就活生の皆さん、こんにちは!

一次面接、二次面接と順調に突破し、残るは最終面接!という状況の方も多いと思います。

「最終面接は顔合わせなのでほとんど合格」などと言われることもありますが、実際の最終面接の通過率はどのくらいなのでしょうか?

今回は、最終面接の通過率は一般的にどれくらいであるのか、自分自身の通過率を高めるにはどのような対策をするべきかをご紹介します!

最終面接の通過率は?

最終面接の通過率はどのくらいか、予め知っておいた方が気が引き締まるかもしれません…。

最終面接の一般的な通過率は、約50%と言われています。

つまり、2人に1人は最終面接で落ちてしまうということです。

ただ、50%という数字はあくまで目安でしかなく、面接回数や企業の方針によって最終面接の通過率は変わってきます。

方針は企業によって違うため数値にはできませんが、面接回数による通過率の変動をまとめたので、気になる方はチェックしてみてください!

・面接回数2回…30〜50%

・面接回数3回…50〜70%

・面接回数4回以上…70%以上

このように、面接回数が増えれば増えるほど最終面接の通過率は高くなります。

何回も面接が行われることで、最終面接までにある程度応募者を絞ることができるため、通過率が上がるようです。

反対に、面接の回数が少ないと応募者を絞り切れていないため、厳しい目で合格か不合格かを見極める必要があるみたいですよ。

【最終面接で落ちる確率は50%!?】不採用になりやすい人の共通点とは?

 

最終面接で企業がチェックすること

最終面接では企業が特に重視するポイントがあります。

最終面接を受ける前に、どんなところをチェックしているのかを確認しておきましょう!

志望度の高さ

企業は応募者がどれだけ自社を志望しているのかを確認しています。

志望度が低い人に内定を出したところで、内定辞退をされる可能性が高くなってしまいますよね。

例えば、好きな人に告白したいと考えているとき、相手が自分のことをあまり好きじゃなければ告白の成功率はかなり低くなります。

企業からの内定が欲しいのであれば、根拠のある”好きアピール”をすることが必要です!

企業方針とのマッチ

企業の考えている方針と応募者の成し遂げたいことに乖離があると、ミスマッチが発生する恐れがあります。

どんなに熱意があったとしても、方針の違いがあると一人で突っ走ってしまったり、組織の和が乱される可能性を企業は考えます。

企業は1つの大きな組織であるため、組織の方針にあった活躍をしてくれる個人を仲間に入れたいと考えるわけです。

一緒に働きたい人材か

どんなに優秀で、熱意がある人であっても、”一緒に働きたい人かどうか”によって合否が左右されることもあります。

例えば、才色兼備な異性が自分に好意を寄せてくれていたとしても、発言が刺々しかったり、自分と性格が合わないと付き合いにくさを感じてしまうと思います。

付き合いやすそうな人柄であると同時に、企業が持っているカラーに合った人材の方が通過率は高くなるでしょう。

最終面接の通過率を上げる方法3選!

最終面接の通過率を少しでも上げたい人のために、通過率を上げる方法を3つご紹介します。

どれも実践しやすい方法なので、事前に対策を行っておきましょう!

企業研究を隅々まで行う

まず、企業研究を隅々まで行いましょう。

「企業研究なら昔十分にやったよ!」という方もきっといると思いますが、成長スピードが早い企業であれば新たな事業が始まっている可能性などもあります。

また、企業研究をもう一度することで忘れていたことを思い出すことにも繋がるため、時間が許す限り隅々まで行いましょう!

最終面接を突破!~事前準備で周りと差をつけよう!~

 

1番偉い人に向かって話す

これは少しずる賢い手ですが、面接官が複数人いるときは1番役職の高い面接官に向かって話をするという方法があります。

面接が始まる前に、面接官が自己紹介をしますよね。

その際に、名前だけでなく役職名にも注意して耳を傾けましょう!

「位の高い役職の順番がわからない!」という人向けに、一般的に使われている役職を位の高い順に並べてみました↓

役職:位の高い順

1.代表取締役社長

2.専務取締役

3.常務取締役

4.本部長(事業部長)

5.部長

6.次長

7.課長

8.係長

9.主任

10.一般社員

また、外資系企業や公務員などは役職の呼び名が異なり、企業によっても独自の役職名を使っている場合があります。

面接を受ける前に、予め調べておくのも手ですよ。

逆質問を考えておく

最終面接ではほとんどの企業で「逆質問」を聞かれます。

この逆質問では、入社意欲を再アピールするチャンスです!

HPなど、事前情報を調べただけではわからない内容について質問をするようにしましょう。

例えば、「業務内容」や「研修」などの入社を前提とした質問が有効です!

評価の高い逆質問を詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

最終面接で効果的な逆質問とは!?~逆質問10選つき~

 

まとめ

最終面接の通過率を上げる方法についてご紹介しました。

最終面接では序盤の面接のように「なんとなくの準備で通過できる」ということはほぼありません。

事前の準備をしっかり行い、ぜひ内定を勝ち取ってくださいね!