就活生の皆さん、こんにちは!

面接で「弊社が第一志望ですか?」という質問をされることがあるのは、多くの人が知っていると思います。

よくよく考えれば変な質問ですが、面接官はなぜ「第一志望かどうか」を聞いてくるのでしょうか?

今回は、「弊社が第一志望ですか?」という質問をされたとき、どのように回答するのが適切かをご紹介します!

「第一志望ですか?」と聞かれる理由

面接官はなぜ、わざわざ「弊社は第一志望ですか?」という質問をしてくるのでしょうか?

ほとんどの就活生が嘘でも「第一志望です。」と答えるのがわかっているのに、なぜ聞いてくるのが不思議ですよね。

簡潔にいうと、第一志望かどうかを質問してくる1番の理由は、入社してくれるかを判断するためです。

面接は人事だけが面接官をやるわけではなく、ほとんどの企業は選考が進むにつれて役員や社長が面接官を担当します。

役員や社長に面接官として協力してもらったのに、内定を辞退されてしまうと人事はかなり困ってしまうみたいです。

そうならないように、面接の中で第一志望かどうかを質問し、本気度を見極めようとしています。

私は正直、理由を知っても「多くの就活生は第一志望と答えるので意味がないのでは?」と思ってしまいました(笑)

しかし、たとえ第一志望だと答えたとしても、熱意がなかったり軸がブレブレで一貫性がなければ、嘘をついていると判断されて面接で落とされることもあるようです。

つまり、第一志望だと答えるのと同時に、なぜ第一志望なのかを明確に伝えることが大切です!

内定状況で答え方を変えるのもアリ

「第一志望ですか?」と聞かれたら、迷わず「第一志望です。」と答えるのが一般的だと考えられています。

しかし、なるべく面接で嘘をつきたくない人もいますよね。

面接で第一志望と言っておきながら、後になって辞退したくなった場合はかなり伝えづらいと思います…。

そのような人は、内定を取るまでは全ての会社に対し「第一志望です。」と答え、内定が出た後の面接は正直に答える、というやり方もあります!

内定はいくつか持っておきたい…と考える人は、嘘でも「第一志望です。」と答えるのが無難だと思います。

まとめるとこんな感じです↓

もちろん、このような答え方をするべきということではなく、答え方の簡単な例です。

例えば、内定があるとしても、持っている内定が志望度の高くない企業であれば、そこそこ志望度の高い企業の面接では「第一志望です!」と答えてしまっても良いと思います。

嘘をついて内定をもらいたくないという人は、内定がなくても絶対に第一志望と答えなければいけないということもありません。

ただ、内定を1つも取れなければ安心できないので、1つ取るまでは第一志望と言い続けるのが私としてはオススメです◎

「正直に第一志望じゃないと答えるメリットってあるの?」と疑問に思った方がいるかも知れません。

実は、第一志望と答えれば内定が確実にもらえるわけではないように、第一志望と答えなくても内定をもらえることがあります!

友人から聞いた話ですが、「第一志望の会社で良い結果が出なかったら弊社に来て欲しい」と言ってくれた企業があったそうです。素敵ですよね!

案外、嘘をついて第一志望と言うよりも、「◯◯という理由から第二志望です。」と一貫性を持たせて答えた方が面接官には響くのかもしれません。

【焦りは禁物!】面接で質問に答えられなかった時のNG行動や対処法とは?

【例文】第一志望か聞かれたときの対処法

面接官から「弊社は第一志望ですか?」と聞かれたときの対処法をご紹介します!

【第一志望と答える場合】と【迷っていると答える場合】の2パターンの例文をご用意したので、参考にしてみてください。

【第一志望と答える場合】

御社が第一志望です。

私は北海道の新鮮な食材を活かした製品を企画・販売していきたいという思いを強く持っています。

他社は製造メーカーと販売店で企業が分かれているところがほとんどです。

御社はメーカーで全て販売を行っていることで、販売店からの意見を取り入れた企画などが可能になると考えています。

商品を作って満足するのではなく、作り上げた商品をより良くできる環境が整っているのは御社だけだと感じております。

【迷っていると答える場合】

正直に申し上げますと、第一志望を決めることができません。

御社が扱っている商材の数よりも、多くの商材を扱っている企業がいくつかあり、その分幅広いお客様に提案をすることができると考えています。

ただ、細かなニーズに答えられる商材がなかったときに、いち早く新たな商材を取り揃えるスピード感は御社が1番優れていると感じました。

御社は研修制度が手厚く、新入社員の教育に力も入れていることから甲乙がつけられないため、第一志望が決められません。

まとめ

「第一志望ですか?」という質問は、多くの就活生が回答に頭を悩ませています。

私も第一志望ではない会社に聞かれたときは、変な汗をかきました(笑)

「第一志望ですか?」と聞かれたときは、第一志望と貫くか正直に話すかをよく考え、面接官が納得できる回答をするように心がけましょう!