みなさんこんにちは!今年もあと、2カ月切りました!就活は進んでいますか?

何をやるべきかわからない!という方もいるかもしれません。

そんな方は就活スケジュールをしっかりと把握して、いつまでに何をやらなければならないのかを確認しておきましょう!

2020年卒就活スケジュールをご紹介!

出典:マイナビ2022

2022年卒から、経団連が決めていた就活ルールが撤廃になります。就活ルールとは、「学生の本分である学業に専念できるように」という名目で就活のスケジュールが決められていたものです。

しかし、急な撤廃は混乱を招くため、2021年と同じ就活スケジュールになります。そのため、2021年3月1日から採用情報が解禁され、6月1日から選考解禁です。

選考を有利に進めるために2月までにすべきこと

3月1日に採用情報が解禁されます。解禁された後は、エントリー、エントリーシート提出、説明会、適性検査、OBOG訪問などやらなきゃいけないことが沢山です。

そのため、3月以降は、忙しくなってしまうので就活準備は2月までにやっておきましう!

自己分析

自己分析は始めていますか?いまいちやり方がわからなくて、手を付けられていない方もいると思います。しかし自己分析は、就活準備の第一歩と言われているくらいとても重要なものです。

自己分析は、自分の過去の経験を振り返り、自分の性格や価値観、行動の特性を理解するものです。

進学や部活、アルバイトなどの経験をもとに自分自身を深く知ることによって、自分とマッチする企業像がみえてきます。また、自分の強みを知ることでエントリーシートや面接でアピールしやすくなります。

普段、自分自身と向き合うことはあまりないと思うので、いい機会かもしれませんね♪私も、自己分析で初めて自分を振り返りました!思っているよりも時間がかかるものなので、余裕をもってはじめてくださいね!

業界、企業研究

業界・企業研究は、自分の志向に合う業界・企業はどこかを見極めるために行います。自己分析で知ることができた自分の特徴と、企業が求める要素の共通点を見つけましょう。共通点を見つけるためには、業界・企業の理解を深めることが大切です!

まずは、業界分析から始めましょう。業界ごとの特徴、今後の可能性について調べます。情報収集をしっかりと行ってくださいね!情報が抜けていては不完全になってしまいます。

業界を絞れたら、次は志望企業についての研究です。企業の強みと弱み、他社との違いを答えられるようにしましょう。企業研究を行うことで、入社後のミスマッチを防ぐことができます!企業研究ノートを作って、いつでも見返せるようにすると、とっても見やすいのでおすすめです!

業界・企業研究をしっかりと行うことで、エントリーシートや面接の逆質問に困ってしまうのを防ぐことができます!

逆質問については、こちらの記事で紹介しています。是非参考にしてみてください!!

逆質問で聞きづらい質問も上手に聞ける!逆質問38選

筆記試験対策

筆記試験対策は、早く始めれば始めるほど効果的です。企業によっては、筆記試験を採用していない場合もありますが、たいていの企業は筆記試験が必要になります。

筆記試験といっても、さまざまな種類があります!自分の志望している企業が、どの筆記試験を取り入れているのかを事前に調べておいてくださいね。特に、「SPI3」と「玉手箱」は、出題する企業が多いので対策必須です!!

SPI3:リクルートマネジメントソリューションズが提供している適性検査のこと。

性格と能力の2要素を測定する。

出題方式は、「ペーパーテスト」「テストセンタ ー」「Webテスト」の3つ。

玉手箱:日本SHL社が開発した適性検査のこと。性格と能力の2要素を測定する。

自宅で受けるWebテスト。

基本的に難しい問題は出題されません!しかし、問題数の制限がなく回答時間が決まっています!問題が特殊なため、慣れていないと時間がかかってしまうので注意が必要です。時間配分と、いかに効率よく解けるかが鍵です!

筆記試験は、どれだけ試験対策を行ったか」が企業に伝わります。今のうちから始めておきましょう!

秋冬インターン

サマーインターンに出遅れた方もいるのではないでしょうか。そういう方は、秋冬のインターンシップは必ず参加しましょう!しかし、「サマーインターンと秋冬インターンの違いは??」って思った方いませんか?私は、最近まで知りませんでした、、、。

サマーインターンは、企業のことを知ってもらうことを目的としています。秋冬インターンは、自社を志望してもらうことを目的としています!!秋冬インターンは、サマーインターンよりも採用・選考との関係も強くなります!

また、インターンシップは、自分の適性や、本当にやりたいことを見極めることができます。また企業の雰囲気やどんな人が働いているのかを肌で感じることができ、企業研究が深まります!

そして!なんと!インターンシップに参加すると早期選考の案内が来ることもあります!!本選考の優遇もあるみたいです!1社から内定をもらっていることで、精神的な余裕ができますよね。志望度の低いところを受けなくてよくなります!そうすると、志望企業に集中できます。

早期内定ほしい方は、秋冬インターンは必見ですね!!私も、早期内定をもらって一安心したいので、何個か秋冬インターンに応募しました!応募締め切りもあるので、皆さん早めにチェックして応募しましょう!

OBOG訪問

OBOG訪問とは、実際にその企業で働いている先輩を訪問することです!実際の仕事内容や、会社の雰囲気を実際に聞くことができます。

そのため、インターネットでは知ることのできないリアルな情報を得ることができます!たとえば、会社の実態や先輩の就職活動について知ることができます!

OBOG訪問は、自分の知りたいことを直接聞けるので企業研究にとっても役立ちます!!また、企業の方に名前を覚えてもらう機会でもあります。是非OBOG訪問をおすすめします。

エントリーシート対策

3月ごろには、エントリーシートの提出が重なってしまいます。1つのエントリーシートを作るのに3~5時間程度かかります。

そのため代表的な、「自己PR」、「学生時代に力を入れたこと」、「志望動機」の3つは作成しておきましょう。何個か作っておいて、企業ごとに少し内容を変えて使いまわすのがおすすめです!

3月から情報解禁!!

3月1日に採用情報が解禁され、就職活動が本格化します!流れとしては、まずエントリーして、企業説明会です。その後に、選考!通れば内定です!!

エントリー

エントリーとは、その企業に「興味があります」と意思表示することです。エントリーすることで、最新の採用情報の受信、企業説明会の予約や、筆記試験の受験やエントリーシートの提出を行えるようになります。

しかし本命や大手だけにエントリーを絞った結果、内定が1つももらえないこともあります。本命や大手だけに絞るのではなく、幅広い業界・企業にエントリーしましょう!場数を踏むことで面接にも少しずつ慣れてきますよ!

企業説明会

エントリーした会社から企業説明会の案内が届きます。説明会参加者のみに、選考の案内をする場合があるので、気になる企業の説明会は参加しましょう。志望する企業であれば、必ず参加してください!!

選考

一般的には、

エントリーシート提出→筆記試験→グループ面接

→個人面接→内定

という流れです。面接に関しては、数回行う会社が多く、だいたい3~4回程行われます。しっかりと面接対策を行って臨んでくださいね!

面接では、テンプレートな言葉ではなく自分の言葉で伝えることが大事です。そのため、一言一句丸暗記してしまうと、不自然になってしまいます。キーワードや話す構成をまとめる程度にしましょう。

採用が決定すると、内定がもらえます。内定には、「内々定」と「内定」があります。内々定とは、労働契約が締結される前段階にあたります。そのため、正式な労働契約には至ってない状態になります。内定とは、労働契約書を交わす正式な労働契約のことです。

内々定・内定についてはこちらの記事をチェックしてください!!

【例文付き】内々定と内定の違いとは?内々定を貰ったらするべきこと

まとめ

2月まで、3カ月を切っています!今回紹介した「2月までにすること」をしっかりと進めていってくださいね!

また2022年卒の就活は、新型コロナウイルスの影響で就活難といわれています。早め早めに動いて、就活の流れに乗り遅れないようにしましょう!!