就活生の皆さん、こんにちは! 現在、新型コロナウイルスで大打撃を受けているホテル業界。

今まで人気の業界の1つだったこともあり、コロナ禍でもホテル業界を志望している人は多くいるのではないでしょうか?

なので今回は、ホテル業界の面接対策について細かくまとめてみました! 対策を徹底して、ホテルマンへの扉を開きましょう!

ホテル業界で重視されているスキル

ホテル業界ではどのようなスキルが重視されているのでしょうか? 1つずつ確認していきましょう!

語学力

まず、重視されるスキルの1つとして語学力が挙げられています。 必ず外国語が喋れないとダメということはありませんが、英語や中国語、その他の言語が話せれば話せるほど、そのスキルは重宝されるでしょう!

英語力を測るのにTOEICのスコアが指標となることがほとんどなので、ホテル業界を本気で目指している人は勉強しておくと良いです。

英語以外の言語をアピールしたい場合、積極的に面接で自分の強みとしてアピールをしましょう!

コミュニケーション力

ホテル業界で必ずといって良いほど必要なスキルとして、コミュニケーション力があります。 ホテルマンは接客が命の仕事なので、普通のコミュニケーションはもちろん、高度なコミュニケーション力が求められます。

たとえば、 宿泊されるお客様の年齢、性別、目的によって必要な情報を選んで伝えたり、よりホテルのサービスを快適に利用してもらえるような提案をする といったようなことです!

観察力

ホテル業界では観察力も重視されることがよくあります。 たとえば、 フロントでお風呂グッズを手に持ってキョロキョロとしているお客様を見つけた場合、「大浴場を探しているのかも」と予想できますよね。

観察力をアピールしたいのならば、観察力を生かして自分がどのようなホテルマンになりたいかを自分の言葉で説明できるようにしておきましょう!

説明力

最上級の接客を必要とするホテル業界では説明力も重要視されています。

お客様に「◯◯の場所を教えてほしい」と道のりが複雑な場所を聞かれても、的確な説明ができる人であれば正しい場所をちゃんと伝えることができますよね。

説明力そのものをアピールすることは難しいですが、面接対策をきっちりすることで自然とアピールすることができますよ!

面接官がチェックするポイント4選!

ホテル業界の面接では、絶対と言っても良いほどチェックされるポイントがあるんです! チェックされるポイントは下の4点です↓ ・清潔感 ・言葉遣い ・立ち振る舞い ・人当たりの良さ この4点に共通するのは、人に安心感を与えられる、親しみを感じさせるのに不可欠な要素ということです!

これらのチェック項目で高評価をもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?

清潔感

面接官に”清潔感がある人”だと思ってもらうためには、身だしなみをきちんとしておく必要があります。

髪型は整っているか、スーツにヨレは無いか、パンプスは汚れていないかなど、頭からつま先まで確認しましょう。

また、髪色が明るかったり、イヤリングやピアス、指輪など、小さいアクセサリーも細かくチェックされます。

ホテルマンは清潔感がないと務まらないので、少し身だしなみを気にしすぎるくらいがちょうど良いかもしれません。

言葉遣い

ホテル業界の面接では、言葉遣いが厳しくチェックされます。

気をつけているつもりでも、 「なので、的な、大丈夫です」 のような言葉を無意識に使ってはいませんか? 今挙げたものは全て面接ではNGの言葉とされているんです…。

ちなみに正しい使い方は、 なので→「〜ので」「〜ですので」 的な→「のような」 大丈夫です→「問題ありません」 気付かないうちに言ってしまっていた、ということがないように常日頃から言い回しには気を遣っておきましょう!

面接の前に身につけておこう!~言葉遣いについて~

立ち振る舞い

ホテルマンはお客様の前に立ち、サービスを提供するので立ち振る舞いもチェックされる項目の1つです。

もしホテルマンの挙動がおかしかったら「この人に案内を任せて大丈夫かな…」とお客様を不安にさせてしまう恐れがあります。 また、ホテルマンが猫背になっていたり、ガニ股で歩いていたら違和感を感じずにはいられないですよね。

なので面接では背筋を伸ばし胸を張り、かかとを揃え、つま先を逆ハの字に開いた状態で立ちましょう!開き具合は30〜45度くらいがベストです!

これらを面接で当たり前にできないと、選考を突破するのはかなり厳しいものになると思います…。 実際、私は立ち振る舞いがちゃんとできていないホテルマンを見たことがないです…(笑)

人当たりの良さ

友達の中にも話しかけやすい人とそうじゃない人っていますよね。 人当たりの良さとは、その人が出す優しい表情や話しかけやすそうな雰囲気でわかるものです。

ホテルマンに人当たりの悪い人がいたら、せっかく安らぎにきたお客様がホテルマンに気を遣うハメになってしまったりとホテル自体の評判を落としかねません。

ただ、人当たりの良さは簡単に醸し出すことができず、普段の自分がそのまま面接で出てしまいます。 普段から人当たりが良ければ問題ありませんが、そうでない人は面接だけ良く装うことはかなり難しいでしょう。

面接で人当たりの良さを出すためには、日常的に自分が出す雰囲気を意識して過ごすと、だんだん人当たりの良い人に見られるようになってくるはずです。

表情を柔らかくしたり、優しい口調で話したりとやり方はたくさんありますが、自分がどう見られているのかを友達に確認したり、人当たりの良い友達に意識していることはないかを聞いてみると良いと思います!

志望動機を話すときのポイント

業界によってウケのいい志望動機の内容ってありますよね。 もちろんホテル業界にも、志望動機の内容で求められるポイントがいくつかあるんです。

ホテル業界の志望動機を話すときのポイントは、”3つのナゼ”を明確にすることを意識して話すようにしましょう! ・”ナゼ”サービス業界の中でもホテル業界なのか ・”ナゼ”ホテル業界の中でもそのホテルなのか ・”ナゼ”接客業が好きなのか

”ナゼ”サービス業界の中でもホテル業界なのか

サービス業界と呼ばれるのはホテル業界以外にもたくさんありますよね。 ゲームのような娯楽系のサービス業もあれば、タクシーのような運輸系のサービス業もあります。

業界研究を行って、他のサービス業界とは明らかに違う魅力を見つけられると話しやすくなると思います!

”ナゼ”ホテル業界の中でもそのホテルなのか

ホテル業界がいい!ということを伝えることができても、「じゃあホテルならどこでもいいの?」と思われてしまいます。

ホテル会社によって形態が違ったり、掲げているコンセプトも変わってくるので自分がどこに魅力を感じたかを話せるようにしておきましょう!

できるなら志望するホテルに一度宿泊し、そこでのおもてなしやホテルスタッフの印象など、実際の体験と交えて話せると◎です!

”ナゼ”接客業が好きなのか

なぜ接客業が好きなのか、またはやりたいと思っている理由も志望動機で話せるようにしておく必要があります。

接客についてマイナスなことを言ってしまうと、やる気がないと思われてしまう可能性があるので絶対に言わないようにしてください!

アルバイトで接客の経験があるという人は、その経験を交えて話すと伝えやすいですよ。 その他、基本的な志望動機の話し方についてはこちらの記事をご覧ください! https://careetive.com/article/

【例文】ホテル業界の志望動機

【目次3】の志望動機を話すときのポイントを踏まえて、例文を1つ作ってみました。 ホテル業界の志望動機に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

【志望動機の例文】

私は人を笑顔にさせることができる仕事に携わりたいと考えています。

セルフサービスのカフェでのアルバイトでは、常にお客様の視点に立って丁寧な接客を心がけてまいりました。

ある日車椅子のお客様が来店され、「お席までトレーやコンディメントをお運びします」と伝えたところ、笑顔で「ありがとう」とお声をかけていただいたことが接客が好きになったきっかけです。

接客の中でも、マニュアル以上のサービスを提供することができるホテル業界を強く志望しています。

中でも、御社の「あらゆる世代、世帯、国のお客様に最高級の安らぎをお届けする」という理念は、私の「世代、国を問わず多くの人々を笑顔にしたい」という就活の軸と一致しており、心を打たれました。

入社後には接客の経験を生かし、お客様に癒しと安らぎを感じていただけるホテルマンになることが目標です。

ホテル業界でよく聞かれる質問25選

・志望動機を教えてください。
・ホテルマンとなって目指すことは何ですか。
・学生時代に打ち込んだことを教えてください。
・アルバイトの経験はありますか。アルバイトで何を学びましたか。
・あなたの長所と短所を教えてください。
・理想とするホテルマン像は何ですか。
・お客様からの無理難題にはどう対応しますか。
・なぜ当ホテルで働きたいと考えていますか。
・今後のホテル業界に必要なことは何だと考えますか。 
・ホテルでどんな仕事をしたいと思っていますか。
・ホスピタリティとサービスとの違いは何ですか。 
・ホテルのどんなサービスに感動したことがありますか。 
・サービスの質と料金の関係についてどう考えていますか。
・ホテルに必要な人材とはどんな人だと思いますか。
・理想のホテルとはどんなホテルだと思いますか。
・当社のライバルになると思うホテルを挙げ、その理由を述べてください。
 
・ホテルが環境汚染を防ぐには、どんな取り組みが必要だと思いますか。 
・同業他社の倒産についてあなたはどのように考えていますか。 
・酔っ払いのお客様が大声を出していたとき、あなたならどうしますか。 
・ダブルブッキングのリスクを避けて宿泊稼働率アップさせたいと考えたとき、あなたはどうしたら良いと考えますか。 
・ビジネスホテルとシティホテルとの違いは何ですか。 
・ホテルのレストランで気になった点はありますか。それはどのようなところですか。 
・集客のPRにはどんな手段が一番効果的だと考えていますか。 
・おいしいレストランを1つ紹介してください。
・お客様に過分な褒め言葉をいただいたらどのように対応しますか。 

中にはホテル業界についてしっかり調べていないと答えられない質問もあるので、事前準備は怠らないようにしましょう!

まとめ

ホテル業界は身だしなみや言葉遣いなどの基本マナーを最も重視する業界です。 面接を突破するためには、自然な笑顔を絶やさず、基本に忠実になりましょう!

女性らしい柔らかな雰囲気はホテル業界にとても需要がありますよ♪