2次面接の時間が短いと「落ちたかもしれない」と不安になったり、反対に面接時間が長いと手応えを感じる就活生も多いのではないでしょうか?

また、面接時間が長ければ長いほど質問数が多くなるため、その分の回答を用意しておかなければいけないですよね。

今回は2次面接の平均的な面接時間と面接時間は合否と関係があるのか解説します。

2次面接の平均的な面接時間は30~60分

2次面接の平均的な面接時間は30~60分です。企業によっては15分で終わることもあるので目安として知っておきましょう。

また、1次面接は人事部や若手の社員が面接官を担当し、志望動機や基本的な情報を聞いてくることがほとんどです。

2次面接は事業部長や管理職などが面接官を担当し、より突っ込んだ質問や回答を深堀りしてくる傾向があります。

たとえば、「なぜそう思ったのですか?」や「どのように達成したのですか?」などと聞かれることが多いです。
回答を深堀りされても答えることが出来るように準備しておきましょう。

2次面接の面接時間は合否と関係ある?

2次面接の面接時間は合否と関係があるのでしょうか?
2次面接の場合、面接時間が長かったからといって選考通過とは限りません。

たしかに面接時間が長ければ手応えを感じますよね。ですが、2次面接の場合、面接時間が短くても合格だったということはよくあります。

では、面接時間が長い場合と短い場合の理由を解説していきたいと思います。

2次面接の面接時間が長い場合

2次面接の面接時間が長くなる理由は主に3つあります。

1.合否の判断に迷っている
面接時間が長くなる多くの理由は、合否の判断に迷っていることが挙げられます。

たとえば、面接官が「この子を採用したい」と思っているけれど、合否の決め手となる回答を得られていない、または得るために質問数が多くなっているなどが考えられます。

少なくとも、面接官が志望者に興味を持っている証拠なため、合格の可能性が高いです。

2.面接時間を長めに設定している
志望者一人当たりの面接時間を長めに設定している企業もあります。

中小企業の場合、採用者を厳選するために一人あたりの面接時間を長く設けていることが多いです。

面接時間が長いと質問数も多くなるため、回答できるように準備しておきましょう。

3.自社をアピールするため
面接では、志望者が内定をもらうために自分自身を企業にアピールしますよね。企業も、優秀な志望者を他の企業に取られないように、自社をアピールすることがあります。

たとえば、「弊社は勤続年数が長い社員が多くいます」や「産休取得率が◯%なんですよ」などです。

面接官が自社の良いところをアピールしてきたら、選考通過と思っても良いかもしれません。

2次面接の面接時間が短い場合

2次面接の面接時間が短くなる理由は主に3つあります。

1.スムーズに進んだため
企業側はあらかじめ質問をいくつか用意していることが多く、用意していた質問がなくなり面接時間が短くなることがあります。

たとえば、ラーメン屋も同じでスープがなくなるとお店が決めている営業時間よりも早く閉まってしまいますよね。

私はラーメンが好きでよく行くのですが、人気のお店はすぐにスープがなくなるため、まだ行けていないお店がたくさんあります、、、

話が少しそれてしまいましたが、他にも面接官が2次面接で聞きたかったことを志望者から聞き出すことができたため、スムーズに進み面接時間が短くなることもあります。

2.志望者が多い
志望者が多いと一人当たりにかけられる時間が短くなります。何千人、何万人もの志望者がいる企業も少なくないため、合否を効率よくさばく傾向があります。

もしも、志望者が多い企業を選考していて、面接時間が短かったとしても選考を通過できていることがあるので気を落とさず結果を待ちましょう!

3.面接官が興味をもたなかった
面接官が2次面接を進める中で、志望者に興味を持たなかった場合、面接時間が短くなることがあります。

たとえば、自分は車に興味がないのに、友達が熱く車について語ってきたらどう思いますか?がんばって話を聞く人もいると思いますが、そもそも話しについていけないですよね。

面接官の質問に対して興味を引く回答を返すことができなかった場合、面接時間が短くなることがあるため、企業研究は欠かさず行いましょう。

キャリティブでは業界ごとの企業研究も紹介しています。
あわせてチェックしてみてください!
企業研究|キャリティブ

面接時間は合否と関係ない

基本的に2次面接の面接時間は合否と関係ありません。

面接時間が長かったから合格ということが多いかもしれませんが、実際に面接時間が短くても合格していたということもあります。

面接の合否は面接時間ではなく、面接官の評価で決まると言うことを覚えておきましょう。

2次面接を合格することができたらお礼メールを送るのがおすすめ!
理由と送り方はこちらの記事でご紹介していますのでぜひ読んでみてください♪

【2次面接のお礼メール】好印象を与えるポイントと例文を解説