就活生の皆さん、こんにちは!

今年も9月に差し掛かり、就活もあと一息ですね!

10月には多くの企業から正式な”内定”が出されると思いますが、現時点では”内々定”を貰っている人が多いと思います。

このような”内々定”が企業から出されたとき、「内々定承諾書」というものを書くように求められることが良くあるんです。

内定承諾書とはまた別の「内々定承諾書」が一体何なのか、今回はご紹介していきたいと思います!

内々定承諾書とは

内々定承諾書とは、内々定を出した企業に対し入社する意思を伝えるために提出するものです。

つまり、「正式に内定が出されたときは承諾しますよ〜」という意思表示になるんです!

その企業に入社する意思が堅い場合、内々定承諾書を早く提出すればするほど入社意欲をアピールすることができます。

良く似ている”内定承諾書”との違いとして、内々定承諾書は法的な拘束力がないため、企業に提出したあとでも就活を続けることができます。

ただ、内々定承諾書の中には

『承諾書の提出後は、正当な理由なく、入社を拒否いたしません。』

というような言葉が書かれていることがあり、これを学生に約束させようとしてくる企業も存在します。

提出を求められたときに、「提出をしたら就活を終えないといけないのかな…」と悩んでしまう学生がいますが、第一志望の企業の選考が残っていたりすると、ここで就活を辞めるわけにはいきませんよね。

実際このような言葉が書かれていても、先ほど言ったとおり法的拘束力はないので就活しても問題はありませんが、正直不安になってしまいますよね…。

そのような状況を回避するためにも、他の企業と迷っていることや就活を続けたいという思いを担当者に相談してみるといいでしょう。

内々定承諾書が届いたらやること3選

「内々定承諾書が届いたけど、何をすればいいのかわからない!」という人のために、企業から内々定承諾書が届いたらやるべきことをご紹介していきたいと思います!

企業にお礼メールを送る

内々定承諾書が届いて、まずするべきことは企業にお礼のメールを送ることです。

「電話の方が誠意を見せられるのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、採用担当者が忙しい場合は迷惑をかけてしまう可能性があります。

なので電話よりもメールでお礼を伝えるのが無難です!

どのようにお礼のメールを書けばいいか迷っている…という方は、こちらの記事をお読みください!

【例文付き】内々定と内定の違いとは?内々定を貰ったらするべきこと

内々定承諾書を提出する

企業への入社意欲が高いのであれば、内々定承諾書を早めに提出しましょう。

内々定承諾書には提出期限が定められていることもあるので、期限がいつまでかを確認し、余裕を持って企業に送るようにしてください!

もし、提出期限が過ぎてしまったら最悪の場合、内々定が取り消しになる可能性があります。

これから社会人として働く上で、提出物の期限を守るのは最低限のマナーなので、ここは意識しておくべきポイントです。

内々定の辞退の連絡をする

第一志望の企業から内定を貰っているなどの理由から、内々定を辞退する決意を固めている人は、その旨を企業に伝える必要があります。

内々定を辞退するときには、企業に大きな迷惑をかけて申し訳ない気持ちを込めて、電話で連絡するようにしてください!

「言いづらいのでメールだけで済ましたい…」と考える人もいるかもしれませんが、企業はあなたに内定を出すために、多くの労力と時間を割いています。

ここは勇気を出して電話で誠意を見せましょう!また、辞退の連絡をするのが怖くて後回しにしている人もいると思います。

辞退の連絡が遅れてしまうと、その分企業にかかる迷惑もどんどん大きくなってしまうため、早めに連絡をしてしまいましょう。

【例文】内々定承諾書の提出の仕方

内々定が通知され、いざ内々定承諾書を企業に送るとき、どのように送ればいいのか悩みますよね。

そんな人のために、内々定承諾書の提出の仕方を【メールで送る場合】【郵便で送る場合】に分けてご紹介します!

【メールで送る場合】

件名内々定承諾書を送付いたします(◯◯大学 氏名)

本文

株式会社△△

人事部

◯◯様

お世話になっております。

◯◯大学・◯◯学部・◯◯学科のキャリ・ティブ子(氏名)です。

先日は、内々定の承諾書をご案内いただきありがとうございました。

こちらに必要書類を添付し、ご返信させていただきます。

お忙しいところお手数をおかけいたしますが、内容のご確認をよろしくお願いいたします。

~~返信書類内容~~

・◯△◯△

・◯△◯△

・◯△◯△

御社で少しでも早く戦力となるよう日々精進してまいりますので、何卒、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

=================================

氏名:キャリ・ティブ子

大学名:◯◯大学・◯◯学部・◯◯学科

住所:北海道◯◯市◯◯町◯◯

TEL:090-1234-5678

Email:◯◯@△△.jp

=================================

【郵便で送る場合】

まずは、内々定承諾書を入れる封筒の書き方をご紹介します!

こちらは表面の例です↓

封筒を自分で用意しなければいけない場合は、白い封筒と黒いボールペンを用いて、縦書きに必要事項を書きましょう!

また、切手は料金のミスがないよう、郵便局で重さを測ってもらってから切手を貼るのがオススメです!

続いて、裏面の例を見ていきましょう↓

裏面のポイントとして、封を閉じるときはテープではなくのりを使うようにしましょう。のり付けしたあとに、封字の「〆」を書けばOKです!

そして、肝心な内々定承諾書を送る書式の例文はこちらです↓

令和二年◯月◯日

株式会社△△

人事部

⬜︎⬜︎ ⬜︎⬜︎様

◯◯大学・◯◯学部・◯◯学科

氏名

携帯番号:090-1234-5678

メール:◯◯@△△.jp

内々定承諾書送付の件

 

拝啓

 

時下、益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。

この度は、内々定の通知をいただきまして、誠にありがとうございます。

つきましては、内々定承諾書を送付いたします。

第一志望であった貴社から内々定をいただくことができ、貴社の一員として働ける日を心待ちにしております。

お忙しい中、お手数をおかけしますが内容のご確認をよろしくお願いいたします。

 

敬具

 

・内々定承諾書 1通

 

以上

企業からの内々定を辞退する場合

企業からもらった内々定を辞退したいと思っていても、どう伝えれば誠意が伝わるか悩んでいる人もいるかと思います。

なので、企業に辞退の連絡をするための電話・メールの例文をご用意しました!ぜひ参考にしてくださいね。

【例文:電話で辞退を伝える】

就活生:わたくし、◯◯大学◯◯学部◯◯学科のキャリ・ティブ子と申します。お忙しいところ恐縮ですが、人事課の△△様をお願いできますか?

担当者:お電話代わりました。

就活生:お世話になっております。◯◯大学◯◯学部◯◯学科のキャリ・ティブ子です。ただいまお時間よろしいでしょうか?

担当者:ええ、大丈夫です。

就活生:先日は内々定のご連絡をいただき、心より感謝しております。内々定をいただきながら身勝手なお願いで誠に申し訳ないのですが、本日は御社の内々定を辞退させていただきたくご連絡いたしました。

担当者:それは残念です…。よろしければ理由を教えていただけますか?

就活生:御社から内々定をいただき、一度は御社で働くことを決めました。しかし、その後慎重に検討し、とても悩みましたが、地元で働き北海道の発展に貢献したいと思いが強く、地元企業での就職を目指すと決めました。よって内々定を辞退させていただきたく存じます。

担当者:そうなんですね。残念ですがわかりました。

就活生:本来ならば直接御社に伺うべきところですが、お電話での連絡となり申し訳ございません。お忙しい中ご対応してくださり、ありがとうございました。

担当者:いえ、結構ですよ。別の企業でも応援しています。

就活生:ありがとうございます。貴重なお時間を割いていただきながら、このような結果となり大変ご迷惑おかけしました。それでは、失礼いたします。

内々定辞退の連絡を電話でしたあと、「口頭だけじゃ心配…」という人は、電話後に使えるメールの例文も参考にしてみてください!

【例文:電話後に使えるメール】

件名:内々定辞退のご連絡(◯◯大学◯◯学部 キャリ・ティブ子)

株式会社△△

人事部

◯◯様

お世話になっております。

◯◯大学◯◯学部のキャリ・ティブ子です。

この度は内々定のご連絡をいただきまして、ありがとうございました。

お電話にてお話しさせていただきましたが、誠に勝手ながら内定を辞退させていただくことにいたしました。

採用ご担当の皆様に大変お世話になったにもかかわらず、このような結果になり大変申し訳ございません。

◯◯様に選考中温かいお言葉をかけていただいたおかげで、最後まで就活を頑張ることができました。

本当にありがとうございました。

末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

=================================

氏名:キャリ・ティブ子

大学名:◯◯大学・◯◯学部・◯◯学科

住所:北海道◯◯市◯◯町◯◯

TEL:090-1234-5678

Email:◯◯@△△.jp

=================================

まとめ

内々定を貰えるのはとても喜ばしいことですよね!

しかし、内々定を貰った瞬間から就活が全て終わるわけではなく、必要な書類などの提出を怠らないようにしましょう。皆さんが社会人としてご活躍される日を楽しみにしています♪