突然ですが、企業からの「内定」がもらえなくて悩んでいる学生さん、多いですよね? 「一生懸命頑張っているのになんで・・・」 「わたしのどこが悪いんだろう・・・」 そんなことを考えている方も多いのではないでしょうか!

周りの友達はみんな内定をもらっていたり、ゼミに行くと内定の話で持ちきりだったり・・・ そんな中、自分が1つも内定をもらっていない状況だと、気持ちも焦るばかりですよね…。

私も大学時代、仲の良い友人が次々に内定をもらって就活を終えていく姿をみて、とても焦って戸惑った経験があります・・・ (ちなみにそのとき私は内定0でした….)

「内定がもらえない原因って、一体なんなの?」 「どうすれば内定がもらえるかな・・・」 今回はそんな就活生の疑問や悩みを解決していきたいと思います!

内定がもらえない人の7つの特徴

その① やみくもにエントリーしている

最初の特徴としては、企業へ手当たり次第エントリーしていることです。 多くの企業を受けることは悪いことではありません!

しかし、ひとつの企業への時間が十分にとれずに、企業研究が足りないまま面接をしてしまうと、それは面接官にしっかりと伝わってしまいます。

「なんとなく」興味を持った企業をやみくもにエントリーしても強い意志を持っていないことがバレてしまい、選考に落ちる可能性がとても高いのです!

受ける企業はしっかりと企業研究を行い、5〜11社程の持ち駒を用意し、3社ほどを並行して受け続けましょう!

その② 自己分析ができていない

就活中は、企業に自分を売り込まないといけません! 自己分析は、面接官へ「自分」をアピールするのにとても大切な行程です。

自己分析ができていないと、自分のことをよく理解できていないため、自分の「良さ」や「強み」を相手に伝えることができません。 私も就職活動をしているとき、一番力を入れたのが自己分析です!

今まで自分の良さや強みを改めて考える機会ってあまりなくて、いざ「あなたはどういう人ですか?」と聞かれたとき、答えるのが難しかったんですよね・・・

自分の性格だけではなく、今まで頑張ってきたことや経験を語れるとより自分を知ってもらえるかもしれませんね!

自己分析が不十分だと、企業側も学生のことを十分に見極めることができず、学生に対して興味を抱くことなく面接が終わってしまします。

企業から、「この人と一緒に働きたい!」 と思わせるためにも、自分のことを理解することはとても重要ですね!

その③ 企業研究ができていない

気に入った企業にエントリーした後は、その企業について「知る」ことが重要です。 そしてその企業への志望度が高いということをアピールしなければいけません!

志望している企業の業界や会社の情報を知らなければ、企業の魅力について語ることはできませんよね!

企業研究を時間かけて行うことで、その企業の業種や事業内容を理解することができます。 面接で会社の魅力を聞かれた際に、スラスラと答えることができれば企業側に「この学生は本当にうちで働きたいんだな!」と思わせることができます!

反対に会社のことをあまり知らないまま面接を受けると「この学生は滑り止めで受けているのかな?」という印象を与えてしまいますので、企業研究はしっかりと時間をかけて行うよう心がけましょう!

その④ 面接に慣れていない

面接って、どうしても緊張してしまいますよね・・・ 面接に慣れていないことも内定をもらえない人の特徴のひとつです。

面接に慣れていないと、オドオドしてしまったり、上手に発言できなかったりして、面接官には「自信がない学生」という印象を与えてしまいます。

自信のないように見えてしまえば、仕事に対する成果が期待できなかったり、社会人としても不安要素になってしまいます。

面接に慣れる方法はいくつかありますが、 ・志望度の高くない企業を受けて練習する ・学校の就職支援課で模擬面接をする ・一般の就活支援セミナーで練習する というのが、面接に慣れるための一番良い方法ではないでしょうか!

「緊張しない」ということは難しいので、面接に「慣れておく」ことが、内定ゲットの第一歩です!

その⑤ スーツや髪型の身だしなみが乱れている

髪がボサボサ・・・シャツがシワだらけ・・・寝癖までついている・・・ そんな学生、清潔感がないですよね?

社会人として身だしなみは人を印象づける重要なポイントです! 面接の際、清潔感のある学生と、寝癖のついた学生が2人いたら、清潔感のある学生と一緒に働きたいと思うのは当然ですよね!

面接で話をする前からマイナスな印象をもたれてしまうととてももったいないです! 一次面接では、「社会に出るための最低限の身だしなみができているか」という部分も見ています!

もし毎回一次面接で落ちてしまうことがあれば、一度身だしなみを見直してみると良いかもしれません!

その⑥ 表情が暗く、ハキがない

第一印象で好印象を与えるのは、ずばり「笑顔」です! 面接で緊張のあまり暗い表情になったり、ゴモゴモ話してしまうと、その人自身が「暗い人」という印象になってしまいます・・・

たとえば受けている企業が接客業の場合、笑顔で明るい印象が求められる業種のため、暗い印象のもつ学生は採用されません。

一方営業職の場合も、暗い印象の人がお客様に会ってしまうと、その会社自体が「暗いという印象」をつけてしまいます。

どんな職種であれ、企業は明るい印象の学生を採用したいと思いますよね! また暗い印象は「仕事ができなさそう」「ネガティブそう」という印象を与えてしまう可能性もあります!

暗い印象は、自分にとっても悪い影響しかないので、面接では緊張していると思いますが 「常に笑顔」を意識して、明るい印象を持ってもらえるように気をつけましょう!

その⑦ エントリーシートや履歴書が雑

内定をもらえていない学生の多くが、「エントリーシートや履歴書が雑」だと言えます。 たとえば、 ・応募用紙が汚れている ・字が汚い ・誤字脱字が多い ・文がコピペ などが挙げられます。

これらは企業に「ガサツな学生なのかな?」という印象を与えてしまいます! 字の丁寧さは、その企業に対しての本気度が現れます!

企業側も、「本当にうちに来たかったら字をキレイに書くだろう」と思っているはずです。 本当に行きたい企業なのに、忙しいからといって雑に書いてしまうと、企業に誤解を与えてしまうので、気をつけなければいけませんね!

誤字脱字やコピペも、相手に熱意がまったく伝わりません!面接までいけない学生は、今1度エントリーシートや履歴書を見返してみましょう!

今からでもできる!内定をもらうためにすべきこと

・自己分析・企業研究を徹底して行う

採用担当者は、自己分析、企業研究を徹底している学生とそうではない学生は、すぐに見分けがつきます!

まずは自己分析を徹底し、自分がどういう人なのか、何が得意なのかということを理解しましょう! 自己分析を行って、自分を理解した後に、次は企業研究に入っていきましょう!

また、一次面接、二次面接と、面接の段階が増えるたびに企業研究は行っていきましょう! 企業研究の回数が増えれば増えるほど、企業への理解が深まります! 理解が深まると、面接での企業への熱意も伝わりやすくなります!

都度、面接を受けて発見したことは、どんどん調べて企業への知識を増やしていきましょう! また、自分がどの職種にしようか迷っている業界研究の段階には、合同説明会に足を運ぶのもおすすめです!

一度にたくさんの企業や業界を知ることができ、たくさんの情報を得ることができます! 気になる企業や興味のある業種を見つけたら、その場でエントリーしてみるのも いいですね!

・繰り返し模擬面接をうける

先ほどもお話しましたが、面接ではとても緊張します。 緊張はするんだけども・・・ 上手にこなす方法もあります! それは、ひたすら練習をすることです!

就職支援課や就活セミナーを利用して面接練習をたくさん行いましょう! 面接マナーや手順も教えてくれるので、いざ本番で、手順を間違って恥をかいた! なんてこともなくなるはずです!

また、自己PRや志望動機など、ほぼ確実に聞かれるような質問には、スラスラと答えられるように、繰り返し練習を行いましょう!

就活セミナーは、就活のプロの方からアドバイスをもらうことができるのでそのアドバイスをもとにさらに練習を繰り返し、面接に慣れていきましょう!

・就活エージェントを利用する

内定をもらえなくて悩んでいる方は、就活エージェントに相談してみましょう!

就活エージェントは、就職のプロの方々なので、豊富な知識から本格的な指導やアドバイスをくれます!

就活から入社までのサポートをしてくれるので、とてもありがたいサービスですよね! 就活エージェントでは ・面談、キャリア相談 ・求人紹介 ・エントリーシートや履歴書の添削 ・面接対策 ・入社までの手続き ここまでしっかりサポートしてくれます!

エントリーシートで落ちてしまっている方も、就活エージェントに添削してもらえば、書類選考を通過できる可能性が高いはずです! 就活に行き詰まって悩んでいる方は、ぜひ使ってみると良いかもしれません!

・内定がもらえなくても焦らない!

内定がないと焦ってしまう気持ち、すごく分かります!! 「早く決まって安心したいのに・・・」 「内定をもらって就活終わらせたい・・・」 だれもがそう思っちゃいますよね!

しかし、就活を終わらせたいあまりに過度に焦ってしまい志望度の高くない企業に内定をもらって入社をして、実際に合わなくて早期に退職….なんてこともありえます!

就活は、内定がゴールではなく、自分の行きたい企業から内定をもらえたときがゴールです! 自分に合った企業に出会うまで、あまり焦らず、就活を続けていきましょう!

まとめ

今回は、内定がなかなかもらえない時の原因と、内定をもらうためにすべきポイントについてご紹介しました!

就活中はどうしても周りと比べてしまい、自分の就活のスピードに焦ってしまうこともありますよね…. そんなときは、1度初心に戻り、自己分析や企業研究をしてみましょう! 「自分の強みってなんだろう?」 「この企業の魅力ってどんなところだろう?」 など、もう一度考えてみると、新しい発見があるかもしれません!!

あまり焦らず、自分の納得のいく内定先に出会うことを目標に、今回ご紹介したポイントを参考にしながら、今一度自分の就活について見直してみましょう!

自分を追い込みすぎるとストレスも大きくなってしまうので、たまにはお出かけや買い物などでストレス発散をしながら、最後まで妥協せずに頑張っていきましょう!