改めてお詫び申し上げたいと思っております。」と伝えましょう。

会場に到着したら


会場に到着したら身だしなみを整えて気持ちを落ち着かせましょう。
面接がはじまって気持ちが落ちついていないと話したいことが話せなかったり、思うようにいかずグダグダになってしまいます。

たとえば、友達や恋人と喧嘩したときに気持ちだけが先走ってきつく当たって後悔したことはありませんか?

気持ちの整理がついたらまずは謝罪しましょう。
「本日は、予定のお時間に遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。」という感じで謝罪の誠意を伝えられれば大丈夫です。

一度、深呼吸をして気持ちを落ち着かせれば、落ち着いて面接に挑めます!誠意を見せれば不採用を回避できるかもしれません。面接後も謝罪を忘れずに伝えましょう。

「本日は、遅刻してしまい申し訳ございませんでした。面接の機会を設けていただきありがとうございました。」

と、遅刻したにもかかわらず面接を行ってくれたこと、面接の機会を設けてくれたことに感謝の気持ちを忘れずに伝えてくださいね。諦めない気持ちが大切です!

面接終了後メール 例文

面接終了後はお礼とお詫びのメールを入れると印象良いです。
メールはその日のうちに送るのがとても好印象を与えることができます!

【お礼とお詫びのメールのポイント】

ポイント1:件名には用件・名前は必ずいれ シンプルでわかりやすくする。
ポイント2:本文の基本的な構成は「宛先・あいさつ・内容・署名」
ポイント3:読みやすく改行を使う。漢字とひらがなのバランスをみる。
ポイント4:謝罪だけでなく、面接の機会を頂けたことの感謝、面接の感想を添えると印象良し。

~メール例文~

〇月〇日実施の面接お礼 ○○ ○○

○○株式会社
人事部 ○○様

 

お世話になっております。
本日〇月〇日〇時に面接に伺わせていただきました
○○大学○○学部の○○と申します。

 

本日は貴重なお時間を頂いたにも関わらず、
面接に遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。

 

貴社を第一志望にしておりますので、
面接の機会をいただくことができ、
誠に感謝しております。

 

本日はありがとうございました。
取り急ぎ、本日の遅刻の件の謝罪、
本日の面接の機会を設けて頂けたことの
御礼を申し上げたくご連絡させて頂きました。

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――

○○大学 ○○学部 ○○学科 ○年

○○ ○○

090-****-****

************@**********

――――――――――――――――――――――――――

ピンチはチャンス!!

面接日に遅刻をしたらマイナスなイメージを与えてしまいますが、対応次第ではプラスの評価になることもあります!

遅刻したにもかかわらず落ち着いて行動し、面接中の気持ちの切り替え、素早い対応・連絡、アフターフォローができていると採用担当者側に「この子は臨機応変に対応できる子」という印象を与えることが出来ます。

臨機応変に対応できるということは、就職後の仕事でのトラブルも対応可能と印象を与えられますよ。

まとめ

遅刻しても理由によっては許される場合があります!遅刻したときの対応次第で面接官に好印象を与えることができます。謝罪と感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

面接に遅れるかもかもしれないと確信がついていなくても電話で連絡をいれましょう。連絡したけれど、時間に間に合った場合は問題ありません。連絡は必ず電話で連絡をし、電話が出来ない状況はメールを入れ電話をかけましょう。

遅れるめどは、めどを立てた時間よりも遅れることはもっと印象悪くなります。 そのため、時間は余裕をもって伝え、すぐに連絡入れられるために事前に連絡先の登録をしておく、会場の場所を把握しておくなど事前の準備が大事です。