面接が終わったら、やっぱり気になるのは「結果」ですよね。その場で結果を教えてくれるときもありますが、「後日通知する」という場合が多いのではないでしょうか。

では面接の結果はどのような方法で、どのくらいの日数でくることが多いのか、紹介したいと思います!

面接結果はどのような方法で連絡がくる?

考えられる方法としては主に3つあります。

・電話

面接結果が合格である場合には電話で連絡がくることが多いみたいです。面接結果が合格であることを伝えたあとに、「次の選考に進むかどうかの確認を同時にする」ためです。

電話は応募者の意思をいち早く確認する方法として、使われることが多いみたいですね!しかし…。

これは私の友だちの体験談なのですが、就活をしているときに面接を受けた企業から「面接結果が不合格」なのに電話がきたそうなんです…。

電話連絡が来たら合格の場合が多いとは言われていますが、この友だちのように例外もあり得ます。「電話がきた=合格」と考えすぎないようにしましょう!

・メール

電話の次に合格の可能性が高いのは、メールでの連絡と言われています。電話の場合、一人ひとりに電話をすることになるので、手間がかかってしまいます…。なので、メールで面接結果を伝える場合も意外と多いみたいです!

履歴書に自分のメールアドレスを書き間違えないようにすることと、企業からのメールが迷惑メールBOXに届くことがないように設定を見直しておきましょう。

就職活動で使用しているメールアドレスのボックスの確認は最低でも1日に一回は行うようにしましょう。

・郵送

電話やメールよりも合格の可能性が低くなるのは、郵送での連絡の場合です。郵送による通知はほとんどの場合、不合格だと言われています。それは、電話やメールよりも「面接結果を伝えるのに時間がかかってしまうから」です。

面接結果が合格であることを伝える場合は「できるだけ早く学生に伝えたい」ので、電話やメールによる通知が多いと言われています。

しかし例外があり、郵送で合格を伝えられる場合も考えられます。そのため郵送だからと言って、中身をみる前に落ち込む必要はありません!

面接結果はこの3つで行う場合がほとんどです。「電話がきたから合格確定!」「郵送だから不合格なんだろうな…。」と言った思い込みは、できるだけしないようにしましょう!

では面接結果は面接終了後、どのくらいの日数で連絡がくるのでしょうか?

面接結果は何日後?

面接が終わったら、結果が気になりますよね~。気になってソワソワしてしまう気持ち、すごくわかります!私も就活のときに、面接が終わってから結果くるまで落ち着かなかったです。笑

結果は「基本的に1週間ほどで連絡がくる」と言われています。しかし、企業によって違うので面接終了後2~3日で連絡がくる場合などもあります。私の友だちは2週間後に面接結果がきたと話していました…💦

面接結果が通知されるタイミングは、企業によって差があるようです。

面接結果が気になりますが、結果を気にしすぎるのは時間がもったいないので、別の選考の対策をしながら待ちましょう。

また、企業が合否を迷っているときは連絡が遅くなることが多いみたいです。企業は一度、面接結果を通知してしまうとその内容を取り消すことができません。なので企業も慎重に審議していると考えられます。

さらに大企業の場合は応募者が多いため、合否の審議に時間がかかり連絡が遅くなる場合が結構あるみたいですよ!

では企業からの面接結果を待たずに、連絡してもいいのでしょうか?

面接結果を企業に問い合わせしてもいいの?

答えは「Yes」です。企業に面接結果を聞くことは悪いことではありません。けれど、面接が終わってから3日しか経っていない場合など、早い段階で問い合わせをするのはあまりいい印象を持たれません。

選考に時間がかかっている場合や、担当者の業務が忙しかったりする場合などが考えられるためです。

反対に、10日ほど過ぎても面接結果の連絡がこない場合には、企業に問い合わせしてみましょう。また、連絡するときは電話ではなく「メール」で連絡するのがおすすめです。

理由はメールの場合、担当者の都合が良いときに確認し、対応することができるからです。

どうしても電話で確認をしたいという場合は、担当者の方が電話に出られない可能性があることを理解し、電話でのマナーに気をつけて話をしましょう。

電話のマナーの話が出ましたね。では、企業から面接結果の電話がくることを想定してどのような準備をしておいたらいいのでしょうか?

電話対応のための準備

面接結果は1週間ほどで連絡がくる場合が多いので、昼間は基本的に電話に出られるように準備しておきましょう。

~電話は3コール以内に出るようにする~

企業から電話がかかってきた場合、できるだけ3コール以内に出るように心がけましょう。

普段知らない番号からの電話に出ないようにしていたので、就活中に企業からの電話に出そびれてしまうということがありました…。

幸い、担当者は「忙しいよね~。」と言ってくれましたが、「なぜ企業の番号を登録していなかったんだ…。」と後悔しました。就活中にかかってくる番号は把握しておくようにしましょう!

~メモと筆記用具を準備する~

合格の電話だった場合、次の面接の日程や場所などを伝えられることが多いです。馴染みのない場所は覚えることが難しいので、必ずメモをとれるように準備しておきましょう。

~復唱する~

次の面接の日程や場所などは間違いがないように、必ず復唱して確認するようにしましょう。万が一、間違えて復唱した場合は、担当者が訂正してくれるはずです!

このように面接から1週間前後は、電話に出られるように準備しておくと安心ですね!

まとめ

面接の結果がくるまでドキドキしますよね~😥連絡がなかなかこなくても焦らず、次の選考の準備を進めておくと有意義な時間になると思います✨

面接対策にこちらの記事もぜひ!

【例文あり】面接で尊敬する人を聞かれたら?絶対に失敗しない答え方!