企業から内々定をもらったけど、
「第一志望の企業から内々定をもらったから他の企業を辞退したい」と思っていたり、「なんとなくの気持ちで受けた企業から内々定をもらって辞退をしたい」と思っていませんか?

内々定は「10月に内定を出す」という企業からの口約束みたいなもので、内定とは違い「正式な労働契約を結んでいない」ため、気兼ねなく辞退することが可能です。

辞退方法はメールよりも誠意を見せることができる、「電話」がおすすめ。

今回は、内々定を辞退するときのマナー・連絡方法を合わせてご紹介します。

内々定を辞退するときのマナー

内々定を辞退したからといって、完全に企業との縁がなくなるわけではありません。

就職してからも、その辞退した企業と関わることがあるかもしれないため、マナーを守った対応を心がけましょう。

それでは、内々定を辞退するときのマナーを紹介します。

1.辞退を決めたらすぐに連絡をする

内々定を辞退したくても、なかなか「すぐに辞退することができない」という人も多いのではないでしょうか?

「辞退したら企業からなにか言われ、怒られるのではないか」と思ったり、まだ内々定を1企業からしかもらっていなく、辞退したところで他の選考がうまくいかず、就職浪人するのも嫌ですよね。

内々定は10月までの間で採用予定の志望者に「10月に内定を出す」という口約束のようなもので、正式な労働契約が発生しません。

そのため、気兼ねなく辞退することが可能ですが、辞退を決めたら早めに連絡をしましょう。

それに対して、内定は企業が10月1日以降に内定を出したタイミングで正式な労働契約が発生します。どちらにせよ、辞退を決めたら早めに連絡をしましょう。

ちなみに内定は、10月1日以降でなければ出すことが出来ません。10月1日以前までは「内々定」という形で通知されます。

なぜ、10月1日以降でなければ内定を出すことが出来ないかというと、経団連(日本経済団体連合会)という日本の経済を支えている団体が、「正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする」と定めているからです。

もしも、内定が出て内定承諾書を提出してから辞退したくなっても、承諾書には法的な効力がないため、辞退することは可能です。

ですが、内定が出てからや、内定が出る10月ギリギリに辞退するのは、企業に迷惑をかけてしまうので出来るだけ内々定をもらっている間に辞退しましょう。

2.メールより電話で連絡する

基本的に内々定の辞退は電話でしましょう。電話での連絡であれば、メールよりも誠意や謝罪の気持ちを伝えることが出来ます。

たとえば、彼氏に浮気をされたときに直接会って謝罪をしてくれたら、一番誠意が伝わりませんか?

ですが、遠距離だったり「もう顔を見たくない!」なんてこともあると思います。

その場合、メールよりも電話で謝罪してくれた方が、相手の感情を読み取ることが出来るので誠意が伝わってきませんか?

誠意が伝われば、「1回の浮気だしもう1回信じてみよう。」と思うこともありますよね。

電話での連絡で「怒られたり、責められたり、引き止められる」のではないかと不安になることがあるかと思いますが、大体の企業は「辞退されるのは仕方がないこと」と理解してくれます。

もしも、そのような威圧的な企業に就職したところで後悔することになりますし、長く続かないと思います。

内定の辞退連絡をするときは、謝罪の気持ちとこれまで選考に時間をさいてくれたことへの感謝の気持ちを電話で伝えましょう。

〈電話をするときは企業の営業時間内に連絡をする〉

例)営業時間が9時から18時までの企業の場合

10時~12時、13時から17時の間にかけるのがベストです。

・9時~10時→朝礼や会議をしている可能性があるため
・10時~12時 
・12時~13時→お昼休憩を取っている可能性があるため
・13時~17時 
・17時~18時→終礼や仕事の仕上げで忙しい可能性があるため

3.辞退の理由はなるべく正直に伝える

辞退連絡では、内々定を辞退するということを述べるだけで問題はありませんが、企業側が今後の採用活動に活かすために理由を求めてくる場合があります。

理由を求められた場合は、ネガティブな理由は避けてなるべく正直に話しましょう。嘘や言い訳をするよりは、正直に伝えたほうが企業も納得しやすいです。

たとえば、NGな辞退理由としては「ネット上で会社の評判が悪かった。」というネガティブな理由や「母親の介護をしなければならなくなった。」という嘘の理由です。

企業に辞退理由を伝えるときは、
「御社と並行して受けていた企業から内定を頂き、そちらの企業に入社することを決めた」
「御社と並行して受けていた地元の企業から内定を頂き、地元で働きたいという想いがあり、そちらの企業に入社することを決めた」などといった理由で伝えましょう。

内々定の辞退理由~パターン別例文~

他社から内定をもらった

志望度の高い他社から内定をもらい、辞退したいという理由であれば企業も納得しやすいです。別の企業の方が志望度が高かったとは言わず、悩んで考えた結果辞退することを決めたと伝えましょう。

~例文~

「別の企業から内定をいただき、今後を左右することなのでとても悩みましたが、自分の適性をよく考えた結果、そちらの企業に入社する意思を固めました。」

希望している職種が変わった

滅多にないですが、とても融通のきく企業の場合、辞退したい企業に同じ職種があったら、「それなら◯◯職で内定を出すからうちに入社しなよ」と言われる可能性があります。

職種の違いで辞退する場合は、辞退したい会社にない職種を理由に辞退することをおすすめします。

~例文~

「御社と並行して選考が進んでいた企業より、そちらの企業に入社することにしました。」
「御社からは◯◯職で内定を頂いていましたが、並行して受けていた企業から営業職で内定を頂きました。
選考を受ける中で営業職の魅力を知り、一度は◯◯職として働くことを決めましたが、やはり営業職として働きたい思いが強く、そちらの企業に入社することにしました。」

志望業界が変わったことを理由にする場合

「志望業界が変わった」という理由は、「職種が変わった」という理由よりも理解しやすく、引き止められることも少ない理由です。

就活生であれば、業界の知識が少ないから心変わりしやすいと納得してくれることが多いです。

~例文~

「御社から内定をいただいた後、◯◯業界の企業から内定をいただきました。
私は△△業界に多少の興味を抱いていたのですが、選考が進むに連れ、徐々に◯◯業界の魅力を知り、◯◯業界に携わりたいという思いが強くなりました。」

「御社から内定をいただきましたが、就活を進める中で◯◯業界で働くことを希望することに至りました。
選考を受ける中で△△業界の魅力を知り、一度は△△業界で働くことを決めましたが、やはり◯◯業界で働きたいという思いが強く、そちらの企業で働くことにしました。」

内定をもらった企業が適性ではなかった

企業は就活生がどのくらい会社に貢献してくれるのかを期待しています。

たとえば、体育大会ででバスケが苦手な人が選手として出ていたら、はっきり言って足手まといだと思うのではないでしょうか?

苦手と感じていたり、合わないと思った人を無理に入社させたいとは思わないと思います。適性を理由に辞退を決めたと伝えると、企業も引き止めることは少なからずないでしょう。

~例文~

「御社から内定をいただき、一度は御社に入社することを決めました。
しかし、慎重に検討した結果、とても悩みましたが私の適性では御社で働くのが難しいのではないかという結論に至りました。」

内々定を辞退するときはマナーを守って早めに連絡しよう

内々定は正式な労働契約が発生していないため、口約束のようなもの。

10月が過ぎ、内定が出てしまうと正式に労働契約が発生してしまうため、なるべく早めに辞退する連絡をしましょう。

社会に出てからも、内々定をくれた企業とはどこかで縁があるかもしれません。

適当に連絡を済ませたり、連絡をせずにフェードアウトをするのは絶対にしないようにしましょう。