就活をしていて避けて通れない「面接」!面接=就活と言っても過言ではないくらい面接は大事なものですよね!

しかし、面接は普段着ないスーツだったり、目上の人と話をすることになったり、会議室のような部屋で行われたり…。面接に慣れている人は少ないのではないでしょうか?

面接を怖いと感じてしまうのには何か理由があるはずです!面接を怖いと思ってしまう気持ちと克服する方法を紹介していきます!

面接を怖いと感じてしまう3つの理由!

面接を怖いと感じてしまう方は意外と多いです!しかし、面接は就活をする上で必要な試験ですよね。面接が怖いと感じてしまい、うまくいかないという方もいるのではないでしょうか?

面接が怖いと感じてしまうとネガティブな思考になってしまいます。ネガティブな思考は面接官にも伝わり、「暗い印象」になってしまうことも考えられます😢

面接官は学生の明るくて元気な部分を求めていることが多いです。そのため暗い印象のある学生は面接が通りにくくなってしまいます💦

面接を怖いと感じないようにしていると逆に怖さが倍増してしまうことも…。

面接を怖いと感じてしまう理由として3つ考えられます。

1.採用に関わっているから
面接を怖いと感じてしまうのは面接によって「採用・不採用」が決まってしまうからです。面接では直接、面接官に自分をアピールしなければならず、その内容が「採用・不採用」の判断材料になります。

そのため、プレッシャーから面接を怖いと感じてしまう人が多いようです。
アルバイトの面接とは違って、自分の人生がかかっていると感じてしまうのではないでしょうか?失敗が許されないという思いから面接を怖いと感じてしまうみたいですね!

2.面接に自信がないから
今まで「何社も面接を受けてきた」という学生は少ないのではないでしょうか?そのため面接に慣れていないことが多く、自信がなくなってしまうことも…!

また、面接に対してちゃんと準備ができていない場合、不安から面接に自信がなくなってしまいますよね💦
面接に自信がないのは「回数」と「事前準備」が理由です。

回数を増やすことは厳しいかもしれません。しかし、面接の事前準備はできます。なので面接にむけて不安な部分をなくすように準備していきましょう!

面接の準備についてはこちらの記事もぜひ参考に読んでみてください!

面接が苦手と感じる人必見!苦手意識をなくすための克服法

3.面接に何回も落ちてしまっているから
面接に何回も落ちてしまうと「次の面接も落ちるんじゃないか…。」「面接官は自分を落とそうとしているのではないか…。」と疑心暗鬼になってしまいます😢

しかし、それは能力が低いから面接に落ちているのではなく、面接官に自分をうまくアピールできていないため面接に落ちてしまっている可能性があります。

そのため、面接の対策を行うことで面接を突破することができます!こちらの記事を参考に面接対策を万全にしていきましょう!

【焦りは禁物!】面接で質問に答えられなかった時のNG行動や対処法とは?

これら3つの理由があるため面接を怖いと感じてしまうのではないでしょうか?面接を怖いと感じる理由を克服していきましょう!
そのために今からできることは何があるのでしょうか?

面接を怖いと感じないために今からできる4のこと!

面接を怖いと感じてしまうのにはいくつかの理由を含んでいる可能性が高いです。面接の怖さを克服するため、今から次の4つを実践していきましょう!

1.想定される質問の答えは先に準備しておく
面接では高確率で聞かれると予想される質問が多くあります。聞かれると予想される質問を考え、答えを先に準備しておきましょう!

「自己紹介」「学生時代に取り組んだこと」「学んだこと」「会社でやりたいこと」など自分が面接官だったらどんなことを学生に聞くか考えてみましょう

質問を前もって予想しておくことで、自分の答えを考えるきっかけになります。また自分のことを客観的にみることもできるので、自分のアピールポイントが新しくみつかるかもしれないですね!

2.面接をイメージトレーニングする
面接が怖いと感じてしまう理由として面接に慣れていないことが考えられます。しかし面接は同じ企業に対して何回も受けられるわけではありません…。

なので面接をイメージトレーニングしましょう!会場に着いてからどんなことを話して、どんなことを聞かれて、どのくらいの時間、面接を行うのか…。

面接をイメージトレーニングすることで事前に対策ができるので、不安や緊張が減っていくのではないでしょうか?

3.面接で答えられない質問がきても大丈夫と考える
面接官から予想していた質問を聞かれると答えることができますよね!しかし、答えを棒読みでスラスラと話していたら…。面接官は違和感を感じるのではないでしょうか?

質問の答えをある程度準備しておくのはもちろん大切ですが、面接官とコミュニケーションがとれなくなっては本末転倒です!

だからこそ予想していなかった質問がきて答えられないときは「申し訳ございません。勉強不足でした。これから学んでいきます。」と素直に伝えましょう

落ち着いて受け答えを行うことでマイナスの印象にはならず、プラスの印象につながるはずです!無言になってしまったり、嘘をつくのはよくないので、答えがわからないときはその旨を伝えましょう!

面接で嘘をつくとどうなる!?嘘をつかずに面接を突破する方法!

4.面接に対する考え方を変えてみる
面接を怖いと感じてしまう理由として、その会社に「採用されるか採用されないか」が関係しているからだと考えられます!

考え方を変えてみると働ける会社は一つしかありません。そのため、いくつもの会社の面接に受かる必要はないのです!

面接で落ちてしまっても「その会社にご縁がなかった。」「自分に合う会社にまだ出会えていないだけ。」と考えてみるのはどうでしょうか?

日本にはたくさんの会社があります。だからこそ面接でうまくいかなくても次に活かしていけるように冷静に面接結果を分析してみましょう!うまくいかなかった部分をみつけることで、面接への怖さも減っていくはずです♪

面接を怖いと感じるのは悪いことではない!

面接を怖いと感じるのは悪いことではありません。周りの学生も同じように怖いと感じるはずです。面接で緊張しないという学生のほうが珍しいでしょう!

選考過程や企業によってさまざまですが、1~3次面接の場合、時間は10分~15分に設定されているところが多いです。10分~15分と時間だけみてみると短く感じませんか?

面接の時間は案外短いものなのです!そのため緊張している時間も短い時間ですよね…。そう考えると緊張もだいぶなくなってきたのではないでしょうか?

面接を怖いと感じてしまうと、ストレスで普段の生活に悪影響が出てしまうことも…。そんなときは面接のことを一旦忘れて自分の好きなことでリフレッシュしましょう!

まとめ

私も学生のときに知らない人に自分を判断されることが苦手で面接にいくのがイヤになってしまった経験が…。

面接を怖いと感じるとは思いますが、生きている中でそんなに多く経験することではありません!だからこそ自分を知ることができる、いい機会と認識して面接を乗り切っていきましょう!

面接対策にこちらの記事もぜひ参考に読んでみてください!

面接官のチェックシートを徹底攻略!面接突破の秘訣はこれ