みなさんこんにちは~!
面接で欠かせないことといえば、対策と準備ですよね!

最終面接は1次面接や2次面接に比べて、難易度がグッとあがります。

企業によって通過率は違いますが、一般的には50%と言われており「2人に1人」が落とされるという計算になります…。

つまり、事前に対策や準備をしっかりと行っていないと、最終面接を「通過するのは難しい」ということです。

今回は、面接対策の基本「よくある質問」をご紹介!事前によくある質問を確認して内定をGETしちゃいましょう!

最終面接の評価基準とは?

「最終面接は顔合わせ程度って聞いたけど?」
「最終面接は意思確認の場なんでしょ?」という就活生をよく見かけますがそれは真に受けないほうがいいです。

中には最終面接を「顔合わせ程度で終わらせる」「意思確認の場とする」企業もあります。ですが、最後で気を抜いてしまうのは×。

面接官は選考ごとに変わることが多いため、最終面接を担当する面接官はあなたがどんな人なのかイメージでしかわからない可能性があります。

たとえば、1次面接や2次面接で出来ていた基本的なマナーなどが最終面接では出来ていなかった場合、不採用にせざるを得ないと思われてしまうでしょう。

最終面接の面接官からすると「聞いていたことと違う」と感じてしまいます。

最終面接では大きくわけて3つのポイントを評価基準としています。

1.志望度の高さ

志望度の高さは仕事に対する「モチベーションの高さ」と比例すると言われています。

「自分がやりたくないこと」よりは「自分がやりたいこと」の方が、モチベーションがあがりませんか?

志望動機は他社と比較し、差別化して伝えることが重要です。

「この企業に入社しなければ出来ない仕事がある。」というような志望動機は他社との差別化を図れます。

志望動機を伝えるときは他社と比較し「この企業でなければできないこと」を伝えると良いでしょう。

2.企業とのマッチ度

有能な人材であっても「企業の方針や社風に合っていない」と判断された場合、不採用にされる可能性があります。

もし、企業の方針や社風が合っていなかった場合、早期退職などに繋がってしまうでしょう。

早期退職は、企業だけでなく、就活生にとっても転職活動をしなければいけなくなるので不都合な状況ですよね。

企業とのマッチ度はその企業について調べ上げることが重要です。HP以外に、企業のSNSやOB・OGに話を聞いてみることをおすすめします。

私はHPとSNS以外に口コミサイトをみていました。笑
良いことも悪いことも生の声が見れますが、口コミに流されすぎないように注意です!

3.回答に一貫性を持つ

回答に一貫性を持つには、書類選考から内定が出るまでに話した内容がすべて繋がるようにしましょう。

もし、1次面接と最終面接で発言した内容に一貫性がないと、聞いていたことと違うと思われてしまいます。

選考ごとに面接でなにを話したか、あとから読み返してわかるようにメモを残しておきましょう。

最終面接でよくある質問15選

1.「自己紹介をお願いします。」
→「◯◯大学〇〇学部4年の◯◯ ◯◯と申します。(基本情報)
私は、大学時代にコミュニケーション能力を鍛えたいと思い、居酒屋であるバイトをしていました。(活動内容)
アルバイトで得たコミュニケーション能力や提案力を御社で活かし、活躍したいと思っています。本日はよろしくお願いします。(意気込み)」

2.「同業他社ではなく、当社を志望する理由を教えてください。」
→「私が御社を志望した理由は、御社のお客様と社員を笑顔にという企業理念に共感したからです。(その会社でなければいけない理由)
私の通う大学にはいつも笑顔が素敵な教授がいて、生徒からとても人気があります。ある日、大学時代にアルバイトをしていた居酒屋でその教授のように笑顔を増やす意識をしてみたところ、お客様にあなた笑顔がとてもいいから元気が出るわと言われ嬉しい気持ちになりました。(経験・エピソード)
この経験から、自分が笑顔でなければ相手を笑顔にできないと言うことを学び、御社のお客様と社員を笑顔にという点で共感し、志望しました。(まとめ)」

3.「企業研究で行ったことを教えてください。」
→「まず、最低限のホームページやSNSなどのネット上にある情報を徹底して調べました。(結論)
そこで、私がどのような点で御社に活躍できるかどうかを見極めるためにも研究させて頂きました。
また、御社と他社のインターンシップに参加し、お互いの一日の流れや会社の雰囲気を知り比較することが出来ました。(得たこと)
これらの情報を踏まえ、私は御社を第一希望として志望しています。(まとめ)

4.「あなたの持っている能力を就職後にどう活かしたいと考えていますか?」
→「私は大学生時代にアパレルでアルバイトをしていたのですが、提案力やコミュニケーション能力を得ることが出来ました。(結論)
提案力とコミュニケーション能力があるのと、ないのとでは売上が2倍変わりました。(エピソード)
そのため、私のアルバイト経験で得た能力を御社でも活かしたいと思っております。(まとめ)

5.「あなたの長所・短所はなんですか?」
→「私はの長所は計画性があるところです。(結論)
私は旅行をするのが好きで、出発の1ヶ月前から交通機関や観光地など調べ計画を立てます。
旅行から帰る最終日に交通機関が遅延してしまい、飛行機の搭乗時間に間に合わないかもしれないという場面もありましたが、他の交通機関を使った計画も立てていたので間に合わせることができました。(エピソード)
仕事でも、事前に情報収集をし、計画的に行動して業務に貢献したいと考えております。(どのように活かすか)」

6.「これまでの人生の失敗はなんですか?それをどのように対処しましたか?」
→「私は大学生時代にダンス部のキャプテンを務めていました。キャプテンはチームをまとめて引っ張るものだと思っていましたが、いつまでもまとまりが悪くついにはチームが分裂してしまいました。(失敗談)
そこで、部員の意見を一人一人話すことができる機会を設け、それぞれの考えを理解し合いました。すると、全員の意見に耳を向けることでチームの雰囲気が良くなり、チーム全体がまとました。(対処法)
今は分裂したチームが一つになり団結しています。この経験から、御社では営業の一員としてチームで働くことを意識し、売上に貢献したいと考えております。(まとめ)」

7.「今通っている大学を志望した理由を教えてください。」
→「私は英語を活かした仕事をしたいと思い、◯◯大学を選びました。(結論)
◯◯大学の英米学科では、◯◯で有名な講師がいることの他に、留学生が◯◯名在籍しています。ネイティブの英語に触れることでより自分のスキルアップに繋がるのではないかと思い志望しました。(理由)
その結果、留学生の友だちが増えてお互いに教え合う環境をつくることが出来ました。私が大学時代に得た英語力を御社で活かし海外でも活躍したいと思っております。(まとめ)」

8.「ゼミの研究内容について教えてください。」
→「大学ではゼミ顧客の購買行動について研究しています。(結論)
顧客が購買するきっかけはなにか、それを刺激するにはどのようにすれば良いのかをということに興味を抱いたため、このゼミを選びました。現代では、SNSなどのネット上の情報力が購買の意欲を促進するのではないかとネットマーケティングについて研究を行っておりました。(内容)
御社では、働く際に研究で得たネットマーケティングについての知識を活かしたいと考えております。(まとめ)」

9.「もし弊社から内定が出れば、入社しますか?」
→「はい、内定を頂けたら御社に決めます。(肯定)
御社は、私が就活をはじめる前から絶対に入社したいと思い続けていた第一志望の企業です。(理由)」

10.「現在、内定が出ている企業はありますか?」
→「はい。(内定をもらっている人は正直に答えてOK)
ですが、御社が第一志望なので御社から内定を頂きましたら、そちらの企業は断ります。(御社を強く志望しているアピール)」

11.「弊社の事業について知っていることを教えてください。」
→「御社の主な事業は◯◯で、◯◯と◯◯も行っていると存じております。(知っていることをすべて話す)」

12.「弊社について知っていることをお話しください。」
→「御社は◯◯社長が2015年に設立されたIT商社です。企業理念は◯◯◯で主な事業は◯◯です。新しい事業でありながらも、またたく間に業績を上げています。会社の売上は◯◯億円と営業利益率もこの3年間◯◯%を維持しております。(会社について知っていることをすべて話す)」

13.「弊社に入社した後のキャリアプランを教えてください。」
→「私は、お客様に信頼していただける営業マンになりたいです。(結論)
日頃からお客様1人1人の意見をしっかりと聞き、信頼のある関係づくりが大切だと思っております。(理由)
この目標に向かって、1人前の営業として認められる成果を上げたいです。(まとめ)」

14.「入社したらどのような仕事に取り組みたいですか?」
→「私は御社の営業職を希望しており、◯◯を新規展開していきたいと考えております。(結論)
なぜなら、御社のサービスである◯◯は、これから需要が非常に高くなっていきます。御社の商材をさらに展開していくことで社会や生活者に大きな価値を提供できると思っています。(理由)
私は大学で学んだマーケティングを活かし、新規展開に貢献していきたいと考えております。(まとめ)」

15.「最後に質問はありますか?」
→逆質問例はこちらで紹介してます。

逆質問で聞きづらい質問も上手に聞ける!逆質問38選

最終面接を通過するには?

最終面接まで通過したらそのまま内定をもらいたいですよね!

面接を通過するための3つのポイント

1.面接対策
最終面接は1次面接や2次面接に比べて難易度があがります。身だしなみやマナー、今回紹介したよくある質問などを事前に調べておきましょう。

2.企業研究
最終面接では、競合他社と比較した回答を求められることが多いです。

たとえば、「同業他社ではなく、当社を志望する理由を教えてください。」という質問。
志望している企業でしか出来ないことは競合他社と比較してみないとわかりません。

また、企業の基本情報や事業内容なども把握しておきましょう。

3.自己分析
「長所や短所」のような質問は自己分析をすることで質問の回答を用意しやすくなります。

「これまでの人生の失敗はなんですか?それをどのように対処しましたか?」の質問も、自分の人生を時系列で並べてみたりするのも◎。

最終面接を通過するには対策や事前準備をしっかり行うことが重要です!!