近年WEB面接が増えてきましたが、最近ではコロナウイルスの影響でWEB面接が一般的になっています!

しかし、WEB面接って直接面接官と会うことができないため、コミュニケーションが難しいですよね…。

私も1度だけWEB面接を経験したことがありますが、「自分の伝えたいことがうまく伝わっているのか」「面接官は良い印象をもってくれたのか」というのがよく分からず、不完全燃焼で終わった記憶があります。笑

直接会って話すことができない分、WEB面接では気をつける点や、WEB面接ならではの好印象を与えるポイントがあります!

さらに、画面越しで会話をするため、メイクや面接の環境にも気をつける必要があります!

今回は、WEB面接で好印象を与えるための注意点やポイントをご紹介したいと思います!就活中の学生やこれから面接を控えている方は必見です!

WEB面接を実施する企業が急増中!

WEB面接とは、パソコンなどの端末を使ってビデオ通話を繋ぎ、遠隔で行う面接のことです!

現在、コロナウイルスの影響もありWEB面接を実施する企業が増えています。
従来の面接では、遠方から面接を受けに来る学生の負担が大きかったり、面接の場所を確保する手間がありました。

WEB面接では、時間や場所の都合がつけやすく、自宅で面接を受けることができるため、従来の手間を省くことができます!

WEB面接と対面の面接の違いは?

WEB面接と対面の面接ではすこし異なる部分があります!

コミュニケーションが取りづらい

WEB面接では面接官との「コミュニケーションを取りづらい」というデメリットがあります。

対面の面接では、企業の方と直接会って話すことができるので、「この会社に入りたい!」という熱意も伝えやすく、何気ない会話から学生の性格や人間性が見えたりもします。

しかし、WEB面接の場合、電波状況によってはタイムラグが生じてスムーズに会話ができなかったり、画面越しのため表情が伝わりにくいケースがあります。

WEB面接は、画面で音声と映像だけの会話になるので、対面の面接よりはややコミュニケーションが取りづらいといえます。

出会いの選択肢が広がる

WEB面接は、就活生にとっても企業にとっても出会いの選択肢が広げてくれる方法です!

地方に住んでいて都市部の企業にエントリーしたいけど「飛行機代や新幹線代が高いからやめよう…」と諦めていた学生も、自宅で面接ができると、積極的に入りたい企業にエントリーすることができます!

都市部に住んでいる学生も、エントリーしたい企業が遠い場合は交通費がかさんだり、移動時間が長くスケジュールの都合で諦めてしまう場合があります。

そんな時も、WEB面接を自宅で受けることができれば、スケジュールも組みやすく、企業へのエントリーのハードルが下がります。

このように、従来の対面面接では出会うことのできなかった学生と企業が、WEB面接になることで出会うことができます!
それでは、次からはWEB面接で好印象を与えることができるポイントをご紹介します!

WEB面接で好印象を与える2つのポイント!

面接の流れなどは対面の面接とあまり変わりませんが、WEB面接では好印象を与えるポイントが少し違ってきます!

それではWEB面接で好印象を与えるポイントをみていきましょう!

カメラを見る

WEB面接では、しっかりとカメラを見ることが大切です!WEB面接でやってしまいがちなことは、つい相手の顔が写っている画面をみながら話してしまうことです。

相手の顔をみて話すと、話して手としては安心しますが、面接官からみたあなたは少し目線が下がった状態です。

相手と目線を合わせて話すには、カメラをみて話す必要があります!
ただでさえWEB面接だとコミュニケーションが取りづらいので、しっかりとカメラをみて、伝えたいことが伝わるように話しましょう!

照明に工夫を!

WEB面接では、照明がとても重要です!

照明をつける際のポイント
・パソコンの後ろに照明をおく
・上、自分の後ろに照明をおくと顔に影ができる
・照明が強すぎると顔がテカってみえるので注意

パソコンの後ろに照明を置くと、正面から光があたり顔色がよく、健康的な印象を与えられます!照明を自分の体の上や後ろに置いてしまうと、顔に影ができて暗い印象を与えてしまうので注意しましょう!

また、顔の正面に照明を置いたとしても、光が強すぎると顔がテカってしまいます!
面接官からみて顔が光って見えると、学生の表情が読めず好印象を与えることは難しいです。

WEB面接で照明を使う時は光の強さも加減して、確認しながら使いましょう!

メイクや髪型もWEB面接仕様に!

自分の顔を映像でみると、「なんかイメージしてたのと違うな?」と思ったことはありませんか?
画面越しの面接では感じる印象も変わってきます!そのため、WEB面接だからこその「好印象になるメイク」が必要になります!

メイクは少し濃いめでOK!

WEB面接では、普段の面接よりも少し濃いめにメイクをしましょう!
WEB面接で使用するカメラの解像度にもよりますが、面接では顔が少し粗く写ってしまうことが多いです!

そのため、対面の面接のときと同じようなナチュラルメイクをすると、スッピンのように写ってしまう可能性があります!

しかし、濃すぎても面接には不適切だと判断されてしまうので、必ず面接前にカメラ越しで自分の顔を確認して、メイクの濃さを調整しましょう!

髪型も油断は禁物!

WEB面接でカメラ越しだからといって、髪型に手を抜くのはNGです!
顔に髪の毛がかからないよう髪の毛はしっかりとまとめましょう!

また、対面の面接に比べると表情も少し伝わりづらい可能性があるので、顔の印象を大きく変える前髪は特に気をつけましょう!
前髪が短い人は、パッツンではなく前髪を分けて、明るい印象を与えましょう!

前髪が短い人は、前髪をしっかりと分けてスプレーやピンで乱れないように固定しましょう!
前髪の長い人の注意として、かきあげスタイルや、顔の横に前髪をたらすスタイルは面接では印象がよくないので避けましょう!

面接の髪型についてはこちらの記事を参考にしてみてください♪

【髪型に悩む就活女子必見!】好印象な前髪&ヘアスタイル!

WEB面接の3つの注意点

WEB面接では好印象を与えるポイントだけではなく、注意しないといけない点もあるので、しっかりと覚えておく必要があります!

WEB面接に慣れていない人は、注意点を把握しきれず失敗してしまう人が多いです!
今回ご紹介する3つの注意点を意識して、WEB面接に臨みましょう!

①自宅で行い、余計な音が入らないようにする

WEB面接では余計な雑音が入らないよう、極力自宅で行いましょう!
やむを得ず自宅以外から面接を行う場合は、静かで、ネット環境の整った場所を選びましょう!

WEB面接では映像と音声だけのやりとりになるので、そこで余計な音が聞こえてしまうと、面接官にとってはストレスになり、悪い印象を与えてしまいます!

私の友人はWEB面接中にペットの犬が鳴きまくって、面接にかなり支障が出たという話をしていました…
ペットを飼っている人は、なるべくペットがいる部屋から離れた部屋で面接をするのがいいかもしれません笑

また、面接する部屋にも気を配る必要があります!
カメラに自分以外の物が写ってしまっているのも、マイナスポイントになってしまいます。

面接する部屋はしっかりと片付けて、余計な物が映らないように片付けましょう!
自分の後ろに何も映らないよう、壁のすぐそばで対話をすると、余計な物がうつる心配もありません!

白い壁のすぐそばでWEB面接を行うのがおすすめです!

②ネット環境を整える

WEB面接を始める前に、ネットの接続に問題がないかを確認しましょう!

ネットの接続が悪いと映像が乱れたり、画面がフリーズしてしまいます。面接が始まってから映像が何度も途切れてしまうと、自分も面接官もストレスになってしまいます。

WEB面接をする時はWi-Fiの環境などをしっかりと確認して、万全なネット環境で面接を受けられるように準備をしましょう!

③SNSの通知はオフに!

LINEやInstagram、メールなどの通知は音が出ないように設定しておきましょう!

面接中に音が鳴ってしまうと、面接官にしっかりと聞こえてしまいます。対面の面接でマナーモードにすることが常識のように、WEB面接でもケータイはマナーモードに設定して、音ならないように気をつけましょう!

また、音はならなくても、WEB面接に使っているパソコンやタブレットにLINEの通知がくる場合もありますよね!

メッセージが表示されると自然と目線が通知の方に向いてしまうので、面接官に気づかれてしまう可能性があります!
音だけではなく、SNSの通知もオフにすることをおすすめします。

まとめ

今回はWEB面接を受ける際の注意点や、好印象をゲットするポイントなどをご紹介しました!

WEB面接では直接企業の人に会えない分、画面越しではハキハキと笑顔で話すことを心がけましょう!
声が小さく面接官に聞こえないと、「入社をしたい!」という熱意を伝えることはできません。
あとは、従来の面接と同じように対策をしましょう!

面接対策をしっかりと行い、今回ご紹介した注意点やポイントをもとにWEB面接の準備をすれば、バッチリです!
自信を持って、WEB面接に臨みましょう!

スカイプ面接についての記事も参考にしてみてください♪

【WEB面接対策】Skype面接のやり方や好印象を与えるポイント