面接で落ちてしまうと、人格が否定された気持ちになってしまい悲しくなりますよね。どうしたら、面接を突破できるのか!それは、一緒に働きたいと思われる人になることです!裏を返せば、一緒に働きたくない人にならない!ということです。

今回は、面接で落ちる人の特徴をご紹介します!!当てはまるものはないか確認してみてくださいね!当てはまった場合は、一緒に働きたくない人に認定されてしまいます…。でも改善すれば大丈夫です!改善して一緒に働きたくない人から脱出しましょう!笑

一緒に働きたい人とは?!

みなさんが、一緒に働きたいと思う人はどんな人ですか?一度人事の方の視点に立って、考えてみてください!その人物像を参考にしてみるのも一つの手です!

また、こんな人とは一緒に働きたくない!って思う人も考えてみてください!自分がそう思う人物と共通点はないか振り返ってみるといいですね!!残念ながら、共通点があった場合は改善しましょう!そうしたら、面接で受かる確率があがるはずです!

清潔感がない、身だしなみが整っていない

面接において、第一印象はとても重要です!!身だしなみが整っていないと、だらしない人に見えてしまいます。だらしない人と一緒に働きたいと思う人は、ほとんどいないですよね。

また、清潔感がないと相手を不快にさせてしまいます。社会人のマナーとして、当たり前にできていないとダメです!

学校の先生でも、髪の毛がべたついてたり臭い先生よりも、清潔感のある先生のほうが人気じゃなかったですか??笑 清潔感がないと、近づきたくなくなってしまいます…。そんな人と一緒に働きたい!!と思う人はいないですうよね。面接の前にもう一度身だしなみを確認しましょう!

身だしなみには化粧も含まれます。普段は、すっぴんの方やメイクが濃いめの方は要注意です!就活メイクについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています!是非参考にしてくださいね。

【就活女子は必須!】面接で好印象を与える就活メイクのポイントをご紹介!

明るくない

面接は、将来が決まる大事な場面です。そのため緊張してしまうのは仕方ありません!人事の方も、応募者が緊張していることはわかっています。しかし緊張で表情が固まるだけではなくて、笑顔がなく声が小さかったり声のトーンが低いと暗い人なのかなと感じてしまいます。

暗い人よりも、明るい人と一緒に働きたいと思う人のほうが多いと思います!特にチームワークを重視する職場では、明るい人のほうが好まれます。

例えば、バイトの新人に仕事を教えてあげる際に「不愛想で小さい声で返事をする後輩」と「笑顔でハキハキと返事をする後輩」の2人がいたらどちらがいいですか??私は絶対、「笑顔でハキハキと返事をする後輩」です!!

企業側は、これから数十年働く仲間を探しています。もちろん、不愛想な人よりも愛想のある人と働きたいと思うはずです!笑顔を作る練習や、声のトーンをあげる練習をしているといいですね!

時間を守らない

時間を守るのは、社会人としての最低限のマナーです。仕事で、取引先との打ち合わせや大事な会議があります。その際に時間を守れなかったら、会社に損害を与えてしまったり周りの人を不快な気持ちにさせてしまいます。

私も友達と遊ぶとき、約束の時間に遅れてしまうことが多々ありました。でも、これから社会に出る身として「このままではダメだ!」と思って改善しました!何時までに何をしたらよいのか逆算して、その時間より15分早く準備を始めるようにしました。この15分は、余裕を持つためです!

このように、自分なりに工夫して時間を守る習慣をつけていきましょう!

話が噛み合わない

面接官の質問の意図に沿っていない回答をすると、理解力やコミュニケーション能力が低いと思われてしまいます。質問の意図が分からなかった場合は、質問を聞き直したり、質問の意図と自分の考えが一致しているか聞いてみるといいです!

インターンシップの際に人事の方が、質問の答えが出てこない場合は、質問を聞き直して少し時間を稼ぐのも一つの手だと教えてくれました!みなさんもぜひ、実践してみてくださいね。

企業分析が足りない

企業理念や今後の方針など、ホームページに載っていることを知らないと落ちる可能性が高くなってしまいます。企業について調べてきたという姿勢を見せることが重要です。逆質問でも、ネットで調べたらわかることを聞いてしまうと逆効果です。志望度が低いんだなと思われてしまいます。

事前に、企業の強みや競合他社との違いを調べておきましょう。なぜその企業じゃなきゃダメなのか答えられないと、100%に近い確率で落ちると思ってください!面接前は必ず、企業のホームページに一通り目を通しましょう!

話に一貫性がない

就活における一貫性とは、選考中に話した内容がすべてつながっているということです。話に一貫性がないということは、矛盾しています。自分の持っている軸がしっかりしていれば、矛盾はしません。軸がしっかりしていないくて、その場しのぎの回答をしようとすると矛盾してしまい、信頼性がかけてしまいます。

自己分析で、自分の軸をしっかりと把握しましょう!またよくある質問を調べて目を通しておくのも大事です!回答を作って一言一句暗記するのは、不自然になってしまうのでダメですよ!!ある程度のキーワードだけ頭の中で思い浮かべておいて、本番は自分の言葉で伝えましょう!

まとめ

一緒に働きたくない人に何個か当てはまってしまった方は、これを機に改善してくださいね!そして、一緒に働きたいと思われる人物になっちゃいましょうね!