面接官との質疑応答が終わり、最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれたことはありませんか?私が就活の中で面接があった時に「それでは最後に何か質問等はありますでしょうか?」と聞かれ、私は質問をしました。

その時に私はとっさに思いついた質問をしましたが、の質問の内容は他の学生もしていた内容であったため、面接官は微妙な反応でした。面接では緊張していたため、他の学生の質問した内容まで覚えていなかったのです…。

せっかく途中まで手応えがあったのに、面接の最後に印象が悪くなるのは残念なことです。合格だった学生が最後の質問で不合格になってしまう可能性もあります。それはすごくもったいないことですよね。

では、面接で逆質問を聞かれた時に、どのような質問を行えばよいのか…!具体例を紹介していくので、面接の逆質問を自信を持って言えるようになりましょう!

面接官は逆質問でどんなところを見ている?

面接官がなぜ「逆質問」を行うのでしょうか?逆質問は面接官が通常の質問の内容から得られなかった資質を見ていると考えられます!

逆質問からは「コミュニケーション能力」「会社と学生の人間的な相性」「入社後の意欲」を見ることができます。

「コミュニケーション能力」について。

逆質問とコミュニケーションの関係性って何のことだろう?と思います。逆質問の中ではコミュニケーション能力を見ることができます。なぜなら、逆質問は面接の最後に聞かれることが多いからです。学生は面接の内容を踏まえて、面接官に質問をするためです。

会社に入ったら多くの新しい人達がいて、様々年代の方と仕事をすると思います。その中で、お互いに相手のことを考えた振る舞いや言葉遣いが必要になってくるからです。だからこそ、面接官は逆質問でその学生の、他者に対する考え方を確かめていると言えます♪

「会社と学生の人間的な相性」について。

面接官が学生に質問を行い、答えるということは言葉のキャッチボールはしているのですが、あくまで面接官→学生です。そのため、学生→面接官の質問の回数は普通の面接では少ないです。そこで、逆質問で学生が面接官にどんな質問をするのかを見て、会社の求めている人材と合っているのか確かめるのです。

例えば、ある会社が営業ノルマをみんなで協力して達成していこう!という方針だったり、しかしある会社では営業ノルマは特に設定されておらず、毎月この売上はあげていこう!などなど会社によって働き方や価値観が違うことがあります。

その中でその学生の会社に対する価値観との不一致がおきないために、学生と会社の価値観のすり合わせが必要なのです。近年、新卒者の3年以内の離職率が高いことが騒がれています。

その理由として「会社とのギャップ」が挙げられています。だからこそ、面接の段階で価値観のミスマッチを減らすことがあり、会社と学生の人間的な相性をみる必要があるのです。

「入社後の意欲」について。

面接官は学生がどれくらいの入社に対する意欲があるのかを確かめることができます。質問が入社後の「未来」を表しているものでしたら、面接官は入社に対する意欲が高いと判断することができます。

逆質問でアピールできる4つのこと

では実際にどんな質問の内容で、何を面接官にアピールすることができるのでしょうか。

「責任感」「意欲」「能力」「協調性」を面接官にアピールすることのできる質問をすることで、学生は質問を答えるのではなく、質問をするほうでも自分のことがアピールできるのです。

「責任感」「意欲」は、入社までに何をしておくべきなのかを質問する。

「能力」は今までの自分の強みを経験から話し、足りない分をどう補っていくのかついての質問する。

「協調性」は今までの学生生活のサークルやアルバイトの経験をどう会社で活かしていけるのかを踏まえた質問をする。

これらの4つをアピールできる逆質問については④の逆質問の例文で詳しく書いているので、そちらを参考にしてみて下さい。

避けたい逆質問

避けたい逆質問があります。いくつか紹介していきます。

一つ目は「面接の中で一度説明されたことを質問すること」です。面接の最後にこの内容の逆質問をするということは、面接官に今までの面接の内容をちゃんと聞いていないし、理解していないのでは?と思われてしまいます。

面接では、最後まで気を抜かず質疑応答の内容をしっかり最後まで覚えて面接に臨んでいきましょう!

二つ目は「ホームページや採用サイトを見たら分かる内容を質問すること」です。調べたら出てくる内容を面接の最後に質問すると、面接官は学生に対して「本当に自社に興味があるのか」と思ってしまいます。面接の内容はとても良かったのにも関わらず、最後に良くない印象を与えてしまう可能性があります。

選考を受けている企業のホームページやサイトはきちんと目を通しておきましょう!

三つ目は「YesかNoで答えられる質問をすること」です。面接官に直接、企業のことを深く聞ける場面でYesかNoで答えることのできる質問は「志望度」が低いのかな?と判断されてしまいます。

面接官は何人も面接で逆質問をされてきているため、多くの質問に対してすぐに答えることができます。そのため、むしろ簡単に何も考えずにどちらかで答えられる質問をするということは「会社のことを何も考えていない」と判断されてしまうかもしれません。

これらの質問は避けるように、面接の前にいくつか聞きたい質問内容考えておきましょう。いくつか考えておくことで、面接官がその考えていた質問の内容をされても、別の学生が質問しても、慌てることなく自分の「逆質問」をできると思います!

逆質問の例文

次は実際に質問の内容を考えていきましょう。

1.「責任感」

「私は、営業職を希望しています。例年、入社後にはどのくらいの期間、研修を行い、実践にはどのタイミングで働くことになるのでしょうか?新卒で入社した方はどのくらいの期間で仕事を任せられるようになるのでしょうか?」

→仕事に対する責任をいつ、自分で背負うことができるのか、どのタイミングで任せることができるのかを聞いていることで責任感をアピールできます。

2.「意欲」

「ご縁があり、内定を頂けることになりましたら入社までの間に見に付けておいたほうがいいことなどはありますでしょうか?」

→入社後のことを面接の逆質問でするということは意欲があることをアピールできます。

3.「能力」

「学生時代に英語の勉強をしており、海外勤務にも興味があります。海外勤務に配属された方々の多くはTOEFLのスコアはどのくらいで、何年勤務で海外に配属されているのでしょうか?」

「アルバイトでIT業務をしていました。業務をIT化しているとお聞きしましたが、マーケティング戦略もITをメインに考えているのでしょうか?」

→自分の持っている能力を活かして、さらにプラスで今の自分に何が足りないのかを聞くことで能力をアピールできます。

4.「協調性」

「大学のゼミではゼミ長を務めていました。ゼミの中では一人、ひとりの意見を聞き、否定から入る人をなくしたりと、ゼミの時間を有意義な時間になるように心掛けていました。

しかし、様々な年代の方と関わり仕事を行うのは、初めてなので何か心掛けておいたほうが良いことはありますでしょうか?」

→会社は組織なので、ある一定のルールが存在することが多いです♪それは、会社員を縛りつけるものではなく普段の仕事が円滑に進むように、考えられていることが多いです。関わり方の質問をすることで協調性をアピールできます。

まとめ

面接での逆質問で、評価が変わる可能性があるので最後まで気を抜かず、面接を乗り切っていきましょう!