みなさんこんにちは! 面接では、「休日はどのように過ごしていますか?」という質問をされることがよくあります。

もちろん嘘をつく必要はありませんが、答えるときにはポイントや回答の注意点などがあります!

今回は面接の質問における「休日の過ごし方」の答え方についてご紹介します! ぜひ参考にしてくださいね〜!

「休日の過ごし方」を聞く目的って?

面接で「休日の過ごし方」を聞いてくる目的には何があるのでしょうか! 目的を理解した上で回答を考えて、効果的に自分をアピールできるように準備しましょう!

興味関心を知るため

面接で「休日の過ごし方」を聞く目的の1つが、「応募者の興味関心を知るため」です。 休日は、好きなことをして過ごすことが多いですよね!

休日の過ごし方を聞くことによって、その学生は体を動かすのが好きな「アウトドアな人」なのか、家で好きなことをする「インドアな人」なのか、ざっくりとした人柄を知ることができます!また、どんなことに興味関心があるのか知ることで、学生の「性格」を知る手掛かりになりますよね!

面接官は、学生が「自社の社員と雰囲気が合うか」「入社して馴染むことができるか」を把握する必要があります。 「休日の過ごし方」を聞くことで、企業が求めている人材に合っているかを確認する「判断材料になる」と言えます!

コミュニケーション能力をみるため

「休日の過ごし方」を聞く2つ目の目的が、「コミュニケーション能力をみるため」です!

何気ない雑談のような会話から、どれくらい会話を広げられるかをチェックしている場合があります! そのため、「特にありません」や「家にいます」など短い言葉で終わらせてしまうと、「この学生はコミュニケーション能力が低いな」と思われてしまいます。

家にいると答える場合は、家で何をするのが好きなのか、何をする時が楽しいかなど、具体的に伝えましょう! 面接官が言葉を返しやすいようにわかりやすく伝えられるといいですね!

ストレス発散できるかを見ている

3つ目の目的が、「ストレス発散できるかを見ている」です。 学生から社会人になると、環境の変化や初めての業務で多くのストレスを感じると思います。

会社で長く安定的に働くには、抱えているストレスを発散することも大切です! 企業としては、社会人としてオンとオフをしっかり切り替えられる人材を求めているはずです!

ただ「ゴロゴロして寝ています」という回答は、本人は寝ることが好きでストレス発散できているかもしれませんが、面接官によっては「不健康だな」という印象を受ける場合もあります。休日は好きなことをして時間を有効に使っていることをアピールしましょう!

答えるときの3つのポイント!

「休日の過ごし方」を聞く目的について説明しましたが、「じゃあどんな風に答えればいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか!

次は答え方のポイントを3つご紹介します!

無理にアクティブな印象を与えようとしない

質問に答える時のポイント1つ目は「無理にアクティブな印象を与えようとしない」です。 アクティブだから印象がいいということではないので、無理にアクティブな印象を与える必要はありません!

普段家にいるのが好きなのに、イメージアップのために「外で運動をするのが好きです」などと言ってしまうと、そのあと具体的に質問をされたときに答えられなくなってしまいます。

ネガティブにならない範囲で、自分がしっかりと話せる内容で答えましょう! 例えば、家にいることが好きな場合は、ただ「家にいるのが好きです」と答えると暗い印象になってしまいますが、「家で好きな映画を見ることがすきです。

その映画を見るととても元気をもらえるので、来週からも頑張ろうと思うことができます。」と答えると「家にいる」というエピソードもポジティブな内容になります!

不健康な印象の話はしない

ポイント2つ目は「不健康な印象の話はしない」です。

「家でゴロゴロしている」や「一日中寝て過ごしている」という人もいますよね。家でゆっくり過ごすことは悪いことではありません。

しかし、面接官によっては「この学生は仕事に精力的に取り組むことができないのではないか」と思われてしまいます。 せっかく自分をアピールできる質問なので、面接官に興味を持ってもらえるような話を心がけましょう!

継続的に行っていることがあればアピールする

ポイント3つ目は、「継続的に行っていることがあればアピールする」です。中学や高校からの習い事やスポーツを継続している学生もいますよね!

この場合は「継続力」をアピールするチャンスでもあるので、積極的にアピールしていきましょう!

例えば、「幼稚園の頃に始めたピアノを今でも続けていて、休みの日に練習しています」と話すと、「この学生は困難があっても諦めずに最後まで続ける力があるな」と印象付けることができます。 「自己アピール」だと思って、どんどん自分の魅力や強みを伝えていきましょう!

好印象を与える回答例をご紹介!

「休日の過ごし方」を聞かれた際の答え方のポイントをご紹介しました! 次は面接官に好印象を与える「回答例」をご紹介します!

アクティブ編

休日はテニスをして過ごしています。 高校ではテニス部に所属し、毎日練習に励んでいました。今でも部活のメンバーで集まり休日によくテニスをして体を動かしています。 運動して汗をかくと気持ちもすっきりするので、社会人になってもテニスは続けていこうと思っています。

ここでは、高校から続けているという「継続力」と、スポーツを通じて気持ちをリフレッシュしていることをアピールしています!

インドア編

休日は映画鑑賞をするのが好きです。 特にアクション系の映画が好きで、洋画、邦画関係なく気になった作品をたくさん見ています。 同じく映画を見るのが好きな友人とは、よくおすすめの作品を教え合っています。 まだまだ知らない作品もあるので、何かおすすめの映画があれば教えていただきたいです。

ここでは、普段の姿をありのまま話すことであなたの人柄を表すことができます。

また、最後に面接官に質問を投げかけることで、コミュニケーション能力もアピールできます。

まとめ

今回は「休日の過ごし方」を聞かれた際の答え方のポイントや回答例をご紹介しました! よく見せようとして嘘をついてしまうと、具体的に聞かれた時に答えられなくなってしまうため、正直に答えましょう!

ずっと家にいるという方も、話し方によっては話を広げることができるので、面接官に興味をもってもらえるように話す工夫が大切です!

一種の「自己アピール」だと思って、自分のことを知ってもらえるようしっかりと準備して面接に臨みましょう!

面接では「好きな言葉」を聞かれる場合もあります! 是非こちらの記事も参考にしてみてください〜!

好きな言葉で価値観が丸裸に!?~オススメの好きな言葉10選!~