就活生の皆さん、こんにちは! 皆さんは自信を持って自己PRをできていますか? 自分の強みを存分にアピールできる時間ですから、せっかくなら自信満々で面接官に話せるようになりたいですよね。

今回は、就活生の皆さんが自信を持って自己PRを答えられるように、一次面接で面接官の心をつかむ自己PRの伝え方をご紹介します!

面接官が自己PRを聞く理由とは?

エントリーシート(ES)にも自己PRを書いたにも関わらず、面接官が自己PRを聞く理由とは一体何なのでしょうか? その理由は、大きく4つに分けられます。

入社後に活躍してくれるかを測るため

面接で自己PRを聞く理由として、「入社後に活躍してくれるのか」というのがあります。 実際に顔を合わせて面接をすることで、具体的なスキルや自身の能力の根拠を述べているかや、コミュニケーション能力はあるかなどもチェックしています。

人柄が社風に合っているかを知るため

2つ目は「あなたの人柄が社風に合っているのか」を知るために面接官は自己PRを聞いてきます。

入社後に活躍できそうな人だとしても、会社の将来のビジョンや考え方に”合わない人”というのは入社後にミスマッチを引き起こす可能性があります。 そのような人と一緒に働くのには少し不安がありますよね…。

入社意欲を測るため

3つ目は「入社意欲を測るため」です。 その会社で働きたいという熱意や、将来どうなりたいかを面接官に伝えることで、入社意欲をアピールできます。

入社意欲があまり感じられないと「もしかして第一志望じゃない…?」と面接官に疑われてしまうので、全力でアピールしましょう!

ESとの一貫性を見るため

最後は「ESとの一貫性があるか」を確認するためです。 例えば、 ESでは「創造力」を自己PRに長所として書いていたのに対し、面接では「決められた仕事を完璧にこなす力」のように真逆の答え方をしたらおかしいですよね。 このような一貫性のない答え方をしてしまうと、嘘を疑われてしまうのでESに沿った回答をするように心がけましょう!

自己紹介と自己PRの違い

一次面接でよく聞かれる質問の中には、自己PRの他に”自己紹介”もあるんです。 面接をあまり受け慣れていない人の中には、この2つの質問を混ぜて答えてしまうことがあるので、今一度確認しておきましょう!

自己紹介とは

自己紹介は主に氏名・学校名・学部名・学年・専門分野・学生時代に力を入れたことなど、自分の所属やパーソナリティーを答えます。

自己紹介はその名のとおり、自分自身を人に紹介する行為なので、変に話を盛ったりせず、事実のみを話すようにしましょう!

〜自己紹介の例文〜

「〇〇大学〇〇学部3年のキャリ・ティブ子です。本日は貴重な時間をいただきありがとうございます。大学ではマーケティングのゼミに所属し、マーケティング戦略論の応用について研究しています。私のゼミでは、〜のような研究方法を取り入れており、〜を行っています。どうぞよろしくお願いいたします。」

自己紹介は面接の初めに聞かれることが多い質問のため、このときの答え方が第一印象になることもあります。 明るくハキハキと答えられるようにしておきましょう! また、より詳しい自己紹介の方法を知りたいという方は、こちらの記事も読んでみてくださいね!

【例文つき】面接での自己紹介?このように話をしていこう!

自己PRとは

自己PRでは自分を面接官に売り込む必要があります。 主に自分自身の強みや考え方、長所を具体的なエピソードを添えて話すのが良いでしょう。

自己PRでは自分の強みを面接官に示すことで、「この人とぜひ一緒に働きたい!」と思わせるような内容にすることが大切です! そのためには企業が求める人物像を企業のHPや会社説明会で調べておき、それに合わせた自己PRを作っておきましょう!

面接で話す自己PRの選び方

先ほども書いたように、自己PRでは自分の強みや長所をそのまま話して良いわけではなく、企業が求める人物像に寄せる必要があります。

例えば、企業が協調性のある人材を求めているとHPに記載していたのに、それを無視してリーダーシップをアピールしてしまうと、”選択ミス”になる可能性が高いです。 こうならないように、自己PRを考えるまえに企業研究をしっかりやっておく必要があります!

そもそも、その企業に入社したくて面接に行くのに、企業のことを何も調べずに行くのは失礼に当たります。 企業研究の方法は、企業のHPや合同説明会、OB・OG訪問にいくなど、多くの方法があります。

志望度が高い企業であれば、なるべく多くの手段を使って企業研究を進めていくのが良いですよ! もし、企業が求める人物像に対して明確な記述がなくても、「弊社の社員は皆、自発的に仕事に取り組んでいます」のように話していたなら、その企業は「自発性」や「能動性」のある人材を求めていると言えます!

このように、企業が発する情報にアンテナを強く張っておけば、自己PRもより良い内容で作ることができますよ。 「就活は情報戦」とよく言いますが、今年はまさにそのとおりなんです…。

新型コロナウイルスによって、企業の情報を集めるのは例年よりも苦労することになると思いますが、使える媒体をフルに使って情報をかき集めましょう!

自己PRを伝えるときのポイント

自己PRで話すべき内容をご紹介しましたが、面接では伝え方も工夫する必要があります。 自分の強みをアピールする場面ですから、面接官に余すことなく伝えたいですよね! どのように話せば自己PRをわかりやすく伝えられるのか、確認していきましょう!

ポイント1:結論から話す

最初のポイントは、結論から話し始めるようにしましょう。 結論は簡潔に話すことが重要になってくるので、余計な情報を付け加えると伝わりづらくなってしまいます。 「私の強みは〇〇です。」のような伝え方をしましょう!

ポイント2:結論の根拠を話す

結論をビシッと述べたら、その結論の根拠となる具体的なエピソードを話しましょう。 例えば、「計画性」が強みなら、

「大学2年生の秋に、学校の授業の他に資格の勉強やバイト、ゼミナールのイベント企画など、かなりの繁忙期を経験しました。スケジュールを合わせるのに苦労しましたが、やるべきことの優先順位をつけることで、ダブルブッキングや予定の大幅な遅延を引き起こすことなく両立できました。結果、資格試験は合格し、ゼミのイベントも仲間とスケジュールを合わせていたことで滞りなく準備を進めることができ、成功を収めました。その他のことも何一つ犠牲にすることなく成し遂げることができました。」

このように、数値や賞与などの目に見える実績を成果として話すことができると説得力が増しますよ!

ポイント3:将来のビジョンを話す

結論→根拠と話したなら、最後にその強みや長所を入社後にどう活かすのかを話しましょう。 上の例文に続き、「計画性」が強みなら、 「御社に入社した暁には、多くの業務に携わり、計画性を持って効率的かつ迅速に業務を遂行し、御社にとって必要とされる人材になりたいと考えています。」

入社後どうなりたいかを話すことで、自分が企業に対しどのようなメリットを生み出すのかを伝えられると◎です!

ポイント4:アピールを絞る

企業が求める人物像に自分の特徴がいくつか当てはまったとしても、それを全部話す必要はありません。 たくさんアピールしたくなる気持ちはわかりますが、あれもこれもと話すことで大事な部分を伝えられないまま終わってしまう可能性があります。

自己PRは簡潔に話すことも重要なので、アピール内容は1つに絞って伝えるようにしましょう!

一次面接を突破できる!自己PR例文

企業が求める人物像はそれぞれ違い、また同じ企業であっても募集職種によって求める人物像は変わってきますよね。

皆さんが応募する企業に合致するとは言い切れませんが、多くの企業で求められる2つの能力で自己PRの例文を作成しました!

今までにご紹介した自己PRの作成ポイントを盛り込んで作ったので、ぜひ参考にしてくださいね!

〈例文1 アピールポイント:積極性〉

私の強みは積極性です。

私はコールセンターのアルバイトを約1年間行っており、業務内容は損害保険の提案から契約までを担っています。

始めた当初は覚えることが多く、提案の仕方がぎこちなくなってしまったり、お客様の質問に明確に回答できていないことが課題でした。

そこで、先輩や社員の方の提案の仕方を横でよく聞いてテクニックを盗み、疑問点は積極的に周りの人に質問をしてメモに残しました。

結果、自信を持ってお客様にプランを提案することができ、アルバイトを始めてから今までで13件の契約を取ることができました。

この積極性を生かし、御社の業務をいち早く覚え、結果を出せる人材になりたいと考えております。

〈例文2 アピールポイント:トラブル対応力〉

私の強みはトラブルへの臨機応変な対応です。

私は飲食店のレジ打ちで大きなトラブルに見舞われた経験があります。

お客様のカード決済中にレジがフリーズしてしまい、対処法が解らず会計前のお客様で長蛇の列ができてしまっていました。

内心少し焦りがありましたが、心を落ち着かせ、お客様を待たせないように迅速に対応することに専念し、それぞれのポジションの人に動きを指示しました。

具体的には、会計人員にはレジで現金のみの取り扱いに一時的に変更させたり、オーダーを取る人にはレジ修復後に売り上げ金額を打ち込めるように売り上げた商品と合計金額を簡単にメモするように指示を出しました。

結果、迅速な対応により、お客様からご指摘を受けることなく、通常どおりの売り上げを確保することができました。

御社ではクライアントによって求められる内容が大きく異なり、常に機転を利かせた対応が必要になってくると感じます。そのような高度な業務でも、御社を業界1位へと導く主力人員となれるよう、精進いたします。

まとめ

自己PRは面接官もある程度興味を持って聞いてくれる質問です!

自分という人間を面接の数分間で知ってもらうためには、わかりやすく簡潔に伝えることを1番に意識してみましょう。 皆さんの一次面接がうまくいくことを祈っています♪