就活生の皆さん、こんにちは!

就活をしていれば、第一志望の企業でなくても内々定を貰えるとかなり嬉しいですよね!

しかし、まだ就活を続けているにも関わらず、企業によっては内々定を承諾するように迫ってくる場合があります。

そのような場面に出くわしても正しく対処できるように、内々定を保留にするにはどうすれば良いのかをまとめました!

どの内定を受けるかは皆さんの人生にも関わってくることなので、”保留”を上手く使ってみましょう!

内々定とは?

保留の方法を伝える前に、まず内々定とは何なのかをご説明します。

内々定とは、一言で「企業側からの採用予定通知」のことを言います。

なぜ”予定”なのかというと、日本経済団体連合会(経団連)が倫理憲章で「正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする。」と定めていることに関係があります。

参照元:採用選考に関する指針

https://bit.ly/34L5Ey6

経団連が10月1日以降にならないと内定を出してはいけないとしているため、企業は就活生に対し、それより前に内定を出すことはできないんです。

しかし、10月1日に合わせて採用活動を行うと、優秀な学生が他社に取られてしまう事態が起こってしまいます。

なので対応策として、10月1日よりも前に採用活動を行い、「選考を勝ち抜いた優秀な就活生に”内々定”を出して囲ってしまおう!」と、企業は考えたんですね。

内々定は、「10月1日になれば内定を出しますよ〜」と言っているようなものなので、わかりやすく言えばフライングで内定を出しているという感じです!

内々定を保留にするときの注意点

内々定を保留することはできますが、注意しなければいけないことがいくつかあります。

少し迷っているからと言って簡単に保留の連絡をする前に、一度注意点を確認しておきましょう。

内々定を取り消されるリスクがある

一番注意しなければならないのが、保留をすることによって内々定を取り消されてしまうリスクです。

「内々定って取り消されるの!?」と驚いた方がいるかもしれません。

内々定は内定とは違い、企業にも法的拘束力がないため、企業から内々定を取り消すことも可能なのです。

なので企業の内々定を保留している間に他の学生に内々定が出たりすると、あなたの内々定が取り消されてしまうかも…。

とは言っても、内々定の取り消しは企業の印象が悪くなるので滅多にありません。

「やっぱり不安だ!」という人は、迷っているとしても内々定を承諾してしまったほうがいいでしょう。

内々定は承諾したとしても辞退することは可能なので、承諾してからじっくり考えてみてください!

内々定の承諾を考えている人は、こちらの記事をご覧ください!

【例文付き】内々定承諾書って知ってる?正しい提出マナーと辞退方法!

企業からの印象が悪くなる

保留をすることで、企業からの印象が悪くなるのも注意が必要です。

内々定を貰った企業が第一志望であれば、迷わず内々定を承諾する人がほとんどだと思います。

反対に、保留をするということは「もしかして弊社は第一志望ではないのかもしれない…」と思われてもおかしくないわけです。

実際、告白してすぐにOKの返事をくれる人と、ちょっと待ってと返事をずるずる先延ばしにする人だと、印象的にはすぐにOKしてくれた人のほうがいいですよね!

なので志望度が低い就活生だと思われたくないのであれば、保留の理由をよく考えておくか、思いきって承諾するなど慎重に判断しましょう。

保留を承諾してくれるとは限らない

中には内々定を保留することを許可してくれない企業が存在します。

もし保留が断られてしまった場合は、承諾か辞退のどちらかの返事をなるべく早くするようにしましょう。

内定承諾後の辞退は可能?内定承諾書取り消しのマナー

企業によって期限が定められていることがありますが、遅くても1週間以内には返事をするようにしてください!

もちろん、就活生を尊重して保留を快諾してくれる企業もありますが、実際に話をしてみないとわかりません…。

ただ、保留を快諾してくれる企業はホワイトの可能性が高いです!

もし内定を受ける会社を決め切れていないのであれば、このときの企業の反応が就職先を決める1つの指標になるかもしれませんね。

【例文】保留理由の伝え方

内々定を保留にしたい場合、どのように理由を伝えれば良いか悩みますよね。

そのような人のために、内々定を保留するときの理由を考えてみました!

こちらは電話用の例文となっていますので、理由の前後の例文もぜひ参考にしてみてください!

《理由1:他社の選考が終わっていない》

お世話になっております。キャリ・ティブ子です。

この度は、内々定のご連絡をいただき誠にありがとうございました。

御社から高くご評価いただけたこと、大変嬉しく思っています。

入社のお返事に関してなのですが、◯日まで猶予をいただくことは可能でしょうか。

実は選考結果がまだ届いていない会社があり、そちらの選考結果は◯日に届く予定となっています。

全ての選考結果を確認したのち、慎重に判断し、納得した上で入社したいと考えております。

内々定をいただいたにも関わらず、誠に勝手ですが、ご理解いただけると幸いです。

《理由2:どの内々定を受けるか迷っている》

お世話になっております。

先日、御社で最終面接をして頂きました◯◯大学のキャリ・ティブ子と申します。

この度は、大勢の候補者の中から私に内々定をご提示いただき、誠にありがとうございました。

誠に心苦しいのですが、本日はその内々定への回答を保留する期間をいただきたく、ご連絡差し上げました。

他にも内々定をいただいた企業があり、私自身がどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、慎重に判断をしてお返事させていただきたいと考えております。

あと1週間だけお返事までの猶予をいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

《理由3:親の了承を得たい》

お世話になっております。◯◯大学のキャリ・ティブ子と申します。

先日は内々定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。

高い評価を御社からいただくことができ、とても感謝しております。

いますぐにでもお返事させていただきたいのですが、両親が詳細な話を聞きたいと申しております。

できれば両親にも納得してもらった上で御社にお世話になりたいと思いますので、一度帰省して状況を報告したのち、正式に御社へお返事させていただけないでしょうか。

つきましては、内々定のお返事を◯日後の◯月◯日まで待っていただいてもよろしいでしょうか。

誠に勝手ではございますが、ご理解いただけると幸いです。

保留の期限は自分から伝えるのがマナーです!

保留が承諾されたらお礼のメールを送ろう!

実は、内々定の保留は企業にそれなりの迷惑をかけています!

それでも快く内々定の保留を受け入れてくれた企業には、感謝の気持ちを文字に起こして伝えるのがマナーだと私は考えています。

なので皆さんも、内々定の保留を承諾してくれた企業にはメールでも構わないのでお礼の言葉を伝えましょう!

《例文:保留のお礼を伝える》

件名:内々定保留のお礼(◯◯大学 キャリ・ティブ子)

本文:

株式会社◯◯

◯◯部

△△様

お世話になっております。

先ほど内々定の保留に関してのご連絡をいたしました、◯◯大学のキャリ・ティブ子と申します。

改めまして、大勢の候補者の中から内々定をご提示くださり誠にありがとうございます。

この度は私の身勝手な都合にも関わらず、内々定の保留を快く承諾してくださったことに心より感謝しています。

先ほどのお電話でお伝えしたとおり、◯月◯日までにお返事をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

=====================

名前:キャリ・ティブ子

住所:北海道札幌市中央区〇〇

TEL:090-1234-5678

Email:◯◯@△△.jp

=====================

まとめ

どの企業に就職するかは、今後の人生を大きく左右します。

就活生には就職先を選ぶ権利があるので、内々定を保留するのは決して悪いことではありません!

礼儀正しくお願いすればわかってくれる企業は多くあるため、どうしても就職先に迷ったときは”保留”の手段を使ってみてくださいね。