就活生が志望する業界で人気の高いエアライン。華やかなイメージがあり、憧れの業界ですよね!

面接の際の第一印象はどの企業でも重要ですが、エアラインの面接では最重要視されています。

たしかに、暗い印象のCAやグランドスタッフだと楽しい旅行が台無しになってしまいますよね。

今回はエアラインの面接対策についてご紹介!大手3社のよくある質問もあわせてご紹介します!

エアラインとは?

エアラインとは航空会社のことで、航空機を使用し旅行客や貨物を輸送する企業のことを言います。

航空会社の主な仕事は、大きくわけて「運航」「整備」「運送」「管理・営業」の4つがあります。

では、部門ごとにどのような仕事をしているのか紹介します!

エアラインの仕事内容

運航

運航部門は「航空管制官」や「パイロット」などが所属する部門です。

航空管制官の仕事は、航空機が安全に離陸・着陸し、他の飛行機にぶつかることなく空を飛べるようにパイロットへ指示や情報を伝えます。

パイロットの仕事は、航空管制官から指示をもらい、専門技術を駆使して航空機を操縦します。

航空機は、最先端で高度なコンピュータシステムで成り立っているため、仕組みを理解して安全なフライトを実現しなければいけません。

整備

整備部門は「航空整備士」が所属する部門です。

航空整備士の仕事は、航空機が安全に飛行できるように機体の点検や整備、修理などを行います。

業務内容は大きくわけて「ライン整備」「ドック整備」「ショップ整備」の3つにわけられます。

ライン整備

フライト前に航空機や到着機の整備・点検を行います。

ドック整備

航空機をいれておく格納庫にて大掛かりな整備を行います。

「定時整備」「重整備」と呼ばれることがあり、1~2ヶ月かけて幅広い範囲を整備します。

格納庫は東京ドームの1.8倍ほどあるらしく、自転車を使って移動していますが、工具や部品を持って走行するため安定性の良い3輪になっているそうですよ!

ショップ整備

エンジンやコンピュータ、油圧系統などの部品を機体から取り外し、精密チェックを行います。

航空機の中で最も重要な箇所の整備になるため、高度な技術、知識が求められます。

運送

運送部門は「客室乗務員(CA)」が所属する部門です。

CAは「キャビンアテンダント」や「フライトアテンダント」とも呼ばれます。

旅客機に搭乗し、乗客の搭乗から到着まで様々な業務を行います。

CAの募集要項には「160cm以上」と条件付けられている会社もありますが、最近では日系のCAであれば、160cmに満たない人でもCAになれるそうです。

管理・営業

管理・営業部門は「人事」や「経営計画」「広報」などの業務を行います。

営業の仕事としては、航空券を旅行会社や企業などへ販売します。

メガキャリアとLCCの違いとは?

航空会社は、大きく2つにわかれます。

1.メガキャリア

メガキャリアとは、ANAやJALのことを言います。

メガキャリアは、運行路線が多く利便性や質の高いサービスを提供しているため、ブランド力があります。

2.LCC

LCCとは、「Low Cost Carrier」の略で、日本では「格安航空会社」のイメージが強いですよね。LCCの主な会社は、PeachやJetstarなどがあり、それぞれの会社は航空券の価格を安くすることで顧客を獲得しています。

人件費や、機内サービスの簡易化・有料化、路線の限定などでコストを最小限に抑えて航空券の価格を安くしているそうです。

私も旅行へ行くときはよくLCCを利用するのですが、航空券の価格が安い代わりに旅行先まで行く飛行機の出発時間が遅く、帰りが早いんですよね。

まあ、安いから毎回LCCで旅行しちゃうんですけどね。笑

【ANA・JAL】メガキャリアの企業研究まとめ

ANA(全日本空輸)

会社概要

代表取締役社長

片野坂 真哉

所在地

東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター

設立

1952年12月27日

資本金

318,789百万円

従業員数

45,849名(2020年3月31日現在)

2013年4月1日

持株会社制に移行すると同時に全日本空輸株式会社からANAホールディングス株式会社へ商号変更しました。

経営理念

安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で

夢にあふれる未来に貢献します

出典:ANAグループ経営理念

事業内容

・航空事業
・航空関連事業
・旅行事業
・商社事業

JAL(日本航空)

会社概要

代表取締役社長執行役員

赤坂 裕二

所在地

東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル

設立

1951年8月1日

資本金および資本準備金

355,845百万円

 *百万円未満切り捨て

従業員数

13,869人(2020年3月現在)

企業理念

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

出典:JALグループ企業理念

事業内容

・航空運送事業
・パッケージ旅行の販売
・クレジットカード事業

・農業事業

【Peach・Jetstar】LCCの企業研究まとめ

Peach

会社概要

代表取締役CEO

森 健明

所在地

大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1番地

設立

2011年2月10日

資本金

7,515,050,000円

従業員数

1780名(2020年10月1日現在)

企業理念

ヒト・モノ・コトの交流を深めるアジアのかけ橋となり、

人間愛を育むエアラインとなる

出典:Peachについて

事業内容

・定期航空運送事業
・不定期航空運送事業
・これらに付帯する事業他

Jetstar

会社概要

代表取締役社長

片岡 優

所在地

千葉県成田市成田国際空港 第3ターミナル内

設立

2011年9月5日

資本金

120億円

従業員数

約1000名(2019年8月1日現在)

企業理念

ビジョン
日本の空、世界の空を、もっと身近に。
ミッション
より多くのお客様に、低価格で安心・安全な楽しい空の旅をしていただきたい。
事業目標
日本国内、日本と海外を結ぶ低価格の航空市場において、No.1に選ばれるブランドになる。

出典:経営理念|ジェットスター

事業内容

・定期航空運送事業
・航空機使用事業
・その他附帯事業他

メガキャリアの面接で聞かれたよくある質問

ANA(全日本空輸)

1次面接

1.「どんなCAになりたいですか?」
2.「なぜ航空業界で働きたいと思ったのですか?」
3.「入社して実現したいことはなんですか?」
4.「あなたの健康管理法を教えてください。」
5.「ANAの魅力を教えてください。」
6.「海外勤務に対してどう思いますか?」
7.「ANAの客室乗務員として何がしたいですか?」
8.「ANAのイメージを一言で言うとなんですか?」
9.「なぜANAを志望するのですか?」
10.「最近感動したことはなんですか?」

2次面接

11.「学生時代に力を入れたことはなんですか?」
12.「今後挑戦したいことはなんですか?」
13.「自分をモノに例えるならなんですか?」
14.「最近人に感謝したことはなんですか?」
15.「あなたが人に感謝されたことはなんですか?そのような行動をとったのはなぜですか?」
16.「あなたが弊社に入社して実現したいことと活かせることを教えてください。」
17.「あなたが自分自身の気に入っているところと、そうでないところを教えてください。」
18.「客室乗務員は大変なことがたくさんありますが、その生活をどのようにこなしていきますか?」
19.「機内で困ったお客様が多いですが、電車内でなにか気づいたことやマナーが悪いなと思ったことはありますか?」
20.「大学のゼミの研究でわかったことを教えてください。」

最終面接

21.「今までで感動したことはありますか?」
22.「メーカーと航空会社の違いをどのように考えていますか?」
23.「あなたが学生時代に努力を積み重ねてがんばった「No.1」だと言えることについてお話ください。」
24.「なぜANAでなければいけないのかを教えてください。」
25.「客室乗務員はチームワークが大切ですが、それ以外で大切にするべきだと思うことはなんですか?」
26.「あなたは年齢が違う人や年配の方とどのように付き合いますか?」
27.「今日面接会場に来るまで考えていたことを教えてください。」
28.「弊社の改善点はなんだと思いますか?」
29.「仕事についての信念はなんですか?」
30.「社会人として1番必要なものはなんだと思いますか?」

JAL

1次面接

1.「大学時代にがんばったこととそこから得た学びを教えてください。」
2.「なぜ航空業界に興味があるのですか?」
3.「インターンシップで学んだことを教えてください。」
4.「JALの良いところを教えてください。」
5.「あなたが弊社で実現したいことを教えてください。」
6.「なぜANA体にではなく、JALを志望するのですか?」
7.「あなたが仕事を選ぶ上で大事だと思うことはなんですか?」
8.「もし、他のエアラインから内定をもらったらどうしますか?」
9.「あなたにとって仕事とは何のためにあるとお考えですか?」
10.「あなたが思う日本らしさとは何だと思いますか?」

2次面接

11.「あなたなら弊社をどのような会社にしますか?」
12.「壁を乗り越えた経験はなんですか?」
13.「最近感謝したことを教えてください。」
14.「挫折経験とそれをどう乗り越えたのか教えてください。」
15.「あなたがリーダーとしてチームをまとめるときのポイントについて教えてください。」
16.「JALのおもてなしの心を中国の顧客に届けるにはどのような企画が良いと思いますか?」
17.「ANA体にと比較して、嵐を起用している日本航空のCMについてどう思いますか?」
18.「JALが改善したほうが良いと思うことを教えてください。」
19.「周りの人からみたあなたの短所を教えてください。」
20.「Have you ever lived in foreign countries?」(あなたは海外に住んだことはありますか?)

最終面接

21.「あなたが考える全日空との違いを教えてください。」
22.「興味のある職種や行きたい部署はありますか?」
23.「あなたは嫌いな人に対してどのような対応をしますか?」
24.「チームをマネジメントする上で大事なことはなんですか?」
25.「あなたが仕事を選ぶ上で大切にしていることと、その理由を教えてください。」
26.「あなたがこの1年間で最もがんばったことを教えてください。」
27.「インターンシップで学んだことと、感じたことをお話ください。」
28.「もしも意見が衝突した際、あなたならどのように解決しますか?
29.「あなたがJALの業務企画職を志望した理由とJALで何を実現したいか教えてください。」
30.「新しいことをチャレンジするときは周囲に相談をするタイプですか?」

LCCの面接で聞かれたよくある質問

Peach

1.「自己紹介をお願いします。(方言の方が話しやすいのであれば、方言でも良いです。)」
2.「今日のファッションポイントとコンセプトを教えてください。」
3.「エントリーシートのスナップ写真について説明してください。」
4.「死ぬまでにやりたい3つのことはなんですか?」
5.「自由な会社というイメージがあると思いますが、入社したらPeachに貢献できることは何ですか?」
6.「PeachのCAになったつもりで機内販売をしてください。」
7.「体力が必要な仕事ですが、なにか運動はしていますか?」
8.「学生時代に最も力を入れて取り組んだことを教えてください。」
9.「自分が他人に絶対負けないというところを教えてください。」
10.「あなたが希望する部署で働けなかったらどうしますか?」

Jetstar

1.「志望動機をお願いします。」
2.「今までに接客業の経験はありますか?」
3.「お客様よりお叱りを受けたときはどのように対処しますか?」
4.「安全とはなんだとお考えですか?」
5.「サービスとはなんだとお考えですか?」
6.「今までに乗ったことある航空会社を教えてください。」
7.「LCCではなければならない理由はなんですか?」
8.「CAになるにあたって足りないものはなんですか?」
9.「CAになるために努力していることはなんですか?」
10.「CAでも、短距離路線だとお客様と長く接することができませんが、そこはどうしますか?」

まとめ

メガキャリア、LCCの企業研究とよくある質問をまとめました。

航空会社によっては、英語で質問をされたり英語で回答を求められることがあるので、事前に質問のチェックと練習をしておくことをおすすめします。

また、面接の最後に逆質問を求められることがあるので、逆質問もあわせてチェックしておきましょう。

逆質問で聞きづらい質問も上手に聞ける!逆質問38選

エアラインの面接では、第一印象をとても見られているので笑顔を忘れずに受けてください!

好印象で志望企業の内定GET!第一印象が合否を決める!面接官へのアピールポイント◎