みなさんこんにちは!

一次面接を突破して、いざ二次面接!というときに「二次面接ってどうやって対策したらいいんだろう…」「一次面接との違いはなんだろう…」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

一次面接と二次面接にはそれぞれ特徴があり、聞かれる質問や見られているポイントも異なります。

面接突破のためにはそれぞれの違いを知って、理解を深める必要があります。

そこで、今回は一次面接と二次面接の違いについてご紹介します!

これから面接を控えている方はぜひ参考にしてくださいね〜!

一次面接と二次面接の違い

一次面接と二次面接では、面接官が見ているポイントや質問内容が異なります。

これらの違いを把握することで面接対策も変わってくるので、しっかりと理解を深めましょう!

面接官

一次面接と二次面接の大きな違いは、面接官の企業内での立ち位置です。一次面接では面接官を若年層の社員が担当することが多いです。

一次面接はマナーや人柄が評価の基準になっているため、その人の性格を見極めるためにできるだけリラックスできる状況を作ります。そのため、若い社員や現場で働く社員を面接官として担当させるという考えがあります。

二次面接は面接官が一次面接よりも年次が上の人事担当者に変わります。若い社員が多い会社は、二次面接も若い社員が担当する場合もありますが、会社によってはグッと年次が上がる場合もあります。

面接官の年次が上がることで一次面接よりも緊張感があり、雰囲気に圧倒されて本領発揮できない学生もいます。

二次面接では面接官のベテラン度も上がり、緊張感が増すということを頭に入れておきましょう!

聞かれる質問

一次面接と二次面接では聞かれる質問も異なります。一次面接では学生の基本的なプロフィールなど、履歴書に書いている内容から始まり、主に学生時代の取り組みを聞かれます。

二次面接では一次面接の質問を基にさらに深掘りした質問をされます。

入社してからやりたい仕事や、5年後のビジョンなどを聞き「一緒に働くイメージができるかどうか」「企業の方向性とマッチしているか」を見定めます。

また、二次面接の前にはESや履歴書をよく見直すようにしましょう!一次面接と二次面接で一貫性がないとマイナスポイントになるため、しっかり自分の軸を持つことが大切です!

面接時間

二次面接は一次面接に比べて面接時間が長い傾向にあります。二次面接ではある程度選考人数が絞られているため、1人にかけられる面接時間も長くなります。

さらに二次面接は踏み込んだ質問が多いため、一次面接に比べ質問の量や面接官との会話も増えます。

二次面接は一次面接と比べ面接時間が少し長くなるということを頭に入れておきましょう!

一次面接を突破するためのポイント

身だしなみやマナーを気をつける

一次面接を突破するためには身だしなみやマナーに気をつけることが大切です!

面接では第一印象がとても大事で、最初に好印象を与えられるかどうかが合否の鍵になります。

また、面接では質問に上手に答えられるように対策をする必要があります。しかし質問に答えることに集中しすぎて、面接マナーを知らないまま面接に臨んでしまう学生もいます。

質問に上手に答える前に、まずは入室のマナーや言葉遣いに気を遣うことが大切です!

一度悪い印象を与えてしまうと挽回するのは難しいので、第一印象から好印象を与えられるように対策しましょう!

【重要度MAX】一次面接はマナーで制す!就活における基本マナーとは?

二次面接を突破するためのポイント

志望度の高さをアピールする

二次面接を突破するためには志望度の高さをアピールする必要があります。そのためには企業や業界の理解を深めることが大切です。

一次面接でも企業の基本的な情報や業界の知識を見に付けておく必要がありますが、二次面接ではさらに細かい情報を知っておく必要があります。

また、業界内の市場や企業の方向性なども理解しておきましょう!HPだけではなく社員や社長のSNS、ブログなどもチェックするとHPに載っていない情報も知ることができます。

「企業の理解度=志望度の高さ」とも判断されるので、企業研究、業界研究はしっかりと行いましょう!

【企業研究が勝負のカギ!】二次面接に受からない理由と対策法をご紹介!

一次面接・二次面接のよくある質問

ほど、一次面接と二次面接では質問の内容が異なるとお話しました。次は具体的な質問内容を見ていきましょう!

一次面接

・自己紹介をお願いします。

・志望動機を教えてください。

・自己PRをしてください。

・あなたの長所と短所を教えてください

・あなたは周りの友人からどんな性格だと言われますか?

先ほどもお伝えしたように一次面接では身だしなみやマナーを見られているため、質問は基本的なものが多いです。

簡単な質問ですが、これらの質問でしっかりと自分をアピールできるように準備しておきましょう!

二次面接

・自己紹介、自己PRをお願いします。

・入社をしたらどこの部署で働きたいですか?

・これまでに最も努力したことはどんなことですか?

・挫折した経験があれば教えてください。また、それをどう乗り越えたかも教えてください。

・入社して5年後はどうなっていたいですか?

二次面接ではこれまで努力してきたことなどを深掘りされます。具体的なエピソードを含めて説明できるように準備しておきましょう!

また、入社後についても質問を深掘りされる場合があるので、入社してから携わりたい業務や将来のビジョンを明確にしておく必要があります。何を質問されてもスムーズに答えられるようにしっかりと対策しておきましょう!

まとめ

今回は一次面接、二次面接の違いについてご紹介しました。それぞれ評価のポイントや質問内容が異なるので、違いをよく理解して面接対策に取り組みましょう!