みなさんこんにちは!

今回は集団面接を突破するための対策法をご紹介します!

個人面接は受かるのに、なぜか集団面接だけ受からず悩んでいませんか??

集団面接は個人面接と違い1人に与えられる時間が少ないため、なかなか実力を発揮できない学生が多いんです!

また、他の学生の発言に惑わされてしまい自分の発言に自信がなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

集団面接は少し特殊ですが、やってはいけないNG行動、受かるために抑えておきたいポイントなどを把握すれば、しっかりと面接突破することができます!

集団面接になかなか受からないという方、これから集団面接を控えているという方はぜひ参考にしてみてください〜!

集団面接が行われる目的は?

集団面接は、複数の応募者が同時に受ける面接です。応募者と面接官の1対1で行われる「個人面接」では、ESの内容などに沿って質問されますが、集団面接は「志望動機」や「自己PR」など定番の質問が多いのが特徴です。

集団面接が行われる目的として、数多くの応募者からある程度の人数に絞ることが目的とされています!

特に大手の企業などは応募者が多いので、1人ひとり個人面接をすると莫大な時間と費用がかかってしまいます。そのため、集団面接で応募者をまとめて面接し、ある程度の人数にしぼって次の選考に進む傾向があります。

このように、集団面接は選考の人数をしぼる「足切り」として行われるので、筆記試験やWEB試験後の早い段階で行われる場合が多いです!

答えがかぶっても気にしない!!

集団面接が苦手と感じている学生の中には「前の人と話すことが被ると焦ってしまう」という方も多いのではないでしょうか!

しかし、面接官は学生の話の重複は全く気にしていないと言います。

面接のエピソードはゼミやアルバイト、サークル、海外留学などある程度パターンが決まっているので、エピソードが似てしまうのはよくあることです!

私も集団面接で周りと回答が似てしまい焦った経験があるので、就活中にこの事実を知りたかったです…笑

むしろ、前の人と答えが被って焦ってしまい、自分の番でうまく話せない方が「ストレスに弱い子なのかな」と思われてしまいます!

大切なのはその経験から自分が何を学んだかです!経験したことが同じでもそこから感じたことや学んだことは人それぞれ違うはずです。面接では学んだことや自分が影響を受けたことを詳しく話すように心がけましょう!

そうすることで面接官にも他の学生との違いがわかりやすく伝わるはずです!

これはNG!集団面接に落ちる人の共通点!

集団面接に毎回落ちてしまう人には共通点があります。

集団面接でのNG行動をしっかり把握して、面接対策に取り組みましょう!

話が長い

集団面接において、話が長い学生はNGです!

集団面接は、学生の人数にもよりますが1人当たりに与えられる時間は10〜15分ほどです!

その時間を超えて話してしまうと、「周りが見えていない人」「協調性がない人」と思われてしまいます!

与えられる時間が短い分、「ちゃんとアピールしなきゃ!」と思いますよね!私も就活をしていた頃は短い時間で「どうアピールするか」とても悩みました。

私はエピソードよりも、学んだことや経験を仕事にどう活かすことができるかを中心に話しました!

自分をアピールすることに夢中になりすぎて話が長くならないように、端的にわかりやすく話すことを意識しましょう!

実際に集団面接を担当した面接官には、「1人が多く話してしまい、全体の面接の時間が大幅に伸びてしまった。」

「話が長い学生がいるとその後の学生が答えを考える時間が多くなり、最初に話した学生が不利になってしまう。」といった声もあります。

やはり話の長い学生は面接官を困らせてしまう傾向にあるので、イメージダウンです!気をつけましょう!

他の人の話を聞いていない

集団面接では、自分のことだけではなく、他の人の話もしっかりと聞く必要があります!集団面接でも、個人面接同様入室から退室までが評価の対象です!

しかし他の学生が話している間、自分の回答をずっと考えていては話を集中して聞くことはできませんよね!

先ほどもお話したように、集団面接は「志望動機」や「自己PR」など面接の基本となる質問が多いです。そのため、予想される質問に対する答えは、しっかりと用意してから臨みましょう!

そうすることで他の学生の話を聞く余裕が生まれるはずです!また、最近では集団のWEB面接も多くなってきていますが、WEB面接だと特に他の学生の話を聞く姿勢は大切です!

どうしても面接官が目の前にいないと、下を向いてしまったり、つまらない態度が出てしまいがちですが、そのような態度は面接官には丸見えです!

自分の番じゃなくても、しっかりとカメラの前であいづちを打つなどすると面接官からも好印象をもらえるので、WEB面接でも気を抜かず他の学生の話を聞きましょう!

姿勢・身だしなみが悪い

言うまでもなく、話す時や話を聞く時の姿勢・身だしなみは重要です!

「メラビアンの法則」によると、視覚的情報は印象決定の80%を占めると言われています。姿勢や身だしなみが悪いと最初の印象から悪くなってしまい、1人に設けられる時間が少ない集団面接では悪い印象を挽回することは難しいです!

姿勢や身だしなみは社会人としてのマナーでもあるので、入社してからではなく今からしっかりと身に付けておきましょう!

集団面接に受かる3つのポイント

集団面接に受かるためには、他の学生と「差」をつける必要があります!

それでは集団面接に受かるための3つのポイントをご紹介します!

話の質をあげる

短い時間で自分をアピールし、尚且つ他の学生とも差をつけるためには話の質を上げることが大切です!

話の質を上げるためには、まずはしっかりと自己分析をして自分の強みは何なのか、自分のどんな部分が企業に貢献できるのかを見つけましょう!

それがわかったら、話を簡潔にまとめて、積極的にアピールする練習をしましょう!話している間にダラダラと長くならないように、簡潔にポイントをしぼって伝えることが大切です!

自己PRやエピソードを複数用意する

最初にお伝えした通り、他の学生とエピソードが被ってしまうのは問題ありません!でも、自己PRやエピソードを複数用意することで、他の学生よりも質の高い回答ができる場合があります!

たとえば、「学生時代に頑張ったこと」という質問に全員がアルバイトの話をしたとき、自分がゼミの話をすれば他の人と違う印象を残すことができます。

また、前の人がアルバイトの話をしていたら自分は長期インターンでより実務的な経験をしたことを話せば、前の人よりインパクトのある話を伝えることができます!

このように、周りが話した内容に合わせて自分の話を変える工夫をすると、より面接官に印象を残しやすくすることができます!

数字を使って具体的な情報を伝える

集団面接では1人に設けられている時間が短いので、自分のエピソードは具体的に伝えることが大切です!

「学生時代に力を入れたこと」の質問では、自分が成し遂げたことの難易度を数字を使って伝えましょう!

例えば、「私はホテルのアルバイトで毎日外国人を接客していました」というエピソードよりも、「私は〇〇ホテルのアルバイトで、毎日およそ100人の外国人を接客していました」と説明すると、そのすごさや大変さが伝わりますよね!

他の学生に差をつける意味でも、具体的な数字を用いて自分の経験をアピールしましょう!

まとめ

今回は集団面接に落ちないための対策法をご紹介しました!

周りの学生と経験したエピソードが被ったとしても、大切なのは経験よりも、その経験から自分が何を学んだかです!

短い時間でしっかりと自分をアピールするためにも、話す内容は特に質の高いものを意識しましょう!

今回の記事を参考にしてみなさん集団面接突破を目指しましょう!

集団面接でよくある質問はこちらの記事を参考にしてみてください〜!