「面接に腕時計って必要なのかな~?」と考えている方も多いと思います!私も就活のときに買いました!デザインとか考えずに買ったので「これでよかったのかな…」と後悔して不安になったことを思い出します💦

面接にふさわしい腕時計や面接では好ましくない腕時計はあるのでしょうか?

面接に腕時計は必要?

そもそも面接で腕時計は必要なのでしょうか?現代では携帯電話やスマートフォンで時間をみることが多いため「腕時計を持っていない」という方もいると思います。

面接会場には早く着きすぎても、ギリギリに着いてもよくないです💦そのため、時間を見ながら面接会場に向かうと思います。 腕時計がないと携帯電話を毎回カバンから出して時間を確認しなければなりませんよね。

面接会場では毎回カバンから取り出して時間を確認することができない場合のほうが多いです。そのため面接に行くときは腕時計が必要になります。

また時間の確認のために携帯電話を使用していたとしても「別のことをしているのではないか」と疑われると悪い印象につながってしまいます。ただ時間を確認しただけなのに疑われるなんて悲しいですよね…。

でも腕時計は時間をみるためのものなので、疑われることもありません!笑 書類選考から面接まで進めたのにも関わらず、時間の確認で印象が悪くなってしまうのは大変もったいないことです。

面接中、いつでも時間を確認できる腕時計を身につけておくことは大事です!年配の面接官の中には腕時計を身につけるのはビジネスマナーと考えている人もいるようです。

では面接で身につけていく腕時計としてふさわしいものはあるのでしょうか…?

面接にどんな腕時計を身につけていく?

面接に腕時計を身につけていく理由はわかりましたよね?では面接にどのような腕時計を身につけていけばいいのでしょうか。 <特徴> ・ベルト 時計のベルトには金属、革があります。面接ではどちらのベルトでも構いません。革の場合、色については黒か茶色を選びましょう。金属の場合、色はシルバーで素材はスチールかステンレスがオススメです。

あまり派手な色味のベルトは控えて、スーツの色に馴染みやすい色にしましょう!

・文字盤 最近はデザイン性の高い文字盤の腕時計もみかけますが、みにくいと困るのでシンプルなものにしましょう。文字盤や時針の色は黒や白や青などがオススメです。 時間のみやすさを意識して選びましょう!

・アナログ 腕時計にはアナログとデジタルがあります。面接のときにはアナログの三針ものを選びましょう!デジタル時計はビジネス用にはあまり向かないです。

デジタル時計はカジュアルなイメージを与えてしまう可能性があります。面接はカジュアルな場ではないので、スーツを着たときに合うかどうかも考えましょう!

これらの特徴に合っている腕時計を探してみてください!面接官は腕時計をみていることは少ないかもしれませんが、面接ではどこを見られているかわかりません!できる限り万全の準備をしていきましょう!

では他にこんな腕時計はNG!!というものはあるのでしょうか?

面接でこの腕時計はNG!!

面接に身につけるときにNGな腕時計の特徴について紹介していきます。 <特徴> ・目立つ色 赤や青やピンクなどの鮮やかな色の腕時計は面接官に悪い印象を与えてしまう可能性が高いです。会社員の方が赤や青やピンクなどの腕時計を身につけている人って見かけないですよね?

・黄色やゴールド 黄色は目立つ色なので面接で身につける腕時計としては、あまりふさわしくありません。意外に思うかもしれませんが、ゴールドも面接ではNGなのです!

キラキラしていると反射します。反射が面接官の目に入り、イライラさせてしまうことも考えられるからです。

・子どもっぽいキャラクターデザインのもの  自分が好きなキャラクターって1つや2つありますよね!「キャラクターの腕時計を身につけたい!」と思う気持ちもあると思いますが…。

面接の場面では「子どもっぽい」という印象になってしまいます。これから社会人になるので年齢に合っているデザインの腕時計なのかも重要になってきます。

・高価な腕時計 誰もが知っているような高価なブランドの腕時計をみにつけていくのはNGです。ビジネスの世界では腕時計はその人のステータスを表すものになります。

そのため学生が高価な腕時計を身につけると「自分が面接官もよりも上の立場」ということになってしまいます💦面接に関しては学生が選考を受けに行っているので、学生が上の立場になってはいけません!

面接官に「学生なのに高価な腕時計を身につけているのか!」と思われてしまうと、面接が始まる時に悪い印象を持たれてしまいます。   ・スポーツウォッチ ロゴや色合いなどからカジュアルな印象が強くなってしまうので、面接で身につける腕時計としてはふさわしくないです💦

周りの友だちなども使っているかもしれません。しかし面接では自分よりも年齢が上の方と接することになります。就活はフォーマルな場面と考えてスポーツウォッチは身につけないほうがいいでしょう。

「腕時計くらい…。」と思う気持ちも分かりますが、第一印象をよくするためにも面接にふさわしい腕時計を選びましょう!逆に腕時計で面接に影響が出るほうがすごくもったいないです😢

面接にNGな腕時計しか持っていない場合は身につけずに面接に臨んだほうがいいと思います!しかし「腕時計がないと困る場面もあるのでは?」と思う方もいるかもしれません。 実際、腕時計がないとどのようなときに困るのでしょうか…💦?

腕時計がないとどんなときに困る?

面接に腕時計が必要な理由はなんとなくわかったけど…。腕時計がないときや、面接にふさわしくないデザインの腕時計しかないときは持っていくことができません。では腕時計がないとどんなときに困るのでしょうか?

・面接会場に時計がないとき 腕時計もなく面接会場に時計がない場合、時間を確認することができません。同じ面接を受ける人数が少ない場合、どのくらいの時間で自分の番がくるのか予想することはできます。

しかし大人数だった場合、自分がいつ面接をすることになるのかわかりません。。自分の番がわからないと急に呼ばれて面接に挑むことになってしまいます💦

自分の出番がなんとなくわかって心の準備をしておく時間も大切ですよね!私も面接のときに面接会場に時計がなかったことがあります。

そのときに腕時計を身につけていたのと、名前順で呼ばれていたこともあり、自分の面接の番を予測することができました!そのため名前を呼ばれたときも少ない緊張感で面接に臨めたことを思い出します…。

面接会場に時計がない可能性も考えられます。腕時計を用意することで、自分の時間を把握することができ、面接まで心に余裕を持つことができます!

・携帯電話の充電がなくなってしまったとき 普段から時間の確認を携帯電話で行っている場合は特に注意しないといけません!面接会場は初めて行く場所であることが多いのではないでしょうか?慣れない道で会場に向かうため、携帯電話で調べながら行くこともあると思います。

いつもよりも充電の減りが早くなってしまい、途中で電源が切れてしまうことも考えられます。 私も普段は腕時計を身につけておらず時間の確認を携帯電話でしています。たまに携帯電話の充電を忘れて充電がなくなり、時間の確認ができなくなって焦った経験が何度もあります…笑

面接で予想外のことが起こると本当に焦ってしまいます。面接の前には平常心でいたいですよね!そのために時間の確認を腕時計で行うようにしていきましょう!携帯電話の充電がなくなっても焦ることがなくなります!

・筆記試験があるとき 面接のみと言われている場合、筆記試験はよほどのことがない限りないと思います。しかし急遽、筆記試験を行う可能性もあります。筆記試験には制限時間がありますが、腕時計をもっていなくて会場にも時計がないと時間がわかりません!

そのときには腕時計が必要ですよね!何が起こるのかわからないからこそ前もって腕時計を準備しておきましょう!

まとめ

面接では何が起こるのかわからないことも多いです。そのため万全の準備をしておきましょう!

そして腕時計を持っていない方はいまから買いにいきましょう!!☆ 他にもこちらの記事をぜひ読んでみてください!

【髪型に悩む就活女子必見!】好印象な前髪&ヘアスタイル!