最終面接で「失敗談を話してください。」と聞かれたことはありませんか?私は最終面接のときに「大学時代に何か失敗から学んだことはありますか?」と聞かれたことがあります。そのとき私はアルバイトでの経験を話ました! 面接官はどのような意図で「失敗談」を聞くのでしょうか。失敗談からどんなことを見極めているのでしょうか?

最終面接で失敗談を聞く3つの意図とは?

一次面接、二次面接で「失敗談」を聞かれた人は「そのときの答えをそのまま話せばいいのかな~?」や「同じものではない失敗談を話さないといけないのかな~?」と色々考えると思います!

一次面接、二次面接で「失敗談」を聞かれていない人は「どんなことを話したらいいのかな~?」や「他の面接では聞かれていないので最終面接で聞くということは何か意味があるのでは?」などと考えると思います!

最終面接で失敗談を聞く意図は3つあります。 一つ目は「失敗に対してどのような姿勢で向き合ったのか」です。 失敗することはもちろん誰にでもあることです。面接官はその失敗をどのような考え方で受け止め、向き合ったのか知りたいのです。  

失敗に対して「誰にでもあることだから~」や「別に自分だけのせいではない」や「他の人も失敗しているし~」などと失敗に対してちゃんと向き合わない人は面接官から「仕事」に対してもそのような対応をするのかな?と思われてしまいます…。

二つ目は「失敗のあとにどのような行動を実際にしたのか」です。 面接官は失敗したあとに「自分自身で改善策を考えて行動に移せるのか」をみています。企業で働き始めたら、自分で考えて行動することが増えます。

そのため、失敗をどのように自分の成長につなげるのか大切になってきます。失敗してしまったことは仕方ないことです。面接官は「それを仕方のないことと済ませるのではなく、次に失敗しないための方法を考えていけるのか」をみています。

三つ目は「失敗から何を学んだのか」です。 成功よりも失敗からのほうが多くのことを学べると言われています。失敗から「自分自身がより多くのことを学ぼうとする姿勢」が大切です。

失敗してしまった理由は?もっとできる部分があったのではないか?何が失敗を招いてしまったのか?このように失敗に対して考えていくことが重要です!

失敗からは多くのことが学ぶことができます。失敗しても落ち込むことなく、次は失敗しないために何ができるのか考えていきましょう!

面接官は失敗から何を学び次に活かしていくのかプロセスを知りたいのです!仕事をしていく中で失敗することもあるでしょう。その失敗を「失敗で終わらせない」という考え方をみているのではないでしょうか。

面接のときにいきなり失敗談を聞かれると焦ってしまうと思います。「思い出せない…。」「こんな感じで大丈夫なのかな?」「面接で話せるような失敗談がないかも知れない…。」「特に大きな失敗を経験していない…。」など面接のときに失敗談を話せるように前もって準備しておきましょう!

実際に失敗談はどのように考えて、準備しておけばいいのでしょうか?

失敗談はこんな風に考えて準備しておこう!例文つき!

失敗談が思いつかない…という人もいるのではないでしょうか?そんなときはまず「紙とペン」を準備しましょう!そして大学1年~大学3年までの期間を書いて、毎月何か出来事を考えて書いていきましょう!

アルバイトを始めたり、イベントに参加したり、テストがあったり、旅行に行ったり、インターンシップに参加したりなど大学生活で多くことがあったと思われます!

その出来事を「出来事→失敗→考える→成長」と考えていきましょう。例えば「アルバイト」の場合。 ・出来事  コンビニのアルバイトの時。 ・失敗  発注をミスしてしまい、商品の数が全然届かなかった。 ・考える  近隣の店舗に商品がないか聞いてみる。再度発注し最短で何時に届くのか聞いてみる。 ・成長 次に発注するときは数の確認を徹底する。

このように「失敗から何を考えて行動し次に活かしていくのか」というプロセスが大事です。失敗のあとに考えたことがなかったとしたら、今考えて「次に失敗しないために活かしていくこと」を伝えていきましょう!

例文① 「私はインターンシップの時に事前に準備しておく資料があることを知らなくて、準備していませんでした。(出来事&失敗) その資料について知らなかった原因としては企業に送った自分自身のメールアドレスが間違っていたためでした。登録したメールアドレスに誤りがあったためです。事前に準備しておく資料ができていなかったためその場で大至急、作成しました。(考える) 次からはメールアドレスに誤りがないように、予測変換に保存しておくようにしました。(成長)」

例文② 「私はサークル活動をしていました。(出来事) 何人かで分担して部員に連絡する際、自分自身の予定やテスト勉強に追われ、忘れてしまっていました。すると連絡が来ている人と来ていない人に差が出てしまい、部員に迷惑をかけてしまいました。(失敗) 朝に一日のやるべきことを明確化し、忘れないようにするためリマインダー機能のあるメモを使うことにしました。(考える)  すると、一日の中でやるべきことが明確になったため忘れることが少なり時間をうまく使えるようになりました。(成長)」

例文③ 「私は新しいサークルの立ち上げを行いました。(出来事) 新しいサークルを立ち上げたので、認知度もなく人もいなかったので人を集めることに苦労していました。色々な人に声をかけていたのですが、そのうち「無理やりサークルへ勧誘している」と噂されるようになってしまいました。(失敗) 私たちは無理やり勧誘をしていなかったと考えておりますが、相手がそう感じてしまったことが全てと考えました。(考える) まずは大学で説明会を開き、多くの学生に集まってもらいました。サークルに入るかどうかその場で決めるのではなく、いったん持ち帰って決めてもらうことにしました。(成長)」

このように「出来事→失敗→考える→成長」という順番で面接官に失敗談を話していきましょう。紙に書くことで出来事の流れがわかりやすくなるのでオススメです♪ では、失敗談で良くない印象を与えてしまうエピソードはあるのでしょうか…?

失敗談でこんな内容は避けよう!

失敗談を話すということで「失敗したことであればなんでもいいのかな~?」「失敗はみんなするものだから多めにみてくれるよね✨」と思ってはいませんか?

面接はそんなに甘くはありません!!笑 ということで、最終面接で話してはいけない内容について紹介していきます。

一つ目「失敗の内容だけで終わる」失敗談です。 面接官は失敗から何を学んだのか聞きたいのです。そのため、失敗したことで終わる話は失敗談ではなく「ただ失敗した話」になってしまいます。 面接官から「失敗から何も学ばない」という印象になってしまうと、仕事のときに失敗したらどのような対応をするのだろうか…と不安に思われてしまいます。

二つ目は「フォローしようがない」失敗談です。 「テストの期間を間違えていて、単位を落としてしまった…。」「寝坊して面接を受けることができなかった」などフォローのしようがない失敗談です。 期限・時間を守るということは社会人の基本です。そのため、期限・時間を守ることができなかった失敗談は面接官にとってマイナスに作用してしまいます💦

三つ目は「笑いの要素が多い」失敗談です。 一次面接や二次面接ではフランクに面接官と話をしていたかも知れません。しかし最終面接では企業の役員や社長が面接を行っている場合が多いです。

そのため笑いの要素が多い失敗談を避けるようにしましょう!最終面接では会社にふさわしい学生を探しています。その笑いのツボが違ってしまうと、取り返しのつかないことになってしまうので気をつけましょう!

最終面接で失敗談は大きな鍵を握っています!失敗談を聞く意図を考えて準備をしていきましょう!

まとめ

最終面接で失敗談を聞かれたら「一体何を話せば…」と緊張しますよね。「この失敗談によって合否が決まるかも!?」と思うとなおさらです…。

失敗談はその人らしさが出るので自分のことをアピールできるチャンスでもあります!前向きにとらえて面接を突破していきましょう! 最終面接に関して他にもこちらの記事をぜひ参考にしてみてください!

最終面接で効果的な逆質問とは!?~逆質問10選つき~

最終面接を通過するためには対策が重要!【よくある質問15選】