一次・二次面接は慣れてきたという人も最終面接は企業の社長や役員が面接官をしていることが多いので独特な雰囲気で緊張しますよね。 緊張から最終面接で面白い質問をされたときに、どのように反応したらいいのかわからなくて困ってしまった…という経験はありませんか?

私が就活をしていたときに最終面接で予想していなかった質問をされたことを思い出します…。そのときの最終面接は今でも覚えています…笑

私は面接官から「昨日どこに行って何をしていましたか?」と聞かれました…。そのとき私は「図書館に行って本を読んでいました。」とありきたりなことを言い、後悔したことを思い出します。

最終面接で面白い質問されたときにどのように答えればいいのでしょうか?その質問に込められた意図とは…!

最終面接で面白い質問をする意図とは?

最終面接で面白い質問をする意図は何があるのでしょうか?それは「対応力」「柔軟性」「志向性」の3つをみるためなんです!

・対応力

最終面接で面接官は学生が予想していない質問をしたときに、どんな反応をしてなんと答えるのかをみています。

社会人になって仕事をすると予想していなかった問題が起こります。そのとき、臨機応変に対応し問題の解決をしないといけません。

また仕事で起こる問題は解決策がすぐに見つからないものもあります。解決策がみつからない中で「どのように問題に対して向き合っていけるのか」という考え方も面接官はみています!

面接官はどんな意図で面白い質問をしているのか理解しておくと、答えやすいかもしれませんね。  

・柔軟性

面接官から予想していた質問がきた場合はすぐに答えることができますよね?でも最終面接では予想していなかった面白い質問をされることが結構あります!

面白い質問をされた時に質問の内容を柔軟に考えることができると、面接官は「多くの視点から物事を考えられる学生」と評価することができます!

面白い質問をされたときにどのように答えたら自分をアピールできるのかを柔軟に考えていける学生は「社会人になったら色々な場面で活躍してくれそう!」と面接官は感じてくれるはずです♬

・志向性

最終面接は普段の面接よりも緊張していると思います。その中で予想していなかった質問がきたら焦ってしまいますよね?

私も最終面接で話したことを何ひとつ覚えていないくらい緊張していたことを思い出します…。

面白い質問をされると答えはすぐに浮かばないため焦ってしまうと思います。その焦ったときに学生は「素」の部分が出ることが多いです。

面接官は素の部分を最終面接でみたいのですが、最終面接ではつくろっていたり、緊張していることが多いので、ありきたりの質問では学生の素の部分をみることができないことが多いのです…。

  なので面白い質問をすることで学生の素の部分を引き出し、物事に対する思考回路を確かめていると考えられます!

面接官は学生の志向性を知ることで人柄や価値観を知ることできます。志向性から会社に合う人材なのかを判断することができます。

近年は新卒の3年以内の離職率が高まっているといわれています。そのため面接官は学生の志向性がわかる質問をします。学生の志向性がわかることで会社と学生のミスマッチをなくしたいと考えているからです♬   面白い質問をすることに必ず意図があります。質問の内容によって意図は変わってくるようです。

面白い質問をされるということは「就活生の色々な考え方をみているんだろうな~。」と考えて自分の会社に対する思いを答えに込めていきましょう! 学生は実際にどんな面白い質問をされたことがあるのでしょうか?

最終面接で実際にされた面白い質問集7選!

最終面接で実際にされた面白い質問を集めました!楽しみながら読んでいってみてください~! 1.最近読んだ本で面白くないと思った本のタイトルと理由を教えてください。 面白い質問というよりも難しい質問のように感じますね汗 普段から本を読んでいる学生なのか、読んだ本に対して自分の考え方を持っているのかという面をみていると思います!

また面白かった本や好きな本を聞く質問はあると思われますが、この質問ではマイナスの「面白くなかった本」の理由を聞いています。 本は学生の志向性が出るので「志向性」と「柔軟性」をこの面白い質問からみていると思います!   2.友だちの定義を教えてください。 この面白い質問からは「友だち」をどのように捉えているのかわかります!会社に入るとたくさんの人と関わることになるので、人間関係の志向性をみることは大事です。 そのためどんな人間関係をつくってきたのかこの質問から確かめています!

3.自分は周りからどんな風に見られていますか? この質問からは志向性がわかります!自分のことを客観的にみるとこの質問に答えられるので日頃から多くの物事に対して考えるクセがあるのかもみられていますね!

4.何か面白い話をしてください。 この質問から学生の対応力をみています。臨機応変に対応することができ、すぐに面白い話をすることができるのかを確かめています! 鉄板のすべらない話を用意しておくといいかもしれないですね!   5.いま一番欲しいものを教えてください。 この質問から学生の柔軟性をみています。欲しいものをそのまま答えるのではなく、欲しいと思う理由を入れて答えないといけません! その理由から対応力と志向性をみることができますね!

例えば「私の欲しいものはパンプスです。就活をしている中で履きやすい靴を持っておきたいと感じました。靴はみられていないと思われがちですが、意外とみられていることを知ったので良いものを身につけたいと考えています。」 このように欲しいものと理由を明確に話せるようにしましょう!

6.遅刻したときの理由をできるだけ多く答えてください。 この質問から対応力と柔軟性をみることできますね!遅刻に対してどのように対応していくのか、遅刻の理由を柔軟に考えることができるのか。できるだけ多くというのがポイントですね!

7.生まれ変わったらまた自分になりたいですか?それとも別の人になりたいですか? この質問から志向性をみることができますね!自分という人間をどう理解しているのか、他の人のことを客観的にみれているか、この質問からわかります!

ここまで実際にされた面白い質問をまとめました!もし自分が面白い質問をされたときに答えが全然浮かばない…。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

面白い質問の答えが浮かばない!?そんなときはどうする?

最終面接はいつもより緊張している人が多いと思います。そのときに面白い質問をされたら…?頭が真っ白になってしまう人もいますよね💦

答えがまだ明確ではないのに理由から答えてしまうと、面接官から「論理的に答えることができない学生」と思われてしまいます。最終面接でそんな風に思われてしまうのは本当にもったいないです。

他にも答えが浮かばなくて無言になってしまうと面接官からの評価は下がってしまうことが多いようです。なので答えられない場合は正直に「少し考えてもよろしいでしょうか。」と伝えてみましょう!

面白い質問に正解はありません!なので自分の考えを柔軟に伝えることができる機会と捉えて答えましょう!

まとめ

 最終面接で面白い質問がきたら「自分をアピールするぞ!」と考えてみたら面白い質問も楽しくなりませんか?☆

面接官も面白い答えを待っているかもしれません!笑 楽しむことを意識すると面白い質問がきたときに焦ることなく答えることができると思います! 最終面接に向けてこちらの記事もぜひ読んでみてください!

最終面接で効果的な逆質問とは!?~逆質問10選つき~