就職活動において避けては通れないのが面接。 私も初めての面接では要領が掴めず、自己紹介すら上手く話せずに心が折れた経験があります…(笑)

私と同じように、 「面接の自己紹介ってどうしたら良いの?」 「面接の自己紹介が上手くいかず、改善方法を知りたい…」 「面接の自己紹介で周りと差をつけたい!」 という就活生も多いのではないでしょうか?

今回はそんな就活生向けて、 面接における自己紹介のポイントについて分かりやすくまとめました!

そもそも自己紹介はなぜ求められるのか?

事前にESなどを提出していることが多いのにも関わらず、 なぜ面接において自己紹介を求められるのでしょうか? これは私もよく疑問に思っていました。 「ESで大体分かるのでは…?」と(笑)

しかし、実は自己紹介にはESでは果たせない大切な役割があります!! 自己紹介が果たす役割は大きく3つあります。

1つ目は「最初の挨拶としてのコミュニケーション」

2つ目は「企業があなたの人物像を簡単に掴むこと」

3つ目は「面接を進める話題のきっかけ作り」 です。

1.「最初の挨拶としてのコミュニケーション」 面接は選考のための時間ではありますが、 やはり基本は人と人とのコミュニケーションの場です。 初対面の人に会った際にきちんと名乗って挨拶をするのと同様に、 面接官に挨拶をするという意味合いがあります!

またアイスブレイクの意味合いもあります。 面接官から自己紹介があることも多いので、 私もどんな面接官なのかを見ています! 自己紹介はめちゃくちゃ答えにくい質問ではないので、 ちょっとしたウォーキングアップにもなりますね◎

2.「企業があなたの大まかな人物像を掴むこと」 面接は、あなたがどんな人間なのかを知るために行われます。 そして面接官は、自己紹介で簡単にあなたのキャラクター性を把握します!

深く知るための質問は後に沢山されるので、 最低限のプロフィールが伝われば良いという認識で大丈夫です◎ 学校の新しいクラスでどんな人がいるかを確認するようなイメージです。

3.「面接を進める話題のきっかけ作り」 面接官には恐らくチェック項目が存在し、 そのチェック項目を確かめるべく質問をします。

しかし、あなたの情報が何も開示されていない状態で さらにあなたが質問に対してほぼ一言で答えるとなると、 かなりの回数のQ&Aを繰り返すことになります(汗)

さっきお話したことですが、 面接もコミュニケーションの場であり ここで役立つのが自己紹介です! 就活でよく聞かれることはある程度決まっています。

それらはガクチカ、自己PR、挫折経験など、 大半が自身の経験を根拠にして話すことです。 相手が質問しやすいよう、その経験を自己紹介で触れておきましょう! 面接官はそのエピソードの深堀りができるため、 きっと面接がスムーズに進むはずです。 ただし、私も色々話し過ぎてしまう方なので気持ちは分かるのですが、 アンサーはあまり長くしないようにしましょう!!

理由は後の「差がつく!好印象を与える5つのポイント」で説明します。

自己紹介は第一印象に多大な影響をもたらす!

面接において一番最初に求められる自己紹介。 自己紹介の内容を聞いて、面接官の脳内では意識的、 もしくは無意識的にあなたの人物像を構築します。

つまり、自己紹介は第一印象に大きく影響します。 またポーランドの心理学者であるソロモン・アッシュによれば

人間には「初頭効果」というものが存在し、 最初に感じた特性が印象に残りやすく、後の評価に大きく影響するそうです。

私がこの効果を大きく感じたのは、大学のゼミでも自己紹介です。 同期のK君は比較的おとなしいほうでした。

しかし、ゼミの自己紹介ではK君は思い切って笑いを取りに行きました。 その自己紹介を聞いていた先輩や先生は、K君を「面白い人」と認識しました。 そうするとK君はゼミでいじられはじめ、 「面白い人」という扱いを受けるようになりました。 今までは「真面目」というイメージが強かったK君ですが、 普段も以前と同じような振る舞いをしていても なんと皆の中では「面白い人」のままなのです!

もちろんK君が元々そういった気質を持っていた可能性は高いです。 それでも、最初の自己紹介で笑いをとりにいかなければ K君のイメージはいつもどおり「真面目」となっていたのではないかと思います。 このように 第一印象によってその人に対する周りの捉え方が大きく変わることがあるのです!

このような側面が人間の認知の特性としてある以上、 選考の際には注意しなければなりません。 面接という短い時間であなたが判断されてしまうのであれば尚更です。 ポイントを押さえて、好印象を残せるようにしましょう!

自己紹介と自己PRは同じではない

自己紹介とは「基本情報を話し、自身のことを簡単に伝えること」で、 自己PRは「自身の強みを軸として話し、いかに自分が有能かをアピールすること」です。

自己紹介の一部が自己PR、 つまり自己PRは自己紹介の要素の1つとイメージすると良いと思います◎ 「自己紹介」を求められて、 自身の能力などをアピールする「自己PR」をしてしまうのはNGです。

自己紹介で知りたいのは、あなたの人柄や雰囲気・簡単な経歴です。 面接官が聞いてもいない自分語りを始めてはいけません! もし仮に、あなたが初対面同士で集まったグループに参加したと考えてみてください。

「まずは自己紹介をしましょう。」という流れになり、 それぞれが順番に氏名・基本情報・趣味・性格を表すエピソード・強み・抱負 などを話していきました。 そんな中で1人 「私はこんな“すごい”ことをしてきて、 こんなことが出来る能力があって、私って“素晴らしい”人間なの」 と、自身のプラスの面ばかりを熱弁してくる人がいたらどう思いますか…?

もちろん感じ方は人それぞれだと思いますが、 うんざりする人が多いのではないでしょうか。 みんなが求めていた自己紹介と異なる自己紹介をしてしまうと このようなことが起きます。

適度に強みや華々しい過去の経歴を入れるのは問題ありません! ですが、入れすぎると自慢のように聞こえたり 「一緒にいるとこの人の武勇伝ばかり聞かされて疲れそうだな…」 と思われてしまいます。 確かに積極性は大切です。

しかし、組織の中で働くのであれば、 「他の人を不快にさせないこと」も同じくらい大切なのです。 この人は周囲と同じように基本的なプロフィールという制約の中で 人を惹きつける内容を述べていれば、このような事態は避けることができました。

求められていたのは自己PRではなく自己紹介だったのです。 同様に、面接でも相手が求めることを答えるように意識しましょう! 多少のPR要素が入る程度なら問題ありませんが、 面接官から「自己PRを含めて自己紹介をしてください」など具体的な指示がない限り PRの要素をガツガツ入れ込むのはやめたほうが賢明です。

PR要素が多くなってしまう人は 「プラスでもマイナスでもない、自身を表す情報」 を盛り込むようにしてみると良いです◎

自己PRはこちらの記事でご紹介しています!

【営業職の面接で使える自己PR例文付き!〜自己PRで企業に自分をアピールしよう〜】

自己紹介で話すことは?

自己紹介の具体的な構成についてお話しします! 基本的には以下のような構成で自己紹介をしましょう。

1.氏名 2.大学名・学部学科 3.力を入れた活動 4.人柄が伝わる文 5.挨拶

3の「力を入れた活動」では、 部活動・サークル・ゼミや学業・バイト・長期インターン・留学・ボランティア など何でも良いので自身が今まで頑張ってきたことに触れます。

後々面接官から詳しく質問されるので、 自分が自身をもって話せることを選びましょう! 4の人柄が伝わる文は、 あなたの考えていることや特性が簡単にわかる内容を書きましょう。

どんな事に何を感じてきたのか、 現在どのような思いを抱いているかなどが当てはまります! 5は面接をしてくださる面接官に対して 感謝の気持を込めて挨拶しましょう!

そういったことに感謝の気持ちを持てるか、 礼儀があるかも見られています。 ここまでで自己紹介の構成は掴めたと思います!

では次に、そのまま使える例文3つをご紹介します! 営業職などの面接を控えている人は是非参考にしてみてください◎

使える!例文3選

<例1>部活動の経験を伝える自己紹介

〇〇大学〇〇学部〇〇学科から参りました、〇〇〇〇と申します。 大学ではバドミントン部に所属していました。部長を務め、試合や大会の運営、日々の練習メニューの考案、部員をまとめるなど様々なことに尽力してきました。私は組織を動かすことにやりがいを感じます。働く際も、率先して動くことで組織に良い影響を与えられる人間になりたいと考えています。本日はよろしくお願い致します。

<例2>ゼミ経験を伝える自己紹介

〇〇大学〇〇学部〇〇学科から参りました、〇〇〇〇と申します。 大学ではマーケティングのゼミに所属しており、企業のブランディング戦略について研究しています。また、活動の一環として、企業とタイアップして新商品の開発もしました。どこまでも突き詰めて深く考えることが好きです。本日はよろしくお願い致します。

<例3>留学とアルバイトなど2つの経験を伝える自己紹介

〇〇大学〇〇学部〇〇学科から参りました、〇〇〇〇と申します。 大学時代は1年間フランスに留学し、語学と異文化の学習に力を入れてきました。また学業以外では、居酒屋で接客をするアルバイトを続けてきました。ホスピタリティの精神を持ち、お客様の笑顔のために働くことに強いやりがいを感じています。本日はよろしくお願い致します。

文字数は200文字前後、時間は30秒~1分が適切です!短く簡潔に話すことを心がけましょう!

自己紹介で話す内容は、企業にあなたのどんな一面を伝えたいかを考えて決めましょう。 例1であれば「行動力やリーダーシップ」 例2であれば「思考力や勤勉さ」 例3であれば「外向性」が伝わります。

「何を伝えれば良いか分からない…」という人は、 企業が求める人物像を想像したり 機会があれば企業の説明会などに参加して予想したり質問してみたりしてみましょう!

見た目が大事?!自己紹介の内容以外が与える影響

面接において、話し方や表情はかなり重要になってきます。

アメリカの心理学者のアルバート・メラビアンによると、人の第一印象に与える影響は 視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7% だそうです。

これはメラビアンの法則と呼ばれています。 この法則は「内容より見た目で決まる」「内容がどうでもいい」という意味ではなく、 どの要素が優先的に判断材料に使われるかを表しています。

例えば、あなたが友人に「大丈夫?元気?」と尋ねたとします。 友人が「すごく元気だよ!!」と答えたとしても、 表情などに疲れが見て取れる場合は 「あの人は疲れているんだな…」と思いませんか?

また、同じ「ありがとう」でも笑顔で明るく言われるのと 無表情で形式的に言われるのとでは、 受け取るニュアンスが異なりますよね! やはり、何かを伝えるときには表情や声は重要です!

メラビアンの法則が示しているのは このように言語情報よりも視覚情報を優先して判断されることが多いということです。 選考の面接においては、もちろん発言の内容はとても大切です!

ここでお伝えしたいのは 「せっかく良い内容を伝えたとしても、 表情・しぐさ・声の出し方によっては良さが十分に伝わらないことがある」 ということです。 面接では明るく、笑顔で、はきはきと振る舞いましょう!

差がつく!好印象を与える5つのポイント

1.長々と喋らない、時間を意識するのは思いやり 社会人は皆忙しく 相手の時間を無駄に奪わないように意識するのも重要なポイントです。 まず結論から伝えて分かりやすく簡単に話しましょう。

面接で長々と話してしまったり逆質問をしすぎると、 相手が聞きたいことを聞く時間が短くなったり 時間が押して相手のスケジュールに支障が出る可能性があります。 無駄に時間を過ごさせてしまわない気づかいが出来る大人になりましょう!

2.QとAをきちんと対応させる Aさん「好きな食べ物は何?」 Bさん「今は公園に行きたい!」 質問の意図を理解せずに答えるとこのようなことになりかねません! この例はかなり極端な例ですが(笑) 「いやいや、こんなの有り得ないでしょ…」 と思っても いざ本番になるとこうなってしまう人も実際にいます。 常に「相手は何を知りたがっているのか」を考え まず最初に短く端的に答えるように気をつけると上手くいきます。

もし質問の意図が分からなければ 答える前に「~という意図の質問でよろしいでしょうか?」などど確認しましょう! 意図が分からない状態で 相手が聞いたことと的外れな回答をするよりも好印象です。

面接では聞かれたことに的確に答えることが重要です! Q&Aの対応関係をきちんと意識できると良いですね◎

3.言葉遣いや言い回しに気をつける 普段敬語を話す習慣が少ないのか、 社会人と話しているときに悪気のないため口が混じる学生をたまに見かけます。

企業側としては 「もしこの人が自社の社員として働くとなれば、大事な取引先に失礼をはたらくのではないか…?」 と心配になります。 逆に、適切な敬語をスラスラと話せる学生は好印象を受けます!

表面的な敬語だけでなく 言い回しや発言内容が失礼に当たらないかも十分注意して話せるとGoodです◎

面接で身につけたい言葉遣いはこちらをぜひ参考にしてみてくださいね。

面接の前に身につけておこう!~言葉遣いについて~

4.話していないときの表情にも注意!

話しているときはきちんとしていても 相手の話を聞いているときの姿勢まで意識できている人は意外と少ないです。 何度も言うようですが、面接はコミュニケーションです。

無表情で聞かずに、相槌をうつ・目を見るなど 「相手が話しやすくなるようなリアクション」をとれると印象が良くなります!

5.一緒に働きたいと思えるような人物になる もしあなたが採用する側だったら、どんな人と一緒に働きたいですか? ちなみに私だったら、きちんと仕事が出来て、 コミュニケーションを円滑にとれる人と働きたいなと思います。

企業は学生を採用するために選考を行っており 「きちんと働くか」「協調性はあるか」「成果は上げられそうか」など 「自社にいてほしい人か?もし入社したとしたら問題なく働けそうか?」 ということを見ています。

自身が相手のニーズに応えられる人間かを考え、 そうでないと思った場合は足りない部分を補えるよう意識してみましょう!

自己紹介は声に出して練習しよう

自己紹介の内容を決め「よし準備ばっちりだ!!」と思っても、 いざ話してみると上手く話せないことはよくあります。

その理由は簡単で 「実践と同じ形式での準備が不足しているから」です。 水泳を例に考えてみましょう。

水泳が苦手なAさんは 泳げるようになりたい一心で泳ぐ方法について熱心に調べました。 おかげで手足の動かし方やタイミング、 息継ぎや細かな注意点まで 泳ぐにあってのかなり詳しい知識が身に付きました。

そしてAさんはあなたにこう言います。 「泳ぐ方法はもう分かったから、これから船で遠くまで行って泳いでくる!」と。 あなたならAさんに何と返しますか?

・いやいやいやいや、まだ泳げるようになったわけじゃないんだよね…?

・危ないよ!!

・練習して泳げるようになってからの方が良いんじゃないかな?

多くの人はこのように考えたのではないでしょうか。 ちなみにもし私だったら全力で止めます(笑) 現状では知識があるだけで泳げないAさんは、海で溺れてしまう可能性が高いですよね。

極端な例を挙げましたが、 つまり「知っている」と「できる」は同じではなく 出来るようにするには実践に近い練習が必要です。 今回の自己紹介でも同じことが言えます。

練習方法としては

・メモを見ながらでも良いので声に出してみる

・鏡で表情を確認しながら練習する

・スマホなどで録音、録画してみて 「客観的にどう聞こえるか」「どう見えるか」を研究する

・友達や親、知り合いなどに模擬面接をしてもらう

・本命ではない選考に応募して面接を体験する

というものが挙げられます。 慣れてしまえばあまり意識しなくてもスラスラ話せるようになります。 本番に近い形で練習して準備していきましょう!

緊張してしまう人必見!効果的な緊張対策

いざ面接となると 緊張して準備してきた内容を上手く話せない人もいると思います。 緊張しないための対策は、 以下のようなことをやってみましょう! 1.面接官を友達のお父さん・お母さんだと思う 2.緊張する原因を徹底的に追及して、潰していく 3.とにかく楽しんだもん勝ち!

1.面接官を友達のお父さん・お母さんだと思う

「え?なにそれ?」と思う方も居るかもしれませんが、 実は意外と大きな効果を発揮する場合があります。 では面接官を友達のお父さんやお母さんだと思うことで 一体どのような効果があるのか?

それは、近しい関係の人と見なすことで緊張を軽減する効果と、 見定められている感覚を軽減する効果です! 友達の親という親近感が湧く存在のように認識することで、 程良くリラックスして面接に望むことが出来ます。

友達の親は 「自分の子供がどのような子と仲良くしているのか」 は気になるので、 ある程度はあなたのことを把握しようとすることもあるかもしれません。

しかしながら 「どのような人間性で、何をどう考え、どんな能力があり、 これからどうしていきたいと思っているのか…」 などは流石に把握しようとはしません(笑)

もしここまであなたを知ろうとする他人の親がいたとしたら、 それは自分の子供をかなり心配しており 子供に悪い影響を与えそうな子からは離しておきたいと考える親か、 あなたと友達が結婚する可能性を考えている親でしょう。

この2種類の親に共通しているのは 「あなたの性質によって子供が大きな影響を受ける」 という考えを持っている点です。 面接官も同様に 「新入社員がどんな人かで自社に影響がある」 と考えているため、あなたについて詳しく知ろうとします。

当然、無意識でも見定められているように感じてしまいます。 その面接官を敢えて 「自分を見定めているわけではない友達の親」だと見なすことで、 リラックスして自身の良さを伝えられます!

面接官を友達の親だと思うといっても、 もちろん敬意をもって接することが大前提で、 馴れ馴れしい態度はNGです。 これはあくまで一例なので、 抵抗がある人は必ずしも実践しなくても大丈夫です。

どうしても困って八方塞がりになった際にでも、 もし覚えてたらやってみてください!

2.緊張する原因を徹底的に追及して、潰していく

緊張するという問題を根本的に解決するのであれば、 まずは「なぜ自分が緊張しているのか」の理由・原因を究明しなければなりません。

「準備が十分に出来ておらず不安だから」 「選考で落ちるのが怖いから」 「自分に自身がないから」

など原因は人それぞれだと思います。 就活に限らず 今後何をするにしても自身で考える力は大切になってくるので、 〈原因を究明する→解決策を考える→行動に移す〉 という工程をぜひ自分でやってみてください! きっと悩みの解決に近づくはずです。

3.とにかく楽しんだもん勝ち!

意識的に口角を上げても、 なんと人間の脳は「今は楽しいんだ!」と錯覚するそうです! 面接を楽しめるようになれば、もうこっちのものですね! どんどん自分の脳を騙していきましょう!(笑)

ただ、周りの人から変にニヤニヤしていると思われないようにだけ 気をつけた方が良いかもしれません(笑) どうしても緊張してしまう場合にやってみると、 緊張が和らぐかもしれないので試してみてくださいね◎

ガチガチに緊張してしまってあなたの普段の良さが出ないのは非常に勿体ないことです。 本番で自身の力をきちんと発揮した上で面接官に判断してもらえるよう、 できる対策はしておきたいですね!

あがり症のあなたにはこちらの記事がおすすめです!

【面接で緊張しない方法7選!あがり症にも効果的!】

まとめ

ここまで色々なことをお話ししましたが、 面接の自己紹介で好印象を残すポイントをまとめるとこんな感じです!

・面接はコミュニケーションの場、相手に対する配慮を大切にする

・明るく、元気に、はきはきと話す!

・自己紹介は第一印象に大きく影響する!自己PRと区別し、簡潔に話す

・実践に近い形式で練習する!

・緊張する人は、自分に合った対策をする

面接の自己紹介は第一印象を左右する重要なもので 好印象を残せるチャンス! 良い結果を残すためには事前準備が大切で、 どれだけ準備をしてきたかで差がつきます。

自身のことをきちんと整理し、 ポイントを押さえた練習を重ねて、 面接で最高のスタートを切りましょう!

面接に行く前に受付のマナーも完璧にしてさらに好印象を狙いましょう♪

受付のマナーは面接に影響する!?シーン別の受付マナー完全版!