面接の最後には、必ずと言っていいほど逆質問を求められます。逆質問はその場で考えることができれば良いですが、なかなかパッと思いつかないですよね。

逆質問は最低でも5つは用意しておくのがベターです。では、どのような逆質問を用意すれば良いのでしょうか?

この記事では、逆質問をするときのポイントや1次面接で使える逆質問の例文をご紹介します。ほかにも1次面接を突破する方法はこちらでご紹介!!

一次面接で受かる!志望動機の作り方&話し方とは

【面接開始5秒が勝負!】一次面接で落ちる原因や対策法をご紹介!

逆質問を求められる理由とは?

1.志望度の高さを確かめるため

面接官は、志望者が何社も受けていると思っているため自社の志望度はどのくらい高いのかみています。志望度は、逆質問をすれば志望度がどのくらい高いのかわかります。

なぜなら、志望度が高ければ高いほどその企業について調べて、具体的な質問をできるように準備しているはずだからです。

たとえば、ネット上に「当社の社風」と記載されているのにも関わらず「御社の社風を教えてください」と質問した場合。

「この子は自社に関して調べていないんだな、志望度低そう」と思われてしまうでしょう。もし、社風について深堀りして聞きたいのであれば、自分の考えを加えて質問をすると面接官に好印象を与えることができます。

例:「御社の社風は◯◯だと伺っており、私もそれを魅力的に感じています。その上で何かそれを象徴するような具体的なエピソードなどありますでしょうか?」

このように「自分の考え+質問」を投げかけることで面接官に好印象を与えることができるでしょう。

2.コミュニケーション能力を確かめるため

逆質問では、面接官からの回答にリアクションを返しましょう。よく、コミュニケーションは会話のキャッチボールといいますよね。

逆質問では、質問の主導権が志望者に渡ります。そのため、面接官は志望者がどのような質問をして質問に対しての回答をどのように返すのかみています。

特に1次面接はコミュニケーション能力が求められます。スムーズに会話ができるように、あらかじめ回答に対する返答を考えておくのがおすすめです。

3.企業と志望者のミスマッチをなくすため

最近では、新卒で入社して1,2年目に転職を考える人も少なくありません。

そのため、企業側は入社前に自社のことをよく理解してもらいたいと思っています。逆質問は志望者が疑問に思っていることなどを聞いて、ミスマッチをなくすために行っているのです。

また、志望者としてはその回答次第で第一志望にするか判断することができるので重要なタイミングなのです。

逆質問をするときのポイント

1.ネットに載っていないことを聞く

調べればわかることを聞くのは、しっかり企業研究をしていないというイメージを持たれてしまいます。HPや企業のSNSなどから情報を得て逆質問を考えましょう。

また、ネット以外でも説明会や面接中に説明されたことを質問してしまうのも人の話を聞いていない人と思われてしまいます。説明会などで得た情報は、その日のうちにメモとして残しておきましょう。

2.オープン型で答えられる質問をする

オープン型の質問とは、「はい」や「いいえ」で答えられないような質問のことです。「はい」や「いいえ」で答えられる質問は、情報力が弱く会話も続きません。

たとえば、「御社で活躍されている方はいますか?」と質問した場合「はい」か「いいえ」としか返ってこず、具体的な情報を得ることができない可能性があります。

この場合、「御社で活躍されているの方の特徴を教えてください」と質問をすれば「はい」や「いいえ」では答えることができないため具体的な回答がきます。

逆質問では「はい」や「いいえ」で答えることのできない質問をしましょう。

3.特にありませんはできるだけ使わない

せっかく質問できる場を設けてもらっているので、ぜひ逆質問をしましょう。企業に興味を持っていますというアピールにもなります。

もしも、「これ以上聞くことが全くない!」というのであれば、

・「知りたかったことは十分にご説明いただいたので、こちらからは何もございません」
・「もう十分お聞きしましたので、特にございません」と丁寧に伝えましょう。

1次面接で使える逆質問

ここからは次面接で使える逆質問を紹介します。

1次面接で使える!逆質問例

やる気をアピールできる質問例

・「この会社に入るなら、ここは覚悟しておいた方が良いといった心構えはありますか?」
・「初年度から参加できる事業について教えてください。」
・「志望している部署の仕事について、詳しく教えてください。」
・「新卒で入社し、その後活躍している人でどんな事例がありますか?」
・「御社の◯◯という商品に憧れているのですが、その商品に携わる仕事に就けますか?」
・「御社で◯◯職として働くやりがいはどんなところにありますか?」
・「御社で活躍している方にはどのような共通点がありますか?」
・「入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください。」
・「今まで私が積んできた経験で足りないものがあれば教えてください。」
・「もし採用して頂いた場合、配属先はどちらの部署になりますか?」
・「配属先の社員の人と面会してお話をすることはできますか?」

長所をアピールできる質問例

・「良く竹を割った性格と言われます。疑問点があれば上司の方や先輩方に遠慮なく質問させていただける環境はありますか?」
・「私は周りとのコミュニケーションを大切にしています。御社では社員の皆様とも気兼ねなく話せる工夫などしていますか?」
・「私は他部門の人と交流するのが好きです。そういう社風はありますか?」
・「自分の意見はしっかりと口に出す性格ですが、主体的に意見をすることが許される環境でしょうか?」

その他

・「新卒1年目の1日のスケジュールを教えてください。」
・「配属先部署の人数や、社員の構成を教えてください。」
・「コミュニケーションを活発にするための取り組みにはどのようなものがありますか?」
・「本社は◯◯ですが、勤務地は◯◯を希望できますか?」
・「本社は◯◯ですが、転勤はどれくらいのサイクルであるのでしょうか?」
・「仕事の繁忙期はいつですか?」
・「休日は部署ごとに違うのですか?」

人事にウケる!逆質問例

人事に好印象を与えるポイントは、人事の名前を呼ぶことです。

たとえば、こんな経験はありませんか?
あなたには、知り合ったばかりの気になる男の子がいました。

ある日、その男の子からふいに下の名前で呼ばれて嬉しい気持ちになりました。「そこの君」や「お姉さん」などと呼ばれるよりも、名前で呼ばれた方が自分に興味を持っている感じがしたり、特別感を感じますよね。

これは心理学で有名なカクテルパーティ効果と呼ばれている現象です。由来は、パーティのようなざわざわとしたところでも、自分が興味のある会話や自分の名前などは無意識に聞き取ることができるため名付けられたようです。

このカクテルパーティ効果は、面接でも活用することができます。たとえば、「人事さんが~」ではなく人事の名字が佐藤なら「佐藤さんが~」と呼ぶことで面接官の興味を惹くことができます。

それでは、この効果を活用した逆質問例と人事に好印象を与えることの出来る逆質問例を合わせてご紹介します。

人事にウケる!逆質問例

・「◯◯さんが仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。」
・「◯◯さんが御社に入社を決めたきっかけはなんですか?」
・「◯◯さんが入社後最初にぶつかった壁は何でしたか?また、どのように乗り越えましたか?」
・「◯◯様が体験された経験で、御社の社風を表しているなと感じたエピソードを教えてください。」
・「◯◯さんが入社前に抱いていた御社の印象と、入社後に感じた印象にギャップはありましたか?」
・「女性活躍推進について御社は◯◯を取り組まれていると伺っておりますが、その取り組みに対しての女性社員からの声などがあればお聞きしたいです。」
・「私は◯◯職を志望しているのですが、◯◯様が思われる◯◯職に理想的だと感じる人材の特徴を教えていただけますか?」
・「御社の社風は◯◯だと伺っており、私もそれを魅力的に感じています。その上で何かそれを象徴するような具体的なエピソードなどあるでしょうか?」

聞いてはいけない!NG逆質問

これだけは聞いてはいけない逆質問例を解説しながらご紹介します。

NG逆質問例

・「御社の企業理念は何ですか?」
→調べればわかります。このような質問をしたい場合は「御社は◯◯という理念を描かれていますが、◯年以降はどうサービスに反映させていきますか?」といったような質問をしましょう。

・「どのような商品を取り扱っていますか?」
→調べればわかります。商品について調べた上で「御社の◯◯という商品に憧れているのですが、その商品に携わる仕事に就けますか?」といった質問ができると良いです。

・「主要取引先はどのような企業がありますか?」
→調べればわかります。HPや求人情報をよく読みましょう。

・「御社の売上高を教えてください。」
→これも調べればわかります。HPや求人情報をよく読みましょう。

・「能力を伸ばしてくれる環境でしょうか?」
→能力を伸ばしてくれるのではなく、あなたが伸ばそうと意識するものです。

・「福利厚生にはどのようなものがありますか?」
→仕事内容と関係ないため、待遇面を重視していると思われてしまいます。

・「1番やりがいを感じたのはどんなときですか?」
→ありがちな質問のため、とりあえず質問をしてきたと思われてしまいます。

・「本日のフィードバックをお願いします。」
→好印象な質問と思いきや、他社での選考に活かしたいという意味にも捉えられてしまうためNGです。

もし、フィードバックを求めるなら「次回の選考に備えたいため、本日のフィードバックをお願いします。」と付け加えましょう。

・「特にありません」
特にない=会社に興味がないという印象を与えてしまいます。もしも、「これ以上聞くことが全くない」「用意していた質問が全て聞けた」というのであれば無理に質問する必要はありません。

その場合「知りたかったことは十分にご説明いただいたので、こちらからは何もございません」と伝えましょう。

逆質問は最低5つは用意しよう!

逆質問は1回の選考で5つ用意し、2つ質問できるとベストです。質問のし過ぎは鬱陶しいと思われてしまうため、2つにとどめましょう。

しかし、質問するのは2つで良いのになぜ5つ用意しないといけないのでしょうか?それは、面接中に用意していた質問の回答を聞けたときに質問することがなくなってしまうからです。

もし、逆質問が思い浮かばないのであれば、目次3で紹介した逆質問例を参考にしてみてください。逆質問は自分の考えを加えて質問できると好印象を与えることができます。

たとえば、「入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください。」この質問でさらに好印象を与えるのであれば「1日でも早く独り立ちをして活躍したいと考えていますが、入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください。」と質問しましょう。

「自分の考え+やる気」をアピールすることができます。逆質問は面接の中のおまけではなく、面接官に好印象を与えるためのチャンスです。

ぜひ今回紹介した逆質問例を参考に質問してみてください。

一次面接で準備するべきことは?自己PR、志望動機の回答例文付き!