就活生の皆さん、こんにちは!

就活のスケジュールを管理するのって大変ですよね…。

私は一度、インターンシップの予定を詰め込みすぎたせいでスケジュール管理ができず、某企業の説明会を無断欠席してしまったことがあります。

気付いた時に連絡をして別日程を用意してもらえたのですが、無断欠席は企業にも迷惑をかけるだけでなく、自分の印象も悪くなってしまうため皆さんは気をつけましょう…。

しかし、止むを得ない理由で面接の前日や当日に辞退をしなければならない時もありますよね。

今回は、面接を前日に辞退したい時、どのように辞退の連絡をするべきなのかをご紹介します!

面接の前日に辞退しても良いの?

面接が次の日に迫っているのに、辞退の連絡をしても良いのか悩む人も多いと思います。

辞退をすることで、企業には迷惑がかかってしまうのは確かですが、結論を言うと前日でも面接を辞退することは可能です!

前日だと直前すぎて怒られないか心配に思うかもしれませんが、辞退をする気で面接を受けに行ってしまうと、面接官の貴重な時間を奪うことになってしまいます。

案外、面接官は面接を辞退されることに慣れているため、怒るといったようなことは想像よりも少ないみたいですよ。

また、面接官の中には辞退によって生まれた時間で他の業務が進められるので助かるという人もいるので、無理に面接を受けるより辞退してしまった方が良いこともあります。

ただ、面接辞退の連絡をするのが怖い、または面倒だからといって面接を無断欠席するのは絶対にやってはいけません…。

辞退をするときは必ず担当者に連絡をして、辞退することに対して誠意のある対応をするようにしましょう。

【例文つき】1次面接後に辞退したいときにつかえるメールテンプレ

面接前日に辞退するときの注意点

面接前日というギリギリのところで辞退を考えている場合、次のことに気をつけて辞退の連絡をしましょう。

基本的にはメールで連絡する

面接の前日に辞退する場合、電話とメールどちらで辞退を伝えるべきか迷ってしまいがちですが、基本的にはメールで大丈夫です。

一部では前日に辞退する場合は電話で連絡した方がいいと言われることもありますが、時間帯によって対応を変える必要があると思っておくのが良いでしょう。

前日の午前中であればメールに気付いてもらえる可能性が高いですが、昼休憩を過ぎた13時以降は電話で辞退を伝えるのが確実です。

時間帯と場所に注意する

もし、面接の辞退を電話でしようと考えている場合は、電話をかける時間帯と場所に注意しましょう。

時間帯は朝礼が終わる頃と昼休憩前の間である10〜11時頃、昼休憩後と終業時間前の間である14〜17時頃が適切です!

企業によって終業時間が異なるため、よく確認してから電話しましょう。

また、周りに人が多くガヤガヤしているような場所で企業に連絡をするのは失礼ですし、相手の声も聞き取りにくくなってしまいますよね。

電話をかけるときはなるべく静かで電波の届きやすいところを選びましょう。

急な連絡だったことをお詫びする

面接の前日に辞退するということは、企業にとっても急な予定変更ですよね。

自分が面接を辞退することで、その面接に関わる人の予定を急ぎで変更しなければならないなど、迷惑がかかってしまうことがあります。

なので前日に連絡を入れる際は、必ず「突然のご連絡となったことをお詫び申し上げます」という文言を入れるようにしましょう!

【例文あり】2次面接後に辞退したい就活生必見!辞退メールの送り方

 

【例文】メールで辞退する場合

面接を前日に辞退するとき、一刻も早く企業に伝えたいですよね。

そこで、すぐに使える「面接辞退のメール例文」をご用意致しました!

会社名や自分の名前を書き換えるだけなので、急ぎの方は例文をコピーして使ってみてください!

【前日にメールで辞退する場合】

件名:面接辞退のご連絡/キャリ ティブ子

株式会社◯◯

人事部

△△様

お世話になっております。

明日、◯月◯日◯時に面接のお時間を頂戴しております、××大学のキャリ ティブ子です。

誠に勝手ながら、一身上の都合により面接を辞退させていただきたくご連絡いたしました。

お忙しいところ貴重なお時間をいただいたにも関わらず、急なご連絡となってしまったことをお詫び申し上げます。

本来直接お伺いしてお詫びすべきところ、メールでのご連絡となりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

末筆ながら、貴社の益々のご発展とご活躍を心よりお祈りいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

××大学××学部××学科 3年

キャリ ティブ子

mail:*******@***.jp

住所:〒***-****

北海道札幌市中央区◯◯

電話番号:***-****-****

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【例文】電話で辞退する場合

前日の夕方など、メールだと気付いてもらえない可能性が高い場合、電話で辞退を伝えたいですよね。

「電話で辞退を伝えるのが不安…」と考えている方も多いと思うので、面接前日に電話で辞退を伝える例文もご用意しました。

【前日に電話で辞退する場合】

もし、担当者が不在の場合はすぐにメールを送り、日時を改めてかけ直しましょう。

もし辞退の理由を聞かれたら?

電話で連絡した際に、辞退の理由を尋ねられることもあります。

聞かれない場合は「一身上の都合」と答えれば良いのですが、とっさに聞かれるとドキッとしてしまいますよね。

もし人事に面接辞退の理由を聞かれた場合、ある程度は正直に答えてしまって大丈夫ですよ◎

「他社から内定が出た」や「選考が進むにつれてミスマッチを感じた」など、失礼のない言葉で伝える様にしましょう。

ただ、「御社のこういうところがダメだと思った」など、心の中では思っていても企業を非難する様な内容は絶対に伝えてはいけません。

【例文あり】最終面接を辞退したいときに使える!辞退メールのポイント

 

まとめ

面接の前日に辞退しても良いのか、不安に思う気持ちにはとても共感します。

しかし、入社をする気がないのに選考に時間を費やしてしまうのは、自分にとっても企業にとってもメリットがないですよね。

前日での辞退は多少迷惑をかける行為だとしても、悪い行為ではないので、今迷っている方はなるべく早く辞退の連絡を入れるようにしましょう!