就活生のみなさん、こんにちは!

面接できかれる「あなたの長所・短所は何ですか?」という質問は、もはや定番になっていますよね!

中には「長所と短所をどう答えていいか分からない」「素直に答えていいの?」など、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?今回は面接で長所と短所を聞く理由や、質問の答え方をご紹介します!

是非参考にしてくださいね〜!

面接で長所と短所を聞く意図とは?

面接で長所と短所を聞くのは、単に学生の「いいとこ、悪いとこ」を把握したいからではありません。この質問で様々なことを見極めています。それでは、具体的に長所と短所を聞くのはどのような意図があるのか、見ていきましょう!

客観的に自己分析ができているか

面接官は、長所と短所を聞くことで「客観的に自己分析ができているか」を見ています。自分の長所を知らないと、仕事で最大限の力を発揮することができません。自分の短所を知らないとその弱みを克服することができません。

反対に、自分の長所を知っていれば、能力を最大限に活かして活躍の場を広げることができます。自分の短所を知っている人は、自分の弱みを克服しようと努力することができます。

自分の強み・弱みを知っているかどうかでは、入社後に成長できる幅が違います。そのことから、面接官は学生が客観的に自分を分析できているかを確認しています。

自社の雰囲気とマッチしているか

学生がどんなに優れた人材でも、自社の募集している人材や社風にマッチしていないと、仕事に馴染めなかったり、早期退職につながってしまいます。

採用した学生には長く働いて欲しいという思いから、応募者の性格を理解して、自社の雰囲気とマッチした人を選びます。

自分の長所や短所を考える際は、企業の「求める人物像」を意識して考えると面接通過率がアップしますよ。

面接で長所と短所を答える時のポイント

面接で長所と短所を聞かれたときは、どのように答えるのが効果的なのでしょうか。面接官に好印象を与える答え方をご紹介します。

結論を述べてからエピソードで説得力を持たせる

長所、短所を答えるときは、まず「私の長所は〇〇です」「私の短所は〇〇です」のように結論から述べましょう。

面接に限らず、相手に何かを伝えるときは「結論から述べる」のが基本です。

結論を述べた後は、具体的なエピソードを挙げて話すと説得力を与えることができます。長所なら自分の強みを生かすことができた場面、短所なら自分の弱みに気づいたエピソードを話しましょう。

企業が求める人物像に関連づける

先ほども話しましたが、面接官は長所と短所を聞くことで、学生が自社の求める人物像や社風にマッチしているかを見極めています。

企業のホームページやSNS等をチェックして、求める人物像を把握しましょう。長所や短所を企業が求める人物像に関連づけることで、面接官は「この学生はうちの会社と相性がいいかも!」と感じるはずです!

短所は長所に変換できるものを選ぶ

面接で短所を聞かれた際は、「言い換えれば強みになる」短所を答えましょう!例えば、「心配性」という短所は「計画性がある」と言い換えることができます。「視野が狭くなりがち」という短所は「探究心が強い」と言い換えることができます。このように短所を長所に言い換えることで面接官にポジティブな印象を与えることができます。

また、「朝起きられない」「時間を守れない」など、ネガティブにしか捉えられない内容は「社会人としての資質がない」と判断されますので、注意しましょう!

短所を補うための行動を話す

短所を話したあとは、その短所を補うための行動を話しましょう。例えば「慎重になり過ぎてしまう」という短所の場合は、「慎重になり過ぎて作業に時間がかかるので、その分早く作業を始めます。また、慎重になることでその分丁寧かつ正確に物事に取り組む姿勢を心がけています。」といった答え方をすることで「この学生は自分の短所を理解して、悪い影響を与えないように努力できる人」という印象を与えることができます。

面接で使える「長所と短所」の言い換え一覧

長所や短所を考える時、なかなか思い浮かばなかったり、短所ばかり思い浮かばなかったりしますよね。

長所と短所は裏表の関係にあるため、短所→長所に言い換えることができます。それでは、「長所と短所」の言い換え一覧をご紹介します。

短所

長所

心配性

計画性がある・思慮深い

流されやすい

協調性がある

自己主張が強い

リーダーシップがある

あきらめが悪い

忍耐力がある

せっかち

スピードが早い

頑固

粘り強く取り組むことができる

マイペース

人の意見に流されない

視野が狭い

探究心が強い

面接での長所の回答例をご紹介

次は、面接で長所を聞かれた時の回答例をご紹介します。

協調性がある

私の長所はチームワークを大切にする協調性があることです。大学の授業でグループワークをした際に私はチームのリーダーを任されました。チームメンバーがどのような意見を持ち、どうしたいかなどを聞き出して、それに対して自分はどう行動するべきなのかを考えました。私がチームメンバーの意見をまとめ、率先して行動することで円滑なコミュニケーションが取れ、グループワークは成功を収めることができました。

負けず嫌い

私の長所は負けず嫌いなところです。学生の頃、試験勉強を友人と3人で行いました。同じ時間勉強していたはずなのに、結果その試験は私だけ良い結果を残すことができませんでした。そのことが無性に悔しく、試験後も毎日2時間の勉強を習慣にし、友人に追いつこうと必死に取り組みました。その結果、次の試験では学年の上位の成績に入ることができました。この負けず嫌いな性格を活かして、御社の売り上げに貢献できるよう努力したいと考えています。

継続力がある

私の長所は継続力があるところです。私は4歳から始めた習い事のピアノを現在でも続けています。高校や大学に進学するタイミングで習い事をやめる人が多いですが、私は他にも弾きたい曲がたくさんあり、今よりも上達したいという思いからずっと同じ先生に師事しております。ずっと弾きたかった曲を弾けるようになったときは、いつも「続けていてよかった」と実感します。この継続力がある性格を活かして、御社でもしっかりと物事を探求し、長く取り組んでいきたいと考えております。

まとめ

今回は面接での「長所と短所」の答え方や面接で使える例文をご紹介しました。短所を答える際はネガティブな印象を与えないように「長所にも変換できること」を伝えるようにしましょう!また、長所と短所を聞く質問はその人の人柄がよくわかる質問なので、「企業が求める人材」を把握して紐づけて考えましょう。

面接官に好印象を与えるためにも、今回ご紹介した答える時のポイントや例文をぜひ参考にしてみてくださいね!

【好印象な回答例5選】面接で「自分の性格」を聞かれた時はこう答えるべし!