みなさん、こんにちは!
2次面接を通過したら「次は最終面接!」という方が多いのではないでしょうか?

最終面接は社長との顔合わせや入社の意思確認をするだけなので、ほぼ内定という話をよく聞きます。
ですが、実際のところ2次面接を通過したらほぼ内定なのでしょうか?

この記事では、2次面接通過はほぼ内定なのか?2次面接の通過率と評価基準についてもご紹介します!

2次面接通過はほぼ内定?

就職活動をしていると、2次面接を通過したらほぼ内定という話をよく聞くと思います。
ですが、2次面接を通過したからといってほぼ内定と言っていいのでしょうか?

実際のところ、2次面接を通過したらほぼ内定と言われていても不合格になる可能性は十分にあります。
そのため、2次面接を通過したあとに選考を控えている以上、ほぼ内定とは言えません。

では、なぜ2次面接を通過したらほぼ内定と言われているのでしょうか?
その理由についてご紹介したいと思います!

2次面接通過がほぼ内定と言われている3つの理由

2次面接を通過したらほぼ内定と言われている理由には3つあります。

1.最終面接を社長との顔合わせの場としている

2.最終面接を意思確認の場としている

3.2次面接を最終面接としている

まず1つ目の理由として「最終面接を社長との顔合わせの場としている」この理由から説明したいと思います。

1.最終面接を社長との顔合わせの場としている

各面接の評価基準は企業によって異なりますが、最終面接を社長との顔合わせの場としているところも少なからずあります。

この場合、最終面接で特にマナーや質問に対する一貫性などに問題がなければ、内定としていることがあるため、2次面接を通過したらほぼ内定と言われている1つ目の理由になります。

ちなみに面接では、各選考ごとに面接官を担当する人の役職が決まっていることが多いです。

たとえば、1次面接であれば人事部や若手の社員。
2次面接であれば、現場の社員が担当することが多く、最終面接では社長が面接官を担当することが多いです。

私が受けた企業は2次面接まで人事部の社員が担当し、最終面接で支店長が面接官を担当していました。

企業によって各選考の面接官を担当する役職が異なるため、OBや面接の口コミなどで調べておくことをおすすめします!

2.最終面接を入社の意思確認の場としている

次に、最終面接を入社の意思確認をする場としているケースです。
このケースの理由は、1つ目の最終面接を社長との顔合わせの場としているとほぼ同じです。

最終面接で入社の意思確認をして、問題なければ内定としているところもあります。

たとえば、フリマアプリで同時に2人から購入申請が来た時にどちらの購入者を承認しますか?

1人目「〇〇円で購入したいです!と値下げ交渉してきた。」
2人目「こちらの商品を購入したいのですがまだ在庫はありますでしょうか?と在庫の確認をしてきた。」

私が出品者なら2人目の人を承認します。
おそらく、2人目の方が「値下げをしなくてもいいからその価格で購入したい」という意思が高いですよね。

このように就職活動では多くの志望者がいます。
入社意思のある就活生を採用したいという気持ちから、最終面接は入社の意思確認をする場としていると言えます。

3.2次面接を最終面接としている

企業によっては、2次面接を最終面接としている企業もあります。

この場合はその場で内定を出す企業も少なくないため、常に最大のパフォーマンスができるように構えておきましょう。

面接に必要な心構えはこちらでご紹介しています!
チェックしておきましょう!

【面接準備は心の準備から!】面接に必要な準備と心構えをご紹介!

2次面接の通過率と評価基準とは?

2次面接の通過率は、一般的に20%〜40%と言われています。

1次面接の通過率が、一般的に50%〜70%と言われているように2次面接の通過率は1次面接よりも低いと言えます。

また、2次面接の評価基準は企業への熱意や学生が持つ強みなどをみています。
1次面接よりも難易度が上がるため、しっかりと面接対策をして挑みましょう!

2次面接を突破するためのポイントはこちらの記事で紹介しているのでチェックしてみてください!

【質問例あり】二次面接を突破するために押さえるべきポイントを紹介!

まとめ

今回は2次面接を通過したらほぼ内定なのかどうかについて解説しました!

企業によっては最終面接を入社の意思確認をする場としているところもあるため、2次面接を通過したらほぼ内定とも言えます。

ですが、実際のところ就職活動で2次面接を通過したからといって、内定がほぼ決まったとは限りません。
そのため、内定を獲得できるまでは気を抜かずに全力で挑みましょう!