面接を受け終わっても、面接結果がくるまではそわそわして気持ちが落ち着かないですよね。面接の結果連絡は企業によってさまざまです。はやくて3日から1週間が一般的です。

遅くても1ヶ月かかることがあるので、その期間は様子見することをおすすめします。でも、なぜこれだけの差があるのでしょうか?

今回は、結果連絡が遅いその理由と企業へ問い合わせる場合の例文や合否の結果が来たときの対応方法をご紹介します!

面接結果ははやくに電話で連絡がくると採用の可能性が高い

企業によって面接結果が来るまでの期間や連絡方法はさまざまです。一般的には3日から1週間、電話かメールで連絡が来ることが多いです。

特に採用の場合はできるだけ早く内定者に結果を伝えたいため、電話でくることが多いです。
電話連絡は今後のスケジュール調整や志望者の意思確認が迅速にできます。

もしも、受けている企業がいくつかあり、志望度が同じくらいであれば早く連絡が来たほうを選びませんか?内定者への合否連絡が遅れると、採用したけど辞退するということが起き、その場合企業は新しく他のひとを再選考または内定者を考えなければならなくなります。

そのため、面接後は早く電話で連絡がきたら採用という可能性が高いです。
または、その場で内定なんてこともあります。

結果連絡が遅くても不採用とは限らない

結果の連絡が1週間経ってもこないと不採用なのか不安になりますよね。

電話やメールでの連絡は、内定者と早く連絡が取れる反面、郵送は結果が志望者に届くまで時間がかかります。そのため郵送の場合不採用の可能性が高いです。

企業によって郵送で内定を通知することもあるので一概にも言えませんが笑
企業から「いつ・どのように」連絡がくるか知らされていない場合、1ヶ月は様子見しましょう。

面接結果の連絡が遅い理由

1.応募者が多い
人気のある企業や予想外に応募者が殺到し、さばききれていないパターンです。
志望者が多いと選考に時間がかかります。
また、「志望者全員みてから合否を決めたい」「ほぼ同じスキルを持った人を比較したい」となると遅れることがあります。

2.優先的に合格者へ連絡している
はじめの方で説明したように内定者へ優先的に連絡しているため、連絡が遅くなっていることが考えられます。ここで内定者が辞退して採用連絡が回って来たら良いですよね。

3.採用の最終決定権を持った人が忙しい
面接官で内定者をリストアップし、最終決定権を持った人に承認をしてもらわなければいけない場合、その最終決定権を持った人が忙しくなかなか承認がおりないというパターンがあります。
大手企業や外資系に多いので気長に待つことをおすすめします。

4.企業が連絡を忘れている
企業からいつ結果連絡が来るのか知らされていて、結果連絡予定日が遅れている場合連絡を忘れている可能性が高いです。
その場合は企業に問い合わせてみることをおすすめします。

5.そもそも不採用で連絡をしない
1ヶ月待っても連絡が来なかった場合、*サイレントお祈りと思ったほうが良いでしょう。

説明会からESやら面接までしたのに思わせぶりな!って思いますよね。どうしても結果が気になるのであれば問い合わせてみるのもありです。

*サイレントお祈り→不採用通知で文末に「益々のご活躍を祈念いたします。」といった文が入っていることから、不採用通知のことをお祈りメールと言います。
サイレントお祈りは、不採用通知もなく音沙汰ないので”サイレントお祈り”と呼ばれます。

面接結果がくるまでの不安を和らげるには?

面接結果が1週間以内に来ると聞いていたとしても、いつくるのか不安になりますよね。

面接結果がいつ来るのか不安で毎日メールのチェックをしたり、電話の着信履歴を確認したりしてるとだんだんストレスになってくるのでやめましょう!

その時間があるなら次の選考の準備や、ほかに受けている企業の選考準備などをしたほうが時間の有効活用できます。

面接結果待ちの不安を解消する方法

面接結果待ちの不安を解消する方法は、面接時に合否の連絡がいつくるのか予定日を聞くことです。

いつまでに合否の連絡をするか聞かなくても、面接担当者側から教えてくれる事が多いですが連絡日の指定なく面接が終わることもあります。

その場合は事前に面接結果の連絡予定日を聞いておきましょう。
私が受けていたところでは、面接終了時に「合否関係なく1週間以内に電話で連絡します。」と教えてくれました。

合否の連絡は、「あるのか?いつ頃来るのか?連絡方法はなにか?」事前に知って置けると安心ですよね。

もし結果の連絡があまりにも遅かったり、予定日を過ぎていていつ連絡が来るのか気になるのなら企業に問い合わせてみるのもOKです。

一向に結果連絡がこない!企業への問い合わせ方

「結果連絡が来るはずなのにいつまで経っても連絡が来ない!」
「いつくるのか、私は合格なのか不合格なのか。」考えれば考えるだけ気になってきますよね。

結果連絡予定日を過ぎていたり、1ヶ月経っても連絡が来なかったら企業に問い合わせてもOKです。ですが、結果が早く知りたいからといって企業に催促するようなことはやめましょう。 基本的には結果連絡予定日を過ぎたときだけと思ってください。

問い合わせる際は合否の結果ではなく、「いつごろ連絡をもらえるのか」を聞きましょう。

問い合わせるときは、電話かメールで問い合わせますが、メールのほうが直結で担当者へ連絡ができるため、メールで問い合わせることをおすすめします。

~メール例文~
〈面接結果連絡予定日を過ぎている場合〉

◯月◯日の面接の結果につきまして/◯◯大学◯◯ ◯◯
◯◯株式会社 
◯◯部 ◯◯様

 

お世話になっております。
◯◯大学◯◯学部の◯◯です。

 

先日はお忙しい中、
貴重なお時間をいただきありがとうございました。

 

◯月◯日の面接時、一週間以内に選考結果の連絡を頂けると伺ったのですが、
いつ頃にご連絡を頂けるか教えて頂くことは可能でしょうか。

 

念のために状況を確認させて頂きたく
メールをしました。

お忙しい中大変恐縮ですが、
ご返信頂けますと幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――

◯◯大学◯◯学部

◯◯ ◯◯

090-****-****

************@**********

――――――――――――――――――――――――――

〈面接結果連絡の予定日を確認していない場合〉

◯月◯日の面接の結果につきまして/◯◯大学◯◯ ◯◯(名前)
◯◯株式会社 
◯◯部 ◯◯様

 

お世話になっております。
◯◯大学◯◯学部の◯◯です。

 

先日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

 

◯月◯日に面接にお伺いしましたが、
合否の結果につきまして、
いつ頃にご連絡を頂けるか教えて頂くことは可能でしょうか。

 

本来ならば、面接時に結果のご連絡を
いつ頃に頂けるのか確認すべきのところを、
このような催促めいたメールを差し上げ、
大変失礼かとは存じますが、
ご返信頂けますと幸いです。

 

お忙しい中、お手数をお掛けして大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――

◯◯大学◯◯学部

◯◯ ◯◯

090-****-****

************@**********

――――――――――――――――――――――――――

~電話例文~
〈面接結果連絡予定日を過ぎている場合〉

「大変お世話になっております。◯月◯日に面接をして頂きました、◯◯大学の◯◯と申します。

◯◯部の◯◯様はお手すきでいらっしゃいますでしょうか。」

〈担当者がでたら〉

 

「◯◯様、◯◯大学の◯◯と申します。

先日は面接のお時間を頂戴しまして、ありがとうございました。

この度は、面接の結果についてお聞きしたく、お電話致しました。

先日の面接では、一週間以内にご連絡頂けるとのことでしたが、現時点ではまだ連絡を頂いておりません。

いつ頃結果のご連絡を頂けるか教えて頂くことは可能でしょうか。

お忙しい中恐縮ですが、ご回答のほど何卒よろしくお願いいたします。」

〈面接結果連絡の予定日を確認していない場合〉

「大変お世話になっております。◯月◯日に面接をして頂きました、◯◯大学の◯◯と申します。

◯◯部の◯◯様はお手すきでいらっしゃいますでしょうか。」

〈担当者がでたら〉

「◯◯様◯◯大学の◯◯と申します。

先日は面接のお時間を頂戴しまして、ありがとうございました。

この度は、先日の選考結果に関してまして、いつ頃結果のご連絡を頂くことが可能か教えて頂きたく、ご連絡しました。

お忙しい中恐縮ですが、ご回答のほど何卒よろしくお願いいたします。」

合否連絡がきたときの対応

いざ連絡がきたときはどう対応すればよいのでしょうか?

基本的に電話で対応するのがマナーですがメールで連絡がきた場合はメールでもOKです。
お礼メールは内定保留をしたい場合でも24時間以内に返信するようにしましょう。

もし、電話に出られなかったときは、24時間以内に折り返しの電話をするのがマナーです。
もしも、そのときに電話が出れなくても不採用になることはめったにありません。

折り返しの電話をするときは時間帯と場所に気をつけることが重要です。

朝なら始業時間の1時間後からランチタイムまでの時間。
ランチタイム以降であればランチタイムの1時間後から、就業時間1時間前の間であれば問題ないです。

たとえば、9時始業、19時終業でランチタイムが12時から13時の企業の場合。
10時から11時、14時から18時までのあれば基本的に問題ありません。

電話を折り返すときは静かなところでかけ、スケジュール帳やメモ帳を用意しておくとスムーズにやりとりできます。

結果が届くタイミングは企業によってバラバラ

内定者への連絡は、できるだけはやく入社の意思確認をしたいためはやく来ることが多いです。
一般的には3日~1週間以内ですが、面接結果が届くタイミングは企業によってバラバラです。

1週間よりも遅く連絡する企業や不採用で何も連絡しない企業もあります。
結果が来なくて不安な気持ちでいるよりは、合否関係なく連絡をもらえるのか、いつまでに連絡がくるのか面接終了時に聞いてみることをおすすめします。