就活生の皆さん、こんにちは!

就活もいよいよ終盤に差し掛かっているのではないでしょうか?

中には、「複数の企業から内定をGETした!」という方もいると思います。

内定をもらって安心した〜〜と思うのも束の間、内定を複数もらうことで新たに問題が出てきますよね。

それは…内定を複数もらったら、その中のいくつかは内定辞退をしなければいけない問題!!

せっかく内定をもらえたのに、辞退の連絡をしなきゃいけないなんて、正直心苦しいですよね。

しかも、「まだ承諾する企業を選べない!」と悩む人もいるかと思います。

そこで今回は、内定を複数もらったときにするべきこと、内定辞退の伝え方などについてまとめてみました!

複数内定をもらったらどうする?

Q.あなたの優秀さ故に、複数の企業があなたに内定を出しました。あなたはその中の企業でどこに就職するか決めかねています。どうするのが正解だと思いますか?

A.どこに就職するか決められない…とりあえず放置っ!!

B.適当に1社決めて、他はサイレント内定辞退っ!!

C.迷っている企業には保留、それ以外には辞退を伝える

正解は………

Cの「迷っている企業には保留、それ以外には辞退を早急に伝える」が正解です!

消去法が簡単すぎましたね!では、なぜ「保留」と「辞退」を連絡する必要があるのでしょうか?

企業に迷惑がかかるから

内定をどうするのか、連絡をしないと企業にはかなり迷惑をかけます。

企業はあなたに内定を出すために多くの時間と労力、コストをかけています。

もしあなたが、企業に入社したい気持ちがあって悩んでいるなら、「保留」の連絡を入れるといいでしょう!

あなたが入社するか悩んでいるとわかったら相談に乗ってくれる企業もあるみたいですよ。

それとは別に、あまり行く気がない企業であればなるべく早く「辞退」の連絡をしてください。

他の就活生に対してマナー違反だから

たくさん内定を集めることで承認欲求が満たされ、いい気分になるのはわかりますが、内定をコレクションするのはNGですよ!

1つの企業の採用数は限られていますから、あなたが早めに内定辞退をすることで、その分他の就活生が内定を貰えるかもしれませんよね。

あなたにとってはエントリーした企業の1つでも、他の就活生にとっては第一志望の企業ということは、もちろんあり得るわけです。

最後の一社を決めるための3つの視点

「志望度の高い企業から複数内定を貰って、最後の一社を決められない…!」と悩む人も多いと思います。

そのような場合はどうすればいいのでしょうか?

企業のメリット・デメリットを探す

就職先として迷っている企業の中で、それぞれのメリット・デメリットを探してみましょう。

そうすることで、自分にとって重要なのは何かが見えてきます!

1番魅力的に見える企業と、総合的にみたら1番自分に合っている企業が違っていた、ということもあると思うので、どっちが自分にとって良いかもう一度考えてみてくださいね。

自分が一番したいことを考える

どの企業の内定を承諾するか迷ったら、自分の一番したいことができる企業を選ぶのも手です。

やっぱり就職するからには自分のやりたいことをしたい!と考える人は多いと思います。

私も自分のやりたい仕事をして楽しく働きたい派なので、この決め方なら後悔しない選択できると思いますよ!

企業の将来性を考える

もう1つ、大事な視点は企業の将来性を考えることです。

どんなに自分に合っている企業でも、倒産寸前の企業だったら不安ですよね。

企業の将来性がないと、自分がそこで長く働きたいと思っていてもそれが叶わない可能性があるので、将来転職することを考えていない人にとっては重要な考え方だと思います。

内定保留を伝えるときのポイント

就職先をどうするか決められなくて内定を保留にしたい…でも保留の連絡をしたら企業に怒られそう…。

このように考える人は多いかと思います。

企業に対して失礼のないように「保留」を伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

理由を明確に伝えよう

就活生は内定の承諾を待ってもらう立場のため、理由をちゃんと伝えないのは企業にとってかなり失礼です!

なぜすぐに内定を承諾できないかを明確に伝えましょう。

ただ、「第一志望の選考がまだ終わっていない」などの超正直なホンネを伝えると、これも企業には失礼に当たりますよ!

「全ての選考が終わり次第、慎重に決定したい」という様に、相手が不快に思わない理由を伝えましょう。

返事までの期限を設けよう

内定を承諾するまでの時間を伸ばしてもらうわけですから、いつまでに返事をするのか、自分から伝える必要があります!

友達との待ち合わせ時間に遅れているのにも関わらず、「ごめん、遅れる!」だけ言われても「いつ到着するの!?」と思いますよね。

それと一緒で、返事を遅らせるならいつまでに返事ができるのかを伝えないと、企業に迷惑がかかるのです。

基本的には3日以内が望ましいですが、どんなに遅くても1ヶ月以内には返事をするように期限を伝えましょう!

もし、他社の選考結果がいつ連絡されるかわからない場合は、その事実を正直に話してみると対応してくれる場合があります。

入社意欲を見せよう

内定を保留にするということは、他の企業と迷っているという様なものなので、入社意欲があるのかと疑われてしまう可能性があります。

そうなると、最悪の場合企業から内定の取り消しを言い渡されることもあるため、入社意欲があることをしっかりアピールしましょう!

入社意欲を示すためには「御社が第一志望群である」や「御社の魅力に惹かれている」といったことを伝えてみてください!

メールと電話の両方で伝えよう

内定保留の連絡は重要な連絡の1つなので、メールと電話の両方で伝えるようにしましょう。

電話をするのは気が引けるかもしれませんが、メールだけで済ましてしまうと、メールが埋もれてしまったり、迷惑メールに入れられてしまったりで読まれない可能性があります。

また、電話のみで済ませてしまうと記録が残らないため、両方で連絡するのが確実ですよ!

企業に内定辞退を伝えるときの注意点

考えた末に、内定を辞退しなければならない企業もいくつか出てくるかと思います。

「辞退を伝えるのは怖い…」と思うかもしれませんが、サイレント内定辞退は絶対にしてはいけません!

後々もっと怖い思いをすることになります…。穏便に辞退を伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

基本は電話で伝えよう

内定の辞退を連絡するときは、基本的に電話で伝えましょう。

メールだと読まれるまで時間がかかる、または読まれない可能性もあるため、確実に伝えられる電話で辞退を伝えてください!

また、電話をする時間帯には注意が必要です!

就業開始30分後や終了時間の30分前、昼休みの時間である12~14時は、採用担当者に連絡をすると迷惑がかかってしまいます。

企業によって就業時間は異なるため、自分で確認してから連絡をするようにしましょう!

早めに連絡しよう

内定を辞退すると決めたらすぐに、連絡をするようにしましょう。

面倒だからと先延ばしにすると、企業からするとかなり迷惑です!

また、社会人としてのマナーができていないと思われてしまうので、何事においても早めの連絡を心がけてくださいね。

理由は詳しく話さないようにしよう

内定保留の時とは違い、理由は明確に話さないほうが良いです!

「熟考した結果、他社に進むことに決めた」のようなシンプルな内容でOKです!

企業の中にはどこに就職を決めたのか聞いてくる場合がありますが、これには答える必要はありません。

内定辞退の怖い話ですが、過去には内定先を伝えた所、その内定先が辞退した企業の取引先であり、企業の圧力で内定を取り消されたそうです…。

このような企業は滅多にないと信じたい…!ですが、最悪のケースを考えて内定先は絶対に答えないようにしましょうね…。

しっかりと謝罪しよう

せっかく頂いた内定を辞退するわけですから、申し訳ない気持ちでいっぱいになると思います。

辞退する企業には選考の過程でたくさんお世話になってきたと思うので、謝罪の気持ちをしっかりと伝えましょう!

社会人として働いていれば、辞退した企業とどこかで縁があるかもしれないので、関係が拗れないよう誠意を持って謝罪と感謝を伝えることが大切です。

【例文】内定保留・辞退の伝え方

内定の保留や辞退の伝え方は正直悩ましいですよね。少しでも伝えやすくなるように、例文をご用意しました!

内定の保留・辞退の伝え方に困っている方は、是非参考にしてくださいね。

《電話で内定保留を伝える場合》

お世話になっております。キャリ・ティブ子です。

この度は、内定のご連絡を頂き誠にありがとうございました。

御社から高くご評価いただけたこと、大変嬉しく思っています。

入社のお返事に関してなのですが、◯日まで猶予をいただくことは可能でしょうか。

実は選考結果がまだ届いていない会社があり、そちらの選考結果は◯日に届く予定となっています。

全ての選考結果を確認したのち、慎重に判断し、納得した上で入社したいと考えております。

内定をいただいたにも関わらず、誠に勝手ですが、ご理解いただけると幸いです。

《メールで内定保留を伝える場合》

件名: 内定保留のお願い

◯◯株式会社 

採用担当者様

お世話になっております。 

キャリ・ティブ子です。 

この度は、内定の通知をいただき、誠にありがとうございました。 

入社のお返事につきましては、お電話でお話しさせていただいたとおり、◯月◯日まで猶予をいただきたいと思っております。

理由は、他社からの選考結果を確認したのち、慎重に判断し、納得した上で入社したいと考えております。

内定をいただいたにも関わらず、誠に申し訳ございませんが、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

=====================

名前:キャリ・ティブ子

住所:北海道中央区〇〇

TEL:090-1234-5678

Email:◯◯@△△.jp

=====================

《電話で内定辞退を伝える場合》

お世話になっております。

内定の通知をいただきましたキャリ・ティブ子と申します。

採用担当の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?

―担当者に交代―

お世話になっております。

内定の通知をいただきましたキャリ・ティブ子です。

この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。

大変申し上げにくいことなのですが、検討の結果、この度は御社よりいただきました内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。

別の企業とのご縁を感じ、他社への入社を決意いたしました。

本来ならば、直接お詫びに伺うべきところですが、取り急ぎお電話でご連絡を差し上げました。

このようなご連絡となってしまったこと、申し訳ありません。

 個別で面談をしていただけたり、面接でのご対応をしていただけたりと、貴重なお時間を割いてくださったにもかかわらず、御社にはたいへんご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

《メールで内定辞退を伝える場合》

基本は電話での連絡が望ましいですが、採用担当者が不在で連絡がつかないなどの場合は、メールで連絡するのも1つの手です。

件名:内定辞退のご連絡

本文:

△△株式会社 人事部

〇〇様

お世話になっております。

内定の通知をいただきました、キャリ・ティブ子です。

先ほどお電話させていただきましたが、ご多忙のようでしたので、メールにて失礼いたします。

この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。

このようなうれしいお知らせをいただきながら誠に恐縮なのですが、検討の結果、内定を辞退させていただきたくご連絡を差し上げました。

個別で面談をしていただけたり、面接でのご対応をしていただけたりと、貴重なお時間を割いてくださったにもかかわらず、このようなご連絡になりますことを大変心苦しく感じております。

本来であれば貴社へお伺いし、直接お詫びをするべきところではございますが、メールでのご連絡となるところを、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。

採用に関わってくださった〇〇様には、心より感謝しております。

最後になりますが、貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

=====================

名前:キャリ・ティブ子

住所:北海道中央区〇〇

TEL:090-1234-5678

Email:◯◯@△△.jp

=====================

まとめ

就職先をどうするか迷ってしまうことは良くあることです。今後のあなたの人生がかかっているので、慎重に考えて結論を出しましょう!

将来、あなたが就職した企業で活躍することを願っています!

万が一、内定をもらったあとに留年しそうな方はこちら↓↓

【緊急事態発生!】内定後にまさかの留年!?落ち込む前にできること

内定のお礼メールについてはこちら↓↓

【例文付き】内定のお礼メールは必要?誰でも書ける3つのポイント!