就活生のみなさん、こんにちは!

一次面接を突破して、いざ二次面接!というときに「どんな面接対策をすればいいんだ?」と悩む方も多いのではないでしょうか?

一次面接はマナーや身だしなみが重要でしたが、二次面接では本格的に「入社したいという熱意」が大切です。

その熱意を伝えるためには「自己PR」がとても重要です!

今回は二次面接を突破するための「効果的な自己PR」についてご紹介します。面接を控えているという方はぜひ参考にしてくださいね〜!

面接で自己PRが必要な理由って?

自己PRで見られている点は「学生が自社で活躍できる人材かどうか」です。あなたの学生時代の経験やそこから得たこと、持っているスキルが自社の求めている人材にマッチしているかを自己PRから見極められます。

自己PRでは「自分が入社して活躍することができる」ということを明確にする必要があります。

自己PRを考える際は企業が求めている人材を意識して「自分が入社することで企業が得られるメリット」を伝えられるようにしましょう!

自己PRでアピールすべきポイント

自己PRはどのようにアピールすると効果的なのでしょうか。ただ単に自分の長所を話すだけでは、入社後に活躍する姿をイメージすることができません。次は自己PRのアピール方法をご紹介します!

入社後の展望を伝える

自己PRでは、入社後に「どのように活躍したいか」を述べましょう。自分の強みやスキルを伝えた後に、「それらを企業にどう活かして働くことができるか」を伝えましょう!企業が求めている人物像を把握して、それを踏まえた上で「自分を採用するメリット」をアピールすることが大切です。

問題解決力

問題解決力をアピールすると、仕事でトラブルがあったときに「冷静な判断で問題を解決できる人材」として、面接官に好印象を与えることができます。問題解決力をアピールするには、これまでに自分が直面したトラブルを述べた上で、どのように原因を分析し、問題を解決したかを述べましょう。

例えば、「クラブチームのリーダーになり、一回戦負け常連の弱小チームからどのようにチームを軌道修正したか」「アルバイトで発生したトラブルをどのように解決したか」など、問題を解決した経験を具体的に伝えましょう!

具体的なエピソードを用いることで面接官もイメージがしやすくなります。今までの人生を振り返って考えてみましょう!

自己PRの効果的な伝え方

自己PRは、どんなに役に立つスキルや強みを持っていても、伝え方が上手じゃないと面接官からは良い評価がもらえません。次は自己PRの効果的な伝え方についてみてみましょう!

①結論から述べる

自己PRに限らず、基本的に何かを伝える時は「結論から述べること」を意識しましょう!「私の強みは〇〇です」「私の長所は〇〇です」など、まずは簡潔に結論を述べましょう。

②理由や経験を述べる

結論を述べたあとは、なぜそのような強みや長所があるのか理由を述べましょう。また、その強みを活かすことができた経験を具体的に伝えて、説得力を持たせましょう。

③どう仕事で活かすかを述べる

②で伝えた経験から、どんなことを学び、どのように仕事に活かすかを述べましょう。ここをしっかり伝えることで、面接官がみているポイントでもある「学生が自社で活躍できる人材かどうか」をアピールすることができます。

自己PRを作る際のポイント

面接官の印象に残る自己PRを書きたくても、「何から書けばいいかわからない…」という方もいるのではないでしょうか。

次は、自己PRを作る際のポイントについてご紹介します!

経験をすべて書き出す

まず前提として、自己PRを作るためには「自己分析」が必須です!まずはこれまでの人生を振り返って、自分が経験したことをすべて書き出してみましょう。

今までの人生で、力を入れたことや熱中したことなどを書くことで、自分の良さや強みが見えてきます。

また、経験を書き出す際は、良いことだけではなく「失敗したこと」も一緒に書き出しましょう!

経験から共通点を探す

幼少期からの経験を書き出すと、経験にいくつか共通点を見えてくるはずです。

たとえば、「幼少期に始めた習い事のピアノを今でも継続している」とします。

加えて、「高校時代に短期留学をしたことをきっかけに、今でも英語の勉強を1日1時間続けている。」というエピソードがあります。

この2つのエピソードから自分の強みは「継続力」だとわかります。社会に出ても何かを継続して努力する能力は必要になるため、内定に向けた高い評価がもらえます。

自分で共通点を探してもなかなか思いつかない場合は、家族や身近な友人にあなたについて聞いてみましょう!自分では気づかなかった新しい一面が見えてくるはずです!

自分の強みを企業にどう活かせるかを考える

今までの経験から自分の強みがわかったら、この強みをどう企業に活かすかを考えましょう!また、その「活かし方」が企業のニーズに合致しているかも意識しましょう。応募先の企業がどのような人材を求めているかも踏まえながら「自分の強みの活かし方」を考えてみましょう!

自己PRは時間に気をつける!

自己PRでは自分の良さをたくさんアピールしたいところではありますが、自己PRは「長すぎNG」です!自己PRの適切な時間は「1分間」と言われています。企業によっては時間指定をしてくる場合もありますが、基本的には1分間が面接官もストレスなく聞くことができる時間とされています。

1分間は文字数にすると約300文字程度です。300文字程度で文章をまとめて、実際に声に出して読んでみましょう。1分間に納めるかどうか、自分で測って確認してみるのがおすすめです!

まとめ

今回は二次面接対策として「自己PR」について詳しくご紹介しました。自己PRを書くためにはまず「自己分析」が必要になるので、自己分析をして自分のことをしっかり把握してから文章を作ってみましょう!

効果的な話し方として、結論から話すのはマストです!結論から話すことで、相手にわかりやすく内容を伝えることができます。

今回ご紹介した自己PRの作り方や伝え方を参考にして、二次面接突破を目指しましょう!

二次面接の事前準備についてはこちらの記事も参考にしてみてください〜!

【二次面接の準備は何が必要?】面接官にチェックされるポイントや対策方法をご紹介!