就活生のみなさん、こんにちは!

二次面接に臨む前に、「どのような準備をすればいいのかわからない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

「一次面接と同じ面接対策でいいじゃない?」と思ってしまいがちですが、二次面接には二次面接の対策が必要です!

今回は二次面接でチェックされるポイントや二次面接の対策方法についてご紹介します。

二次面接を控えている方は、ぜひ参考にしてくださいね〜!

一次面接、二次面接の違いって?

一次面接と二次面接では役割が全く異なり、まず2つの面接の目的の違いを理解する必要があります。

一言で言うと、一次面接は「落とす人を見極める」目的、二次面接は「採用する人を見極める」目的があります。

一次面接では特に大きな印象を残さなくても、落とすような要素がなければ「とりあえず次の選考に進んでもらおう」ということで選考通過する可能性が高いです。

一方、二次面接は「落とすような要素がないから通過させよう」ではなく「採用したい!」と思わせた人が選考通過します。

二次面接を突破するには、面接官に「この人と働きたいな!」と思わせることができるかどうかが選考通過のカギとなります!

【面接対策】一次面接と二次面接の違いって?面接を突破するためのポイントをご紹介!

二次面接でチェックされるポイント

二次面接の対策を効果的に行うためにも、二次面接でチェックされるポイントを確認していきましょう!

志望度の高さ

一次面接では志望度がそこまで感じられなくても、第一印象がよかったりマナーが身に付いていれば通過することができます。しかし、二次面接では「志望度の高さ」が非常に重要になってきます。

志望度の高さをアピールするためには、志望動機をより具体的に書くことが必要です。「〇〇業界に興味を持ったので志望します。」よりも「〇〇の経験から〇〇業界に興味を持ち、少しでも自分と同じ経験をした人の役に立ちたいと考え、志望いたしました」と具体的に話した方が、志望動機に説得力が生まれますよね!

志望動機についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください♪

【例文付き】企業に志望動機を質問されたときの答え方を伝授!

企業の理解度

二次面接では企業の理解度もチェックされています。まずは企業が大切にしていることやサービス・事業内容などをしっかりと把握しましょう。

企業の業績や成果なども確認し、どんな質問をされてもしっかりと答えられるように知識をつけておきましょう!

また、OG会や会社説明会に参加したり、企業の公式SNSをチェックすることで、HPには載っていない情報をゲットできます。

OG会や会社説明会には積極的に参加しましょう!

求めるスキル・能力を保持しているか

希望する職種によっては、必要なスキルや能力が求められる場合があります。専門職の場合は資格、総合商社の場合は英語力、営業の場合はコミュニケーション能力など。

このように必要なスキルが欠けていると、選考突破は難しいです。

また、二次面接では社会人として基礎的な能力が身に付いているかもチェックされます。たとえば、傾聴力や柔軟性、計画力や実行力など。

これらの能力が身についているか、過去の経験などを聞きながらチェックしています。

面接でされる質問の王道「学生時代に最も力を注いだこと」などは、この「社会人としての基礎能力」を意識して答えられるように準備しておきましょう!

二次面接の対策方法3選

それでは、二次面接に向けて具体的にどのような対策をすればいいのでしょうか。

対策方法3選を見ていきましょう!

将来のキャリアプランを明確にする

二次面接では「入社して◯年後、どうなっていたいですか?」など、将来のキャリアプランを聞かれる質問をよくされます。

二次面接に臨む前に、自分が入社してからのキャリアプランを明確にしておきましょう!

具体的には、「入社して自分はどんな成果を出して、どう活躍したいか」「その職場でどんなことを学びたいか」などを自分に質問して、入社後のビジョンを描いてみましょう!

企業研究を徹底する

上記で、二次面接では企業の理解度をチェックされるというお話をしました。面接対策で企業研究は必須です!HPをただ見るだけではなく、企業について自分の言葉で説明できるようになる必要があります。

面接の練習として、ある程度自分で企業研究ができたら、友人や家族に自分の受ける企業について言葉で説明してみましょう!

面接官に「私は企業について理解しています!」ということをアピールする気持ちで練習すると効果的ですよ。

ESや一次面接を振り返る

二次面接の前に、必ずESの内容や一次面接の内容を振り返りましょう!一次面接で答えた内容を思い出して、一貫性を持った回答を心がける必要があります。

また、最初にお伝えした通り、一次面接と二次面接では面接の目的が違うので、一次面接と同じ回答をしても好印象をゲットするのは難しい場合があります。

一次面接の回答にプラスαで将来のビジョンや、内容が変わらない程度に自分の強みなどをアピールに加えてみましょう!

まとめ

今回は、二次面接でチェックされるポイントや面接対策の方法についてご紹介しました。

二次面接では一次面接よりもさらに質問が深掘りされるので、しっかりと答えられるように自己分析、企業研究は入念に行いましょう!

また、入社してからの自分を想像して、キャリアプランを明確にする必要があります。「どんなことを学びたいのか」「どんな活躍をしたいのか」を具体的に考えることが大切です。

今回ご紹介した面接対策を実践して、最終面接への切符を手に入れましょう!