みなさん、面談と面接の違いってわかりますか??

面接はわかるけど、面談って何?っていう方、多いと思います!私もそうでした!最初に面談って聞いたときは、面接のことをいってるのかな??って思っていましたが全くの別物でした!!

面接と面談の違いがわからないと、事前に対策できませんよね!今回は、面談と面接の違いについてご紹介します!

面接と面談の違い

面接と面談の決定的な違いは、合否に直接関係するかどうかです!

選考の一部である面接は、企業側に主導権があります。面接官の質問に応募者が答えていく形式が一般的で、かしこまった雰囲気が多いです。

一方で面談は、お互いが対等な立場で応募者も自発的に発言・質問ができます。面接よりもフランクな雰囲気が多いです!ざっくりとした違いはこんな感じです!さらに、詳しく説明していきますね!

面接とは?

企業が、応募者の仕事の適性能力人柄を評価し選考することを目的としています。企業にとって必要な人材かどうかを判断します。

応募者は、各質問の意図を考えて的確な受け答えをすることが求められます。一つ一つの質問が、応募者のアピールチャンスになります!!

面接の形式には、応募者1人に対して、面接官が複数人または1人で行う「個人面接」と、複数人の応募者に対して、面接官が複数人または1人で行う「集団面接」があります。

個人面接は、もっとも一般的なものです。面接官は一人の応募者に対して深く掘り下げて質問していきます。集団面接より時間がかかってしまいますが、一人一人見極められます。とても緊張すると思いますが、自分一人だけなのでアピールチャンスともいえますね!

就活を終えた先輩が「個人面接は周りを気にしなくていいから、心置きなく自分をアピールできた!」と言っていました!ちなみに、無事内定をゲットできたそうですよ!!!

集団面接は、選考にかかる時間を大幅に削減することができます。多くの企業は、一次選考など序盤は集団面接を行い、二次、三次で個別面接を行います。

そのため集団面接は、足きりに使われる場合もあるそうです!他人と比べ過ぎないことが大事です!

面談とは?

面接とは異なり、選考と直接関係しません!企業と応募者がより対等に近い関係で、お互いの希望をすり合わせ、相互理解を深めることを目的としています。

そのため、企業が応募者を深く知ると同時に応募者も企業を深く知ることができます。お互いを良く知ることでミスマッチを防ぐことができます!

たとえば、初対面の人と仲良くなりたいと思ったときに自分のことを話したり、相手に質問したりしますよね?それと同じようなことが言えます!

面談は、選考前・選考中・選考後と企業によってさまざまなタイミングで行われます!タイミングによって目的も少し変わります!

今回は、選考前に行われるカジュアル面談と、採用内定の通知前に行われるオファー面談について紹介します!

カジュアル面談とは、まだ応募するかどうか迷ってる人に会社のアピールをするものです!気軽に話して、会社に興味を持ってもらうために行われます。

オファー面談とは、内定者の入社の意思決定を固めるために行われます。入社前の不安や疑問点もここで解消します。

面談の流れ

面談の流れがわからない!という方が多いのではないでしょうか?面談で自分の力を最大限出すためにも、面談の流れを把握しておきましょう!

①アイスブレイク

アイスブレイクとは、本題に入る前にちょっとした雑談をして緊張をほぐす手法です。緊張をほぐして、コミュニケーションをとりやすい雰囲気にします!

そうすることで、本音が話しやすくなります!会話内容は担当者によって様々ですが、天気やニュースなどが多いです!

実際に、私がインターンシップに参加した際、グループワークを始める前にアイスブレイクの時間を与えられたことがありました!

アイスブレイクを行うことで、同じグループの方々と話しやすい雰囲気をつくることができました。緊張をほぐすことは大事だな~と感じました!

②自己紹介

アイスブレイクによって緊張がほぐれたところで、お互い自己紹介をします。あらかじめ、用意しておくとスムーズに進みます!

③質疑応答!

お互いについてある程度理解したところで、質問はあるか聞かれます!面接とは違って、選考ではなく相互理解するためのものなので、遠慮せず質問しちゃいましょう!疑問点は一つ残らず解消してくださいね!

質問については、こちらの記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

【就活生なら知ってて当たり前?!】面接と面談の違いって??

面接の準備

よく聞かれる質問の準備をしておきましょう!!例えば、「学生時代に一番力をいれたこと」、「自己PR」や「志望動機」などです。ほとんどの面接で聞かれるので、準備しておくと本番で、スムーズに答えられます!

しかし、丸暗記は不自然になってしまうのでおすすめしません!要点をおさえておく程度にするのがいいと思います!

面接の準備については、こちらの記事でもっと詳しく紹介しています!

是非参考にしてみてください!

就活の面接に向けて準備することは?質問対策のポイントもご紹介!

面談の準備

選考とは関係ないからと言って、気を緩めてはいけません!!!選考とは関係ないとはいえ、悪印象だと覚えられてしまって選考に響いてしまう可能性もあります。しっかりと気を引き締めつつ、程よい緊張感で臨みましょう!

面談の前に自己分析を行っておきましょう。面談でも、今後のビジョンや自分について聞かれます。自己分析をしていないと、答えられないような質問ばかりです!答えられても内容が薄かったり、ブレてしまいます。

実際に、最近面談がありましたが自己分析がまだまだ足りないな、、、と思いました。深堀されていくにつれ、上手く答えられなかったです!

自己分析をもっとして、深堀されてもしっかりと受け答えできるようにしようと思いました。皆さんも、この教訓をぜひ活かしてください!笑

まとめ

面接と面談、同じかと思いきや全くの別物です!面談は、選考と直接関係ありませんが、気を緩めすぎないように!!

しっかりと面接と面談の違いを把握して、それぞれに合った対策をして臨んでくださいね!