最近ではWEB面接が増えてきていますよね!私はWEB面接を一度受けたことがあります!普段、友だちとオンラインで話したりしていたので「そんなに準備しなくても、大丈夫でしょ~~!」と思っていたら、結構緊張してうまく話せず…。

「対面の面接だったらまた違ったのかな…?」と後悔してしまった経験があります。WEB面接はまだまだ導入している企業は少ないかもしれません!しかしこれからWEB面接を実施する企業が増えてくると思われます!

そこで今回はWEB面接の自己紹介や注意点について紹介していきます♬

WEB面接とは?

WEB面接をやったことがない人もいるのではないでしょうか?実際WEB面接が前よりも増えてきています。しかしまだまだ対面の面接が主流ですよね…。そのため「WEB面接とは?」と考える人もいると思われます。

初めにWEB面接について説明していきたいと思います! WEB面接とは「オンライン通話サービスを使って、ビデオチャットで行う面接」のことです。オンライン面接と呼ばれることもあります。WEB面接とオンライン面接は同じような意味ですね!

WEB面接は無料のツール「Skype」や「Zoom」を使う企業が多いです。企業によって異なるので指定された場合は前もってダウンロードしておきましょう!無料なので安心してください!

WEB面接はビデオチャットでオンライン上で行われる面接とわかりましたよね!実際、WEB面接でどのような点に注意していったらいいのでしょうか?

WEB面接ではここに注意しよう!

WEB面接でスムーズに面接を行うために前もってできる限りの準備はしておきたいですよね…。どのような準備をして何に気をつければいいのでしょうか?

場所

インターネットが使える環境であればWEB面接はできると思います!WEB面接といっても相手は面接官ですし、目上の方と話をすることに変わりはありません。

だからこそ「周りが静かな場所」「明るい場所」「インターネット回線が強い場所」を選びましょう! 「周りが静かな場所」を選ぶ理由は最近の電化製品の性能がすごくいいので、マイクが意外と周りの音を拾ってしまうからです。

そのため周りが騒がしい場所だと面接官が話を聞き取れなかったり、話に集中することができないということも考えられます。 なので周りが静かな場所でWEB面接を受けるようにしましょう!

「明るい場所」にする理由として「画面上での印象をよくするため」です。対面の面接のときに「前髪は目にかからないようにする」「髪の毛が肩にかかる長さの場合は結ぶ」など学生は「清潔感」を意識していましたよね?

WEB面接でも清潔感を意識することは大事です。暗い場所では表情が見えにくいので、明るい表情で話をしていても周りが暗いと暗いイメージが先行してしまいます…。

WEB面接=明るい場所で受けるという意識でいきましょう! 「インターネット回線が強い場所」にする理由として回線が弱いとWEB面接中に話が途切れてしまうことが考えられます。一番最悪なのは回線が切れてWEB面接が途中で終わってしまうことです。

ちなみに自分の部屋で行う場合は背景が映ることも考えられます。そのときは「白壁」がオススメです。また電気もオレンジ色ぽいものではなく白色にしましょう!肌が明るく見えるので、昼間でも電気をつけてWEB面接に挑みましょう!!

服装

特に指定されていない場合もあると思います。けれど「なんでもいい」というわけではありません。WEB面接といっても面接であることに変わりないので基本的にはスーツを着るようにしましょう!

「全身が見えないから~」と思って上だけスーツを着ている人もいるかもしれません…。しかし宅配便がきたり、急にトイレに行きたくなったり…。WEB面接のときに予想外の場面で立ち上がるときも考えられますよね。

そのときにスーツ以外のモノを着ていたら、面接官に「準備ができていない学生」と思われてしまいます。悪い印象のままWEB面接を受けることになってしまいます汗

WEB面接のときに何が起こるのかわかりません!だからこそ服装も普段の面接と同じように準備しておきましょう!

前もって「スーツは着なくてもいいよ!」と言われる場合もあると思います。そのときは「白いブラウス」がオススメです✨

白いブラウスはWEB面接のときに顔を明るく見せてくれる効果があります。顔が明るくなると表情も明るく見えるので白い服を着てWEB面接に臨んでみましょう!

会話

対面の面接では同時に話してしまい、言葉がかぶってしまうことは少ないと思います。しかしWEB面接ではタイムラグが起こってしまう可能性があります。

そのため同時に話し始めてしまうことも考えられます。ひと呼吸おいて、画面上でも伝わるように普段よりもゆっくり、ハッキリ話すようにしましょう!

目線に関しても対面の面接では面接官の目を見て会話すると思います♬WEB面接では画面を見てしまいがちになってしまうと「下を向いている」と面接官に思われてしまうので「カメラ」を見るように意識しましょう!

最初は慣れていないので画面を見てしまうと思うんですよね。慣れるとカメラを意識することができると思うので、友だちとオンラインで話すときにこっそり練習してみてはどうでしょうか?✨

WEB面接では始まる前に場所・服装・会話に気をつけて準備しましょう!ではWEB面接の自己紹介はどのように行えばいいのでしょうか?

WEB面接の自己紹介3つのポイント!

WEB面接と対面の面接に何か違いはあるのでしょうか?「自己紹介」という点では同じなので別の自己紹介をWEB面接用に準備しないといけないということはありません。 WEB面接の自己紹介を始める前に気をつけることは3点あります♬

自己紹介を話す前にマイクの音量を確かめる

WEB面接の自己紹介の前に自分の声の大きさが適切であるか確かめてみましょう!面接官や自分のインターネット環境、パソコンの機種によって適切な音の大きさが変わってきます。

なのでWEB面接を始める前にマイクのテストをしてみましょう!自己紹介は次のようにはじめてみましょう! 例文1 「はじめまして。声の大きさはちょうどいいでしょうか?(声の音量がOKだったら)○○大学○○学部~と名乗るといいと思います。」 例文2 「声は聞こえますでしょうか?(声の音量がOKだったら)改めて自己紹介させていただきます。○○大学○○学部~と名乗るといいと思います。」

WEB面接ではこのように声が聞こえているかの確認が自己紹介の前に必要になります!声が届いていなかったのにも関わらず、話を進めると面接官も困ってしまいます。なので声が届いているのか確認は必ず行いましょう!

自己紹介のときは短くわかりやすく!

WEB面接では長く話をすると、最初に話したことを忘れてしまう可能性があります。対面の面接のときは長く話をしても理解してくれると思います。

しかしWEB面接はまだまだ慣れていない面接官も多いです。面接官の言葉を理解し、短い言葉で的確にまとめて伝えることが必要になります♬

例文 学生「○○大学○○学部○○学科4年○○○○です。本日はよろしくお願いいたします。」

面接官「株式会社○○人事部○○○○です。本日はよろしくお願いします。早速なのですが、大学時代にどんなことを学ばれていたのですか?」

学生「主に教育心理学について学んでおりました。様々な人に対して心理学を応用できることを知り、卒業論文は[○○○○○○○○○○について]というテーマで日々論文を書いています。」

面接官「教育心理学ですか~。教育心理学に興味を持ったきっかけは何かありますか?」

と言った形でWEB面接の自己紹介は「短い言葉で的確にまとめて伝える」ことを意識しましょう!

面接官が話をしているときは反応する

面接官が話をしているときは反応しましょう!WEB面接は対面の面接とは異なり、反応が画面上では伝わりにくいです。なのでカメラを見て大きくうなずくように意識したり、顔は画面に近づき表情が見やすいようにしましょう!

WEB面接で話をしているときに反応が全然ないと話をしているほうは結構辛いです…。私もWEB面接のときに面接官の反応が薄くてすごく緊張したことを思い出します。

なので対面の面接よりも「オーバーかな?」と思うくらい反応するようしましょう!そうすることで画面から思いが伝わると思います☆

まとめ

WEB面接はこれから実施する企業がどんどん増えていくはずです!いざWEB面接をするときに慌てないように万全の準備でWEB面接に臨みましょう!

WEB面接をうまく活用し時間を有効に使って就活を頑張っていきましょう!