面接の時には自己紹介をする場面がありますよね。自己紹介で失敗をしたことはありませんか?私も、自己紹介の場面で言いたい内容を全て言うことができず、先に準備をしておけば…と思いました。

そんな失敗をしないためにも、事前に自己紹介の内容を準備していきましょう!今回は面接の自己紹介で悩んでいる方に「自己紹介のポイント」を紹介していきます✌

自己紹介と自己PRの違い

「自己紹介」と「自己PR」の違いを説明して下さいと言われた時に、違いを説明することはできますか?私は最初、言葉に詰まりました…。

面接の時に「自己紹介をしてください」と言われ、自己PRをしてしまったら面接官に「この学生は言葉の意味を理解していない」と思われてしまいます。そう思われてしまわないために改めて自己紹介と自己PRの違いを理解していきましょう!

まずは自己紹介について。自己紹介とは「自分のプロフィールを簡潔に話すこと」です。なので「名前、学校名、学部、学年、学生時代に頑張ったこと」を1分以内に話すことがポイントです。1分よりも長くなると自己PRだと思われる可能性もあるので、短く&簡潔にまとめることを心がけていきましょう!

例えば、自己紹介を3分以内にして下さいと言われた場合はその時間内で必ず言えるようにしましょう。時間を過ぎてしまうことは、面接官にあまり良い印象を与えないことになるので注意して話をしていきましょう。

自己PRは「自分の良い所をアピールすること」です。自分はこんな人間で自分を採用することで会社に、どんな利益をもたらすことができるのかを「自己PRをお願いします」と言われた瞬間に、きちんと答えないといけないです。

自己紹介と自己PRは同じようで全然違うものになります。だからこそ、面接官に「自己紹介をしてください」と言われたのか「自己PRをしてください」と言われたのか、きちんと意味を汲み取って答えないといけません。

自己PRについてはこちらの記事を参考にしてみてください!! https://careetive.com/article/article-1466/ https://careetive.com/article/article-1328/

自己紹介するときのポイント

自己紹介って具体的に何を言えばいいのかわからない人もいると思います。

普段、初めて会う人の前で「名前と学校名」は話すと思います。面接では履歴書にも書いている「学部と学年」も必ず話しましょう。なので、「名前、学校名、学部、学年」は必ずスラスラと言えるように練習しておきましょう!

次に、面接官は学生に聞きたいことは「大学時代に何を頑張って取り組んできたのか」です。大学の学部などに関連性があると、その勉強のために大学できちんと学んできたということを話せます。他にはゼミの内容を自己PRしない程度に話をすると良いと思います!

自己紹介の例文

②でのポイントを活用して実際につくってみた自己紹介の例文をまとめてみたので、参考にして自己紹介の文をつくってみましょう!

ここでの自己紹介文は面接の冒頭に「自己紹介をお願いします。」と言われた場合を想定し作成しました。実際に話してみると30秒以内の例文になります。このように例文にプラスで自分の紹介をさらに加えるといいでしょう✌

例文 「私の名前は○○○○です。○○大学○○学部○○学科○年です。大学では海外の教育について学んでいました。弊社の○○部門の海外教育に力を入れている点に惹かれて、応募させて頂きました。本日は面接、よろしくお願いいたします。」

「私の名前は○○○○です。○○大学○○学部○○学科○年です。大学のゼミでは○○について、学び毎週ゼミのメンバーでディベートしています。そのため、弊社の営業を希望しております。本日は面接、よろしくお願いいたします。」

「私の名前は○○○○です。○○大学○○学部○○学科○年です。大学では○○研究会に所属しており、去年は全国大会に出場するという目標に向かって毎日仲間と、○○していました。私は目標達成のために今、何をするべきなのかを考えて行動することができます。強みを活かして弊社で働きたいです。本日は面接、よろしくお願いいたします。」

このように、短い自己紹介の文でも、自分のことをアピールしていくことがポイントです♪自己PRとは思われないくらいの長さで話しをし、自分の学んできたこと、取り組んできたことに興味を持ってもらい、次の質問で面接官に深く聞いてもらうような内容を盛り込むことも大切です。

そこで、次は面接官に自己紹介の内容で他の大学生と差をつけるためにどんな内容を盛り込むのが良いか、何も自己紹介で言えるようなことがない…という人でも自己紹介について自信を持って言えるようにしていきましょう!

自己紹介で他の人と差をつけるには?

自分には何もすごい実績がないと思っている人もいると思います。他の学生と違うな…と面接官に興味を持ってもらえることを言えるかがポイントになってきます。③で実際に自己紹介の文の例文をつくってみたと思います。さらにその自己紹介の文に自分らしさをプラスして他の人と差をつけていきましょう!

例文 この文は③の二つ目の例文です。

「私の名前は○○○○です。○○大学○○学部○○学科○年です。大学のゼミでは○○について、学び毎週ゼミのメンバーでディベートしています。そのため、御社の営業を希望しております。本日は面接、よろしくお願いいたします。」

この例文にプラスで「ディベートの時には自分の意見をきちんと伝えることはもちろんですが、相手の意見を吸収するために必ずメモと取っています」と付け加えると面接官にまたプラスの情報を与えることができます。

自分は面接官にどう思われたいのか、どのような印象を与えたいのかを考えて自己分析をして、自己紹介を考えていくことで自己紹介の内容も膨らんできます。あくまで、自己PRではなく、自己紹介ということを忘れずに自己PRに繋げられるような自己紹介を考えていきましょう!

面接官に自己紹介で印象をつける!

自己紹介で興味を持ってもらえるが大切ですが、良い印象を面接に持たれるかも大事です。そこで自己紹介の時にどんな風に話をしたら良い印象を持ってもらえるかについて紹介していきます。

1.履歴書の内容を深く話す 面接官は履歴書を見ながら、面接を行うと思います。その会社に出した履歴書の内容と全然違う内容を話していた場合、面接官は「本当にこの会社に入りたいのかな?」と思ってしまいます。就職活動の中で多くの会社に履歴書を提出した人は特に注意して、念のためにコピーを取っておく、WEB上にデータを残しておくなど、いつでも書いた内容を確認できるようにしておきましょう!

例えば、履歴書で長所を「コミュニケーション」と書いた場合には、自己紹介の中で「大学ではボランティア活動をしていました。小学生に勉強を教えたり、一緒にキャンプしたりしていました。小学生にも理解できるような言葉を使うことを心掛けており、コミュニケーションは常に相手の目線に立ち、言葉を選んでいました。」と履歴書の内容から自己紹介を膨らませることができます♪

2.自己紹介と企業が結びつく内容にする その企業が募集している特定の業種などがあれば、自己紹介と結びつけましょう。過去の行動が今に繋がり、今の行動が未来に繋がっているからこそ、自分がその企業で働いている姿が想像できるようにしましょう。

3.丸暗記をしないで自己紹介をする 丸暗記で自己紹介を行うと棒読みになってしまう可能性もあるので、自分の紹介をきちんと面接官に伝えるためにも、話す内容を決めておいてゆっくりハキハキ話すようにしましょう。面接はあくまでその学生の本音を直接知ることができるチャンスと企業も考えていると忘れないようにして、意識していきましょう!

このように、面接の自己紹介の内容で面接官への印象が決まる!と思いながら気を引き締めて自己紹介の内容を考えていきましょう✌

でも、面接の途中にうまく自己紹介が出来なかった…と思う時もあると思います。そんな時は次の面接の内容で巻き返せるように、切り替えて面接に挑んでいきましょう! ほかにも面接を突破するコツはぜひ、こちらを参考に♪ https://careetive.com/article/article-1090/ https://careetive.com/article/article-841/