就活生の皆さん、こんにちは! 皆さんはすでに、就活で面接を何度か経験しましたか?

面接を経験した方は、「独特な雰囲気があって緊張した!」という人が多くいると思います。

反対に、これから初めて面接を受ける予定の方は、「面接ってどんな準備をしていけばいいの!?」と不安な方が多いでしょう。

ほとんどの企業は面接を一回では終わらせず、何回かに分けて選考を行います。

中でも、一番初めの関門”一次面接”は、最初の面接ということもあり、不安になるかと思います。

なので今回は、一次面接で事前にどんな準備をしておけばいいのか、どんな質問がされるのかをご紹介していきたいと思います!

一次面接をする目的とは?

企業はなぜ一次面接の場を設けるのでしょうか?ただ人材が欲しいだけなら、一回の面接で全て決定しても良いですよね。

でもそれをしないということは、企業も考えがあって面接を数回に分けて行っているんです!

社会人としての基礎力を見るため

企業が一次面接をする目的の1つ目は、社会人としての基礎力を見るためです。

よーく考えてみてください!もし面接が1回しか行われなかったら、面接に来た就活生がどのような人間か、物凄く短時間で見極めなければいけません。

社会人としてのマナーはどうか、自社とマッチする人材か、将来のビジョンは明確か…etc、と、チェックしたい項目は沢山あるでしょう。

企業にとって人材を採用するということは、それなりに高いコストがかかっているので失敗したくないのです。

なので、面接を何回かに分けて、一次面接では主に社会人としての基礎を重点的にチェックしよう!となったわけです。

応募者を大幅に絞るため

企業が一次面接をする目的の2つ目は、応募者を大幅に絞るためです。

超人気の企業であれば、倍率1000倍を余裕で超えるという企業も…(汗)

なので、企業は一次面接で応募者を大幅に絞ってしまおうと考えているんです!

こういった背景から、一次面接は面接時間が短い、グループ面接が多いなどの特徴を持っています!

応募者の数を減らすために、まずは社会人としての基礎力がない人はふるい落とすというやり方をしているんですね。

一次面接で見られるポイント

一次面接の時間が短いことから、チェックできるポイントは絞られています。一次面接を受ける前に是非チェックしてみてください!

ポイント①:身だしなみ

社会人として絶対にできていないとダメなポイント、身だしなみ。

身だしなみを自分で整えることができない人と働くのはちょっと…いや、だいぶ不安になります…。

家を出る前、面接会場に向かう途中、面接直前など、こまめに自分の身だしなみを確認しましょう!

希望役職によっては身だしなみは最重要視される可能性もあります。特に営業職であれば、身だしなみが不十分だったら営業なんて任せられません!

また、面接中以外の身だしなみもチェックされている可能性があるので、企業の建物に入ったら油断は禁物です!

不測の事態に備えて、メイク直しやスッと取り出せる手鏡を持っていると安心ですよ♪

ポイント②:ビジネスマナー

社会人の基本であるビジネスマナーは、一次面接では必ずチェックされます!

大袈裟にいうと、面接会場に黒ストッキングなんて履いて行ったら、お葬式にきたの?と呆れられるでしょう。そんな人なかなかいないと思いますが(笑)

この基本とされるビジネスマナーができないと、一次面接でほぼ確実に落とされます。

別にわざわざ調べなくても、マナーは自分の肌感覚でわかる!という人ほど、事前に調べてから面接に臨んでほしいです。

わたしの経験談ですが、調べなくてもなんとなくわかると思って、いざビジネスの場に行ったら、「あれ…、このときどうすればいいんだ?」と焦ることになりました…。

結果自分が行ったビジネスマナーは間違っていて、今も後悔しています…。わたしみたいにならないように、しっかり調べてましょうね!(笑)ビジネスマナーは知らなかったじゃ済まされないですよ。

ポイント③:質問への受け答え

面接では面接官から就活生へ質問がされますが、このときに相手に伝わる受け答えができないとかなり厳しいです。

せめて、面接官と”言葉のキャッチボール”ができる程度には受け答えできるようにしましょう。

面接官があなたに「あなたの強みを教えてください」と質問しても、あなたが聞き取れないほどのか細い声で話しては、面接官には届かないでしょう。

また、聞いてもいないことをずっと話されても、「この人とコミュニケーションを取るのは難しそう…」と思われてしまいます。

質問とは違う内容を答えてしまっては、何も答えていないのと同じですよ!

話すこと自体が苦手という方は、まず発声練習から始めてみることをオススメします。

わたしも話すのは得意ではないですが、声を出すことで話すことがだんだんと苦じゃなくなりましたよ!

ポイント④:ESとの一貫性

面接を受ける前に提出したエントリーシート(ES)は、面接には関係ないと思っていませんか?

一次面接を受けるとき、面接官はあなたが提出したESを見ながら面接を進めているんです。

なので、面接での受け答えはESと一貫性がないといけません!

もし、ESに思い立てばすぐに行動すると自己PR欄に書いたのに、面接で「わたしは慎重に物事を考えてから行動します」と答えたら、すごく矛盾してますよね。

そうならないために、面接本番までESの内容を覚えておく必要があります。

ESを出してから面接まで期間が長いから忘れちゃう!という方は、ちゃんとESをあとで見返せるようにコピーをとっておきましょう。

また、ESにウソ偽りを書かないことも、ESの内容を忘れないための大事なポイントです!

それにウソを書いたら、面接官にすぐバレるのでメリットはないですよ〜!

一次面接でよくある質問8選!

一次面接は、先ほども書いた通り社会人としての基礎力をみるための面接です。なので、聞かれる質問も基本的なものが多いです。

一次面接を受ける前に、どんな質問が聞かれるのか絶対に確認&対策しておくようにしましょう!

・自己紹介をしてください

・自己PRをしてください

・志望動機を教えてください

・あなたの強み、または長所は何ですか

・学生時代に頑張ったことは何ですか

・あなたの短所は何ですか

・入社後どのような仕事をしたいですか

・最後に何か質問はありますか

上に書いた質問が一次面接で多く聞かれる質問内容です。それぞれに答え方のポイントがあるので、1つ1つ確認していきましょう!

自己紹介をしてください

大抵一番最初に質問されるのが自己紹介です。難しい質問ではないので、落ち着いて答えましょう。

自分の名前と大学名を答えた後、「自分が学生時代に力を入れたこと」を簡単に答えられればOKです!

自己PRをしてください

自己PRも一次面接でよく聞かれる質問の1つです。自己PRをする時のポイントは、自分の強みを具体的に、かつ企業が求める人物像を意識することです。

その企業のHPや合同説明会に訪れることで、企業が求めている人物像がわかります!

また、インターンシップなどの募集要項に求める人物像を記載している企業もあるので、そこから情報を得るのもいいでしょう。

自分の強みについては、実際にあった自分のエピソードを交えて話すと面接官にも伝わりやすく、自分自身も話しやすいですよ!

志望動機を教えてください

志望動機は一次面接では質問しない、という企業がたまにいますが、ほとんどの企業は質問してくるのでしっかり対策しておきましょう!

志望動機の難しいところは、「その会社に入りたいという熱意」だけでは高い評価を得られないことです。

熱意だけではなく、なぜこの会社でないとダメなのかを伝えるのを意識することがポイントです!

例えばあなたが「食品業界で日本を元気にしたい!」という熱意を持っていても、競争他社でなくこの会社でなければならない理由を伝えられないと、面接官には響かないですよね。

志望動機ではその会社にしかない魅力について話せるようになりましょう!

あなたの強み、または長所は何ですか

強みや長所を質問されたら、事前に自己分析をしてから内容を考えるようにしましょう。

強みや長所を話すときのポイントは、企業が求める人物像に近い強みや長所を1つに絞って話すことです。

例えば企業が「主体性」を求めているならば、それに近い「積極性」「自主性」などについて話すと効果的です。

また、自己PRでも書きましたが、自分が体験したエピソードを交えて話すと説得力が増しますよ!

学生時代に頑張ったことは何ですか

学生時代に頑張ったことはガクチカとも呼ばれています。

ガクチカを通して伝えなければならないポイントは、何の目的のためにそれに打ち込み、それによって何を得たのかです!

これを意識して伝えると、その時に得たスキルが会社で働く時にどのように生かせるかを明確に伝えられます。

また、ガクチカを作るポイントとして自問自答を繰り返すことです。

「その課題を解決するために、なぜその行動を取ったのか、なぜそれが最適な行動だと思ったのか」など、深掘りしてみましょう!

あなたの短所は何ですか

短所を話してくださいと言われると、かなり難しく感じるかもしれません。短所を話すときのポイントは、長所の裏返しを話すことです。

自分の長所が「主体性」ならば、「受動的になりきれない」などと話してみると良いです!

もし短所を適当に話してしまうと、企業が求める人材像に当てはまる要素を短所として話してしまう可能性があるので注意してくださいね。

入社後どのような仕事をしたいですか

企業がなぜ入社後のことを聞いてくるのかというと、志望度の高さや価値観を知るためです。

この質問をされたときに注意してほしいポイントがいくつかあります。

それは、企業にあまりメリットを感じられない仕事内容を話さないことです。

必ず「その仕事をすることで、どのように会社に貢献するか」を話すようにしましょう! また、実現が難しすぎる内容を話すのもNGですよ。

最後に何か質問はありますか

これはいわゆる”逆質問”と言われているのですが、聞きたいことがないからといって何も聞かないのはもったいないです!

逆質問のポイントとして、入社意欲を感じさせる質問や、向上心のある質問をすると面接官に良い印象を与えられます。

例えば、「御社で勤務している方々とコミュニケーションを取るために意識していることがあれば教えていただきたいです。」のような内容であれば◎です。

よくある質問の回答例(自己PR、志望動機)

一次面接でよく聞かれる質問の中から、2つの質問の回答例を作成してみました!これを参考に自分なりの回答を作ってみてください! 〈自己PRの回答例〉

私の強みは継続力です。

私はバレーサークルに所属しており、年に何度か対抗戦がありました。

わたしが所属するチームは平均身長が低く、アタックを打ち込んでもブロックされてしまうのががチームの課題でした。

そこで高さで勝つことは難しいと考え、セッターとアタッカーとコンビネーションを高めて勝つ戦略を立てました。

わたしはセッターで、アタッカーが飛ぶタイミングに合わせてボールを送る練習を毎日1時間必ず続けました。

結果、対抗戦では自分たちが一度も勝てなかったチームを倒すことができ、今までランク外だったのが準優勝まですることができました。

御社ではこの継続力を生かし、御社の仕事内容を自主的に学び、お客様から絶対的信頼を得られる会社にしたいと考えております。

〈志望動機の回答例〉

御社のウエディングプランナーとして働きたく、御社を志望しました。

ウエディングプランナー接客スキルを身につけるため、アルバイトはカフェなどの高度な接客スキルが求められるものを選んでいました。また、お客様と最高の式を一緒に作り上げるスキルを身につけるため、学生相談をするボランティアにも参加しました。

私は小さい頃からウエディングプランナーになることが夢であり、他社よりも顧客のニーズに加え、お客様の求めているイメージを最大限に引き出して、お客様からの最高満足度を継続している御社に魅力を感じました。

より多くの女性たちに御社のサービスに満足していただくために、ウエディングプランナーとしてのスキルをより高めていきたいと考えております。

一次面接を突破するにはマナーが必須!

何度も繰り返していますが、一次面接は社会人としての基礎力をみるための面接です。

社会人としての基礎力の中には、マナーが備わっているかもチェックされます。

マナーって何に気をつければいいのかわからない…という人は、こちらの記事で面接のマナーについて細かく書いているので是非参考にしてみてくださいね! 

【就活生は知らなきゃ損!?企業が重視する面接でのマナー!】

マナーは社会人になってからでは遅いので、就活生のうちに身に付けちゃいましょう!

事前準備を完璧にして面接に臨もう!

どの段階の面接でも事前準備は欠かせません。事前準備を怠ると、悲しい結果を突きつけられることになります。

そうならないために、今のうちからできることを着実にやって、次のステップへ進みましょう!