就活生の皆さん、こんにちは! 頑張ってきた努力が実り、内定を獲得した方もいると思います。

ただ、いくつかの企業から内定が出された場合は、最終的には1社に絞らないといけません。

今回は、内定承諾書を提出する前に内定辞退をしたいとき、どう対処すれば良いのかをご紹介していきたいと思います!

内定辞退は法的に認められている

「内定辞退をして怒られないか不安…」と感じている方も多いと思います。 私の姉が就活していたとき、内定辞退の現場を目撃したのですが、超大きな深呼吸をしてから電話をかけていました…(笑)

内定辞退は誰でも緊張しますよね。 ちなみに姉が誠意を持って内定辞退を伝えたにも関わらず、企業からは冷たい対応をされたそうです。

「嫌な気持ちにはなったけど入社しなくて良かった」と姉が話していたので、企業の見極めは本当に大事ですね。

内定辞退をしたときの企業の反応はその企業によって変わってきますが、内定辞退をすることは法的に認められています。

実際に日本国憲法の第22条では「職業選択の自由」を労働者に対して認めているんです。

国の憲法で定められているのですから、極度に内定辞退を怖がる必要はありません! むしろ内定辞退を怖がって後回しにすればするほど、企業に迷惑がかかるので早めの連絡を心がけましょう。

また、法的に認められていると言っても辞退する企業には採用までの間でお世話になっているはずなので、誠意を持って辞退してくださいね。

承諾前に内定辞退をするには

内定承諾書を提出する前に辞退をするのは、企業にとってもダメージが少ないのでベストなタイミングと言えます!

もし内定承諾後や入社前の2週間前までに内定辞退をした場合、法的な拘束力がないので損害賠償などは発生しません。

しかし、あなたが入社する前提で企業は準備などを進めているため、辞退すると企業にはかなり迷惑がかかるでしょう。

内定承諾書の提出前に辞退をすれば、企業も採用枠を埋めるために動き出すことができます。

内定承諾後の辞退は可能?内定承諾書取り消しのマナー

そうなったとき、「承諾前だとあまり迷惑をかけないで辞退できるから、メールで辞退を伝えても良いのかな?」と考える方もいるかもしれません。

確かに、インターンなどにも参加せず、関わりが少なかった企業であればメールで済ますことも無くはないですが、基本的には電話で辞退をしましょう。

電話で辞退を伝えた方がいい理由は次の通りです! メールで内定辞退を伝えた場合、企業には冷たい印象を与えてしまいます。 インターンなどでお世話になった企業ほど、電話で誠意を伝えるようにした方が良さそうです。

また、電話をすることによって企業側の気持ちも知ることができます。 残念だけど他社で頑張れ…と応援してくれる企業もあれば、私の姉が体験したように乱雑に冷ややかな対応をする企業もあります。

そして1番心配なのは確実に内定を辞退できるかどうかですよね。 メールを送って企業から返信がないと、届いているのか無視されているのかよくわかりません。

【例文】電話で内定辞退する場合

電話で内定辞退することを決めた人のために、少しでも落ち着いて連絡ができるように例文をご用意しました! 声色や話す速さに気をつけて、誠意を持って辞退しましょう。

【例文:電話で内定辞退を伝える】

【例文】メールで内定辞退する場合

電話がどうしてもつながらない場合や、事情があって電話で話せない場合など、メールで内定を辞退することもあります。 メールでの書き方に困らないように、こちらも例文をご用意したので使ってみてくださいね!

【例文:メールで内定辞退を伝える】

件名:【内定辞退のご連絡】(◯◯大学△△学部キャリ・ティブ子)

株式会社◯◯◯◯

人事部

◯◯様

お世話になっております。

◯◯大学△△学部キャリ・ティブ子です。

この度は内定をいただきまして、ありがとうございました。

内定をいただけて大変光栄ではありますが、誠に勝手ながら内定を辞退させていただきたくご連絡を差し上げました。

自分の適性を考えた結果、営業職で採用された他社の内定を受ける事を決断いたしました。

お忙しい中貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、このようなお返事となってしまい、誠に申し訳ありません。

本来であれば、直接お伺いしてお詫びしなければならないところ、メールでのご連絡となりますことを何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます。

末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

=================================

氏名:キャリ・ティブ子

大学名:◯◯大学・△△学部・××学科

住所:北海道◯◯市◯◯町◯◯

TEL:090-1234-5678

Email:◯◯@△△.jp

=================================

企業から内定辞退を断られたら?

そんなに多くはありませんが、中には内定辞退をお断りしてくる企業も存在します。 そんな企業に当たってしまったときはどうすれば良いのでしょうか?

対処法は、内定辞退の意思を曲げないことです! そもそも内定承諾前の辞退であれば、全くこちらに非は無いので企業が断ることなんてできないんですよね。

企業からの圧に負けないよう、内定辞退の意思を強く持っていれば辞退をすることはできるので安心してください!

また、辞退を告げたことによって怒ってくる企業もあるかもしれません。 そのときは怒りが治まるまで謝罪を続けましょう…。

正直早く電話を切って逃げ出したくなると思いますが、企業に迷惑をかけてしまったのは確かなので、ここは最後まで誠意を持ち続けることが大切です。

考えようによっては、「そんなに私に入社して欲しかったんだな」と思っておけば、内定を辞退されて怒っている企業が可愛く見えてくるかも…?

【失敗はイメージダウン!】内定者懇親会はこう乗り切るべし!

まとめ

内定辞退が怖くてためらってしまう人がたまにいますが、そのような人ほど早めに連絡をして企業へのダメージが少ないうちに内定を辞退しましょう。

その方が円満に終われることが多いので、企業にとっても自分にとっても良いですよね! 内定先の決定は今後の人生を大きく左右するので、後悔の無い決断をしてくださいね。