みなさん、こんにちは~ 最終面接にどんなイメージがありますか?最終面接は”顔合わせ”と思っている学生も少なくないんだとか‥

正直、私もそんなイメージを持っていました笑 実際どうなのか気になるところですよね!

そして、最終面接は企業の社長や役員が面接官になることがほとんどです。一次面接や二次面接とは面接官に見られているところが違うって知っていましたか?

ということは、最終面接って一次面接や二次面接とは違った対策が必要になってくるのでは‥?いろいろな疑問がでてきましたね!

「最終面接まで来たからもう合格っしょ♪」なんてことはないので最終面接に落ちないために対策をしていきましょう!!

最終面接は落ちないって本当?

「最終面接は顔合わせ程度で落ちることはない」という噂があるようですが、ズバリ!うそです!!そうだといいんですけどね笑 

最終面接まで来たから100パーセント落ちないなんてことはないんです。

最終面接の面接官はそれまで人事が付けた評価をひっくり返すこのとできる権限をもっています。こ、こわい‥笑 

なにか大きな失敗があった場合は不合格になる可能性もあるので気をつけてくださいね。

それでも最終面接まで進めたということは、あなたが企業から評価されているということなので自信を持ってください。

ちなみに、最終面接までに行われた「面接の回数」や「採用人数」「企業の規模」「採用時期」によっても合格率はかわるそうです!

【面接回数】 ・面接回数:2回 30~50%程度
・面接回数:3回 50~70%程度
・面接回数:4回以上 70%以上

【採用人数】
・採用人数100名以上:30%程度
・採用人数20~30名:30~50%
・採用人数10名以下:50~80%

【企業の規模】

・大企業:30%
・中小企業:50%

【実施時期】
・一次募集:50%
・二次募集:30%
・三次募集:10~20%程度
このように言われています。 (数値はあくまでも参考程度にしてくださいね)
参考:https://jo-katsu.com/campus/2284/

これまでの面接と最終面接との違いは?

最終面接と一次面接、二次面接では面接官に見られているところが違います。

★一次面接や二次面接でチェックされていること
人柄やスキルや経験、企業にとって最低限必要な能力を持っているかを見ているようです。

★最終面接でチェックされていること
社風や企業理念に合っているか、会社に貢献する意欲があるかを見ているようです。

将来のビジョンやそれをする目的などをハッキリとさせて、応募企業と他社との差別化ができていることをアピールできたら、「会社に貢献してくれそう」と好印象を持ってくれる可能性が高いようです。

なんだか現実味を帯びてきた感じですね。いままでの面接と同じようにはいかないようです‥

最終面接に落ちる人の特徴

最終面接で落とされる理由はいくつか考えられます。直接、面接官にきいてみたいところですが、それはできないので自分なりに原因を考えてみましょう!

①入社意欲が低い
企業も莫大なお金や時間を使って採用活動をしています。入社後すぐに辞めてしまわないか、活躍して企業に貢献してくれるかなど、最終面接で見極めなければいけません。企業側も必死なのです。

本当に入社したいのか、心の迷いが一瞬でも表情や言動に現れてしまうと面接官に見抜かれて不合格になる可能性が高いようです。

エスパーか!!笑 それだけ経験豊富なので人を見る力が高いようですね。

②企業研究が足りていない
面接では企業研究や業界研究がぜったいに必要になります。できるだけ多くの情報収集が大事です。情報収集が足りていないと、志望度が低いと思われる可能性もあるようです。

なんどもお話ししていますが、最終面接は社長や役員が面接官を担当することが多いです。これまでの面接で聞かれていた情報の内容とは角度がちがうことも多いので、もう少し掘り下げて情報収集することが必要になります。

たとえば、 企業の業界での立ち位置や競合他社の情報を調べたうえで、その企業でなければいけない理由を伝えると志望度の高さをアピールできます。

③企業の理念や価値観が合わない
一次面接や二次面接ではスキルや人柄に問題がなければ、少し迷いがあっても通過させる面接官は多いようです。

でも、最終面接では企業の「方針や企業理念、価値観」と合うかどうか見られています。

たとえば、 「都市部のお年寄りをターゲット」にしている企業に「郊外に若者が集まれるような商業施設をつくりたい」と伝えても企業と方向性が違うので不合格になってしまう可能性もあります。せっかくやりたいことがあるのに、もったいないですよね!

価値観が合わないと、もし入社できたとしても、やりたいことができなくてモチベーションが上がらず、すぐに辞めてしまったり会社に貢献できないというリスクがお互いにあります。

④逆質問がうまくできていない
逆質問は自分を売り込むための大事なチャンスです! 「御社に興味・関心があります」「絶対に入社したいです」とアピールできる貴重な場面なのに、「とくにありません」で終わってしまうのはもったいないです。

買ったばかりのスマホを落として画面がヒビだらけになっちゃうくらいもったいないです。笑

社長や役員には5年後・10年後のビジョンについてや事業の将来性など経営者目線の逆質問がオススメです。

たとえば
・御社の強み・弱みはなんですか
・5年後・10年後に描いている経営ビジョンを教えてください
・今の仕事が会社にとってどのような役割を果たしていますか
・働くうえでどのような能力を身につける必要がありますか
・女性管理職比率はどのくらいですか
・産休・育休の復職率はどのくらいですか
最後の2つは女性がバリバリ仕事をしていくうえで大事な質問だと思います。

以前、女性が多い職場で働いていましたが、結婚を機に辞めていく人がかなり多かったので悲しかったのを覚えています。辞めていく理由はさまざまですが、人柄もよくて順調にキャリアを積んでいた人ばかりだったので、もったいないなと思いました。

そして、女性が働きやすい環境が整っているのは本当に大事なことだと改めて実感しました。また、まわりの友人たちは結婚、出産をしても当たり前のように働いています。そして当たり前のように「保育園どうする?」なんて会話をしています。笑 

妊娠・出産を機に泣く泣く仕事を辞めた友人もいますし、産休・育休後に復帰ができるのは職場の理解があってこそです!産休・育休について聞いておくのは特にオススメですよ。

より詳しい最終面接の逆質問はこちらを参考にしてみてください♪

逆質問で聞きづらい質問も上手に聞ける!逆質問38選

⑤入社確認程度だと思っている
最終面接は「顔合わせ」「入社確認程度」だと思っているために不合格になってしまう学生が結構いるようです。最初にも言いましたが、私も思ってましたよ‥笑

そう思っていると気がゆるんだり、リラックスしすぎて緊張感が薄れてしまいます。最終面接は入社できるかできないかを分ける選考なので、最後まで気を抜かないようにしましょうね!

最終面接に落ちないための5つの対策

最終面接に落ちないために事前に取っておきたい対策は大きく分けて5つあります!

①これまでの面接を振り返る
最終面接に挑む前に、一次面接や二次面接の内容を振り返っておきましょう!質問内容やそれに対する回答を振り返ることで話に一貫性が出ます。

たとえば、一次面接や二次面接で「強みはリーダーシップをとれることです」と言っていたのに、急に最終面接で「サポート役に回るのが得意です」と言われたら、面接官はたちまちパニックです。笑

面接で話した内容はノートにメモしておいた方が、忘れなくて済むし、話に一貫性を持って面接を進められるのでオススメです。

②自己分析をくり返しやる
最終面接ではより突っ込んだ内容の質問をされることがあるかもしれません。そんなときでも慌てず落ちついて答えられるように、くり返し自己分析をしてください。「もうとっくに何回もしたよ~」と思うかもしれませんが、ぜひやってみてくださいね。

本当に自分がやりたいことや、将来なりたい姿、その企業でどんなふうに働いて、どんな人材になりたいのかもう一度考えてみましょう!そんな想像をしていたら、ワクワクしてきますね!

③企業や社長について情報を収集する
最終面接の前も油断せずに情報収集を徹底的にやっておきましょう!企業について調べるときは、創設年や規模といった基本的な内容から、今後の事業プランまで幅広く調べておく必要があります。

企業研究をするときは企業のホームページ、OB・OG訪問、会社説明会、企業情報が掲載された本を参考にしてみてくださいね。

また、最終面接は社長や役員が面接を担当することが多いので、社長や役員についても調べておくことが大事です。社長や役員はどんな考え方を持っているのか、どのような経歴を持っているか調べておくと、それに合わせてアピールができます。

考えが一致していることで好印象を持ってくれるかもしれませんよ。企業によっては社長が本を出している可能性もあるので、できれば読んでおいて合格に近づきたいですね!

④面接の基本を見直す
最終面接まで来るとある程度の場数を踏んでいるので、慣れてくることがあるかもしれません。慣れてきたときほど失敗してしまうこともあるので、初心を忘れず謙虚な姿勢でいましょうね。

もう一度、基本のマナーや身だしなみを見直してみましょう!

【重要度MAX】一次面接はマナーで制す!就活における基本マナーとは?

【面接にふさわしいコートとは?】寒い北海道で欠かせないコートのマナーを伝授!

⑤第一志望と伝える
最終面接ではとにかく志望度が見られているようです。第一志望なのか聞かれたら胸を張って必ず「第一志望です!!!」と答えましょう!(迷いがあるとすぐにバレます。笑)

就活中はいくつか面接を受けているかと思いますが、「すべて第一志望!!」くらいの熱意をもって最終面接に臨むと面接官にも「入社意欲が高いんだな」と思われるはずです。

まとめ

最終面接はこれまでの面接とは見られるところが違います。

企業の価値観や雰囲気と合うかどうか、入社意欲が高いかどうかが大事なポイントです。 面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらいましょう!